カテゴリ:スキーの話( 1202 )

Skierスキーテスト

本日は、山と渓谷社のSkierのスキーテストが行われた。

このスキーテストは毎年恒例となっており、俺にとっても最初のスキーテストである。

選手のトレーニングは和田に預け、水無のお隣のコースで、AMはGS7台、PMはSL7台のスキーをテストした。

今朝は、ありえないくらいに冷え込んだらしく(-15度)バーンコンディションは最高だった。
(昨日は何なの?って感じ・・)

スキーの台数分タイムを計りながら、ゴールして紙面とテープレコーダーにコメントを残した。

我がATOMICは、レーシングモデルの雑誌社へのスキーテストは今期は行わないと言う方針からスキーそのものが無かった。

今日あるメーカーの中で好フィーリングを得られたのは、ノルディカ。
GSモデルもSLモデルも、完成度が高いと感じた。

俺の持つ良いスキーの条件は、グリップしながら回るスキー。

その条件を一番満たしたのがノルディカであった。

正直、全然ポールを滑っていないので少々不安なスタートだったが、案外SLも無事に滑りきることが出来て、良いテストが出来たと思う。

是非、来期発売のSkierを購入してくださいね!

しかし、久々に真剣に滑った代償は大きく、とっても疲れました・・
足がぱんぱんです・・

単にトレーニング不足か、歳かも・・(笑)

まあ、そんな日でした。

b0085469_202223100.jpg
by takenyo | 2007-03-07 20:23 | スキーの話 | Comments(0)
少し早い更新です。。

本日は、全日本選手権GSを見る為に、朝一でやまびこコースに上がった。

ゴールエリアにて観戦しようとするものの、濃霧で見えるのは最後の旗門のみ・・
時折、数旗門上が見えるが明らかに選手には酷な状況だと思った。

しかし、その濃霧の中で試合が始まる。
有力選手がぞくぞくゴールしてくるが、もちろん滑りは見えない・・

20番を過ぎた時に中断のコールが。

長い中断になると思い、観戦はそこで諦めてトレーニング場に向かった。

やまびこ同様に濃い濃霧と、雪面コンディションは最悪だった。
表面はぱりっとしているものの中がぐさぐさで、まるでモナカ状態だった。

捉えてスキーに圧をかけると、グリップするどころか雪が動く・・
そして、スキーの返りがもらえない・・

難しいコンディションだった。

しかし、少し滑ると下地が出てきた。
荒れているものの、適度に引っ掛る雪で多少は滑れるようになったかな?

結局1日そんな感じの中で、トレーニングしたよ。

まあ、自然相手のスポーツだからこればっかしは仕方が無い事だけど、明日は何とか回復してもらいたいね。

そうそう、結局全日本選手権はあのまま中断がキャンセルになったよう。

うちに来ていた埼玉の高校生は、昨日今日のキャンセルで1戦も戦わずして帰路に着いた。
そんな選手は他にも沢山いると思うが、何とかモチベーションを保ち、後日行われる代替レースにて頑張ってもらいたい!

それと、昨日の雨は山麓コースのすべての雪を消し去りました・・(最悪です)
先週まで朝一で滑っていた日陰も無残な姿になっていたし、日影まで続く林道の雪が完全に無くなり、これで日影まで車で行けるようになりました。(嬉しいやら、悲しいやら・・)

そんな、道に雪が無い状態で活躍のアイテムを最後にご紹介!
ウォーキーズっていう、ソール面の保護の為の物です。

b0085469_1656942.jpg
by takenyo | 2007-03-06 17:05 | スキーの話 | Comments(2)

足利クラブ対抗戦

週末に足利スキー協会クラブ対抗戦の為に、群馬のかたしなに行って来ました!

先月の足利市民選に続いてのイベントで、かれこれこのイベントに関わらせてもらって4~5年?は経つかな。

土曜日は朝8時に集合と言う事で、野沢を5時に出発をした。

前日に学生の飲み会に参加した事もあり、めちゃめちゃ眠くて、道中は睡魔と闘いながらの運転でした・・(笑)

無事にかたしなに着き、そのまま土曜日は大会前日キャンプを行った。

今回はSLと言う事で、いつもの正面バーンにセットを始めると、予想以上に雪が無い・・

かたしなも厳しい状態なんだなーなんて思いながらも、がんがん土に穴を開けてみるものの、あまりにもの負荷がドリルにかかるので、本体から煙が吹いてきたよ・・

まあ、そんなプチトラブルもありながらも、何とかセットを完了していざトレーニングに!

それにしても、足利の人は相変わらず滑る、滑る・・・

休み無しですよ・・・

仲間とのトレーニングを本当に純粋に楽しんでいる。
ライバル心むき出しで、タイムを比較しながら常に本気です(笑)

久しぶりの足利のレーサーのパワーに押されながらも、何とか土曜日は終了した。

そして、本日は恒例のクラブ対抗戦が同一コースで行われた。

前日に引き続き快晴の元で最高だったんだけど、気温がなんとびっくり15度!(ありえます?)

さすがにバーンは緩み放題で、雪面コンディションはいまいちだったけど、何とか硫安を撒く事によって、大会自体は大成功で終わりました!

計測の方で毎年迷惑をかけているので、本当に良かったです。。

足利スキー協会の皆様、今シーズンも本当にお世話になりました!
また、来シーズンにお会いしましょう!


そうそう、かたしなと言えば、スキーキャンプ副校長の高塚仁央君にも会って来ましたよー

俺の手土産(TAU T-シャツ)をプレゼントして、色々と情報交換をしたけど、相変わらず自分の居場所で頑張っているようでした。。

お互いこれからも頑張って行こう!

本日の大会ショット&閉会式&高塚と

b0085469_23331983.jpg



b0085469_23335061.jpg



b0085469_23341645.jpg
by takenyo | 2007-03-04 23:36 | スキーの話 | Comments(2)
最高の天気に、最高のコンディションの中、充実したトレーニングを行うことが出来た。

言い方は悪いが、野沢でこれほどのバーンコンディションに恵まれるとは事前の段階では思えなかったけど、本当に素晴らしい!

昨日同様に、GS、SLと1セットずつ立てて、選手を振り分けてトレーニングを行った。

何人滑ってもバーンが荒れないし、当然ポールも抜けない。

久々にストレスを感じなく、気分も上々だったよ(笑)

午前を終えた段階で、ジャパンシリーズを見に行こうとも考えたけど、そんな気はどこ行きで、午後もがんがんやらせてもらった。

俺は終日SLを見たんだけど、セットが大きい方がやっぱり選手の動きは良いね。
13メートルの規定ギリギリで、もちろんスピードは出るけど、緩斜面はぐいぐいスキーを走らせてた奴が多かった。

雪面とコンタクトした状態で、ターンを繋げていく事が出来ると、見た目も速さがある。

良い意味で、何か感触を掴んだかな?

GSは和田にやってもらったんだけど、AMは細かめで、PMは大きめでメリハリのあるセットだった。
まあ、こっちは完全にまかせっきりだったんだけど、SL同様に良いトレーニングになったと思う。

一応、今週は一区切りついたんで、俺は明日から群馬のかたしなに行ってきやす!
恒例の足利クラブ対抗戦の為です。。

野沢での残留組みは、引き続き和田に任せてトレーニング続行です。

明日は、朝5時前には出なきゃだから早く今夜は寝ます・・

では、良い週末を!

一区切りと言う事で。(写っていない選手はごめんなさい・・)

b0085469_193586.jpg
by takenyo | 2007-03-02 19:04 | スキーの話 | Comments(0)

いよいよ3月投入!?

気がついたら2月が終わり、今日から3月だ・・

最近、日にち感覚や曜日感覚が全然無く、本当に気づいたらって感じ。

休みも全然取ってないなーなんて思ったけど、不思議に体は元気だ。
もちろん疲れて無くは無いけど、調子が悪い事も無い。

きっと、毎日の些細な体調管理(手洗い、うがい)が効いているのだろう。

考えれば、具合を悪くしている暇は無い。

充電期間?

そんな期間を取っているほど暇じゃない・・
無気力に過ごしてはならないと言う使命感からか、とにかく1日、1日を大切に確実にやっていく事が今月も変わらないテーマだね。。

と、一方的に熱いんだか、訳の分からない文に冒頭からなってしまったけど、とにかく3月も頑張るぜ!って言いたかっただけなんです・・(笑)


さて、さて本日はSLを久々やりましたよー

人数も昨日よりもまた増えたんで、2セット立てちゃいました。(本当は1セットなのに、勝手に・・)

1セットは、35ターンぐらいの実戦セットで13人ぐらい。

斜面変化の部分にヘアピンを立てたんだけど、その処理でてこずってた選手が多かった。
斜面変化やリズム変化等のポイントは、インスペクションでしっかり見抜いて、その場に行っての対応ではなく、事前の準備が必要だね。。

もう1セットは、コリドール(廊下)で規制して中のスペースで色んなバリエーションをやった。
しかもその続きで、20本縦に徐々にインターバルを短くしていったストレートポールを・・

こっちは基本組の学生15人ぐらいで、皆がかなり苦戦していた。
頭で理解していても、なかなか素早く早く動かせないもどかしさを感じたみたい・・

SLはとにかく多く滑ったもん勝ちみたいなところがあるから、焦んないで根気強くトレーニングしなきゃならないね。

まあ、とにかく選手は今日は疲れた日になったんじゃないかなー

そうそう、明日からいよいよ日本最高峰のジャパンシリーズが、やまびこAコースで行われる。
少しでも見に行こうと考えております・・(多分)

写真は、スタートから

b0085469_18542624.jpg
by takenyo | 2007-03-01 18:56 | スキーの話 | Comments(0)

冬に逆戻り?

昨日の晩から降り続いていた雨は、朝になると雪に変わってた。

久々の寒い朝で、一気に冬に逆戻りした感じだったよ。
スキー場には、少し雪が積もってくれていると良いなーなんて、淡い期待を抱きながらスキー場に向かった。

すずめの涙程度は積もっていたけど、それよりも嬉しかった事は、昨日の晩の雨で湿った表面が今朝の冷え込みでアイスバーンになっていた事だった。

野沢と言うと、豪雪地帯で「柔らかい雪質」が特徴であるが、菅平並に固くしまったバーンにトレーニング効率も久々に上がったよ。

積もった雪が排除しきれず、アンダーラインに溜まっていたので、ラインを少し外すと外足が取られるような状況だったので、ラインには結構気をつけさせた。

午前中は雄大の弟で、日大体育会の3年生である上野岳光がトレーニングを一緒にさせてくれと言う事もあり、良いお手本が出来た。
2年前にナショナルチームに所属していて、現在もバリバリのレーサーであり、明後日からのコンチネンタル(ジャパンシリーズ)の調整と言う事で来た。

やっぱり、北海道での徹也や土井ちゃんも含め、現役のトップレーサーの滑りを生で見ることによって視覚的な部分から得られる事も多いと思う。

良い時間帯になったね。

明後日からの大会は、学生たちを連れて皆で半日だけでも見学に行こうっと!

写真は、上野岳光(SKIは、フォルクル)

b0085469_17444459.jpg
by takenyo | 2007-02-28 17:45 | スキーの話 | Comments(3)

フリーの重要性

本日のスタートは、野沢のメインゲレンデである日影ゲレンデでのフリートレーニングからだった。

日影ゲレンデは、上部から下部まで一定の斜度(中斜面)で横幅も広く、色々なことを試すベストな場所だと思う。

しかし、固くしまってはいるものの、朝一に圧雪車をかけたのか、少しころころが出ていてエッジがいまいち掛かりにくい状態ではあったが、良い時間帯になったかな。

やはり、技術の構築にはフリーは欠かせないものだし、フリーで出来ない事を規制された中で出来るはずが無い。
自身で考えて表現出来るようにすることが、まずは技術の習得と言う観点からは大事だと思う。

1時間弱滑って、長坂ゴンドラ(野沢で最長の12人乗り)で中間駅に位置する水無ゲレンデに向かった。

出だしは中斜面で、その後に緩斜面に繋がるコースで、今後開かれる野沢の各大会コースにも設定されている。

昨日も書いたけど、ここは普段(平日)であれば経費削減の為にリフトは運休されている。

ただし、今年に限ってはカンダハが雪不足の為に閉鎖されている関係もあり、昨日から動き出した。

俺にとっては大変ラッキーな事であり、今後の野沢でのトレーニングのメインコースになる。

午前をこなし、昼食は昨日同様にパラダイスゲレンデにある「レストランぶな」に行った。

ここは、雄大の実家が営んでいるレストランで、毎日ここで決められた時間帯に皆一斉に昼食を取れるように事前にお願いをしてある。

そして、午後もトレーニングをして本日は終了。

今日からがーんと人数が増えた。
しかも、和田が成績発表とかで一回埼玉に帰っているので、コーチは俺一人なんです・・

明日の夜には戻ってくる予定なので、明日1日は一人。

頑張るぞー!

水無ゲレンデ&久々の雄大とのショット(たまたま、ぶなにいた)

b0085469_19365195.jpg



b0085469_1929968.jpg
by takenyo | 2007-02-27 19:37 | スキーの話 | Comments(0)
野沢でのトレーニングが始まった。

野沢に生まれ、野沢で育った人間なのに、野沢温泉スキー場でこうして学生のトレーニングを行うのは、まだ俺が北竜湖をベースに活動を行っていなかった5年ぐらい前ぶりであり、本当に久しぶりである。

野沢に上がり、カンダハを見上げると、もうほとんど雪が残って無かった・・

少し前まで全中を行っていたバーンとは到底思えなかったし、まだ3月に差し掛かっていないこの時期と考えると寂しさがこみ上げてきたよ・・

けど、今年の暖冬から考えると致し方ないのかな?

スキーセンターで受付を済まし、ゴンドラに乗り込んで上の平に向かった。

先日の4大戦で使用したパラダイスゲレンデが、本日のトレーニングバーン。

しかし、せっかくの野沢と言う事と、今日が初日と言う事もあり、荷物だけ置いて午前は色んなバーンでフリーをすることにした。

今週末から開かれる、コンチネンタル(ジャパンシリーズ)の使用バーンであるやまびこAコースに行きフリーをした。

テーマを与え、基本的な部分から意識付けを行った。

昼食を挟み、午後からはGSトレーニング

パラ4は緩斜面なだけに、クローチングフォームの習得にはうってつけのバーンであることから、「スタートダッシュ以外は全部クローチング」という注文を選手につけた。

落下力が弱い緩斜面では、クローチング姿勢は空気抵抗を抑えられるメリットはあるが、各関節の動きが制限され動きにくくなるデメリットもある。

ベンディング主体のスキー操作では、不必要な上下動を抑えて、足裏や雪面に近い部分の意識が重要で、スキーの動きが止まらないことはもちろんだが、体の動きも素早くといった感じではなく、ゆったりと丁寧に行う。

アルペン競技で、恐怖感が無い簡単な設定ほど、実は難しくタイム差がつくのである。
もちろん、イコールで繋げているのは緩斜面であるが・・

まずまずの初日になったよ。

そして、帰り際に朗報が!

明日から、水無ゲレンデが使用できることになった。

このバーンは、中斜面から緩斜面になる結構良いバーンで、もともとここを希望していたのだが、平日はリフトが止まることからパラ4に移った経緯がある。

しかし、カンダハが使用不可になった為に、トレーニングバーンが足りなくなり急遽平日も動かし始めたということだった。

俺にしたら、ラッキー!である。

と言う事で、明日から水無でのトレーニングです。。

野沢の山頂からみた風景

b0085469_22352558.jpg
by takenyo | 2007-02-26 22:37 | スキーの話 | Comments(0)

菅平シリーズ終了

2日もネットの環境に恵まれず、ブログをさぼってしまいました・・・(反省)

何で、今日は少々長くなります。(あしからず)

金曜日で学生合宿を終え、週末はうち(ICI)の恒例の大会であるアルペンカップが、大松ゲレンデにて行われた。

初日はGS。

朝リフトに乗りスタートに着くと強烈な風が・・
そして、最近では経験していなかったほどの風の冷たさ・・・(体感気温は、-20度?)

スタートテントの設営を試みるが、下から強烈に吹き荒れる突風に、シートどころか骨組みさえも飛んで行きそうな勢い。

まじ危ないので、シートを被せるのを作業途中で諦め、そのままセットに。

定刻になり前走が出る。

そして、ゼッケン1番の選手が出るが、時々吹き荒れる突風にレースの中断を余儀なくさせられる・・

スタートオペレーターをしているうちの社員も吹き荒れる風に体の体温が奪われ、半分廃人状態に・・(スタートハウスのシートが無かった為に)

中断しながらも何とか1本目を終える頃には、蓄積された遅れが約1時間半。

そして、その後の天候の回復も見込めそうも無い為に、我々がジャッジしたのは2本目のキャンセルだった・・

天候が悪いなりにもバーン状態は良かった為に、納得出来ない選手もいたとは思うが、天候不良はもとより、時間的な問題でも2本レースの成立は厳しいと判断した。

今回の競技委員長を務めさせてもらった自分も含め、我々の判断に迷いは無かったが、残念だったのはその後に天候は回復したこと。

ただ、午前中の天候は間違いなく今期で一番の悪天候だったし、2本目をどうするかをスタッフで話し合った時の一瞬は間違いなくやばい状況だったので、天気が回復した事自体は結果論で仕方が無い事だけど・・

そして、本日はSL。

昨日の天候はどこ行き、最高の大会日和!

綺麗に圧雪されたピステにセッターの俺もテンションは上げ上げに。。
皆が気持ちよく滑れるように、比較的大き目のセットをした。

レースが始まり、10人・・20人・・50人・・100人滑るが、バーンは荒れるどころか磨かれて、青氷が!

エッジがかかる雪で、スキーの返りも出るので、選手は気持ち良さそうに滑っていたよ。

リザルトは後日、ICIのホームページ上でアップされるのでお楽しみに!

そんなんで、終わってた土曜日に、最高の日曜日と、両極端な週末でした・・(笑)


帰りにまるみ山荘に行き、アメアスポーツの茂雄さんと会い、来期のスキーのお話を。

実は明日に、来期のレースモデル(選手用)のスキーテストがある。(本日と同様大松で)
俺も含めて5人(契約プロ)の為だけに、まだ日本に数本しかないスキーを菅平に持ってきてもらったのだが、俺はスケジュールの変更がきかずキャンセルにしてもらった。

何とか来てくれないかと言う打診も頂いたし、行きたいのはやまやまだが、明日(もう今日?)からの一週間は北竜湖が出来ない為に、野沢でトレーニングを行う初日なので、残念ながら断らせてもらった・・

と言う事で、今は菅平から野沢に戻った。

明日から、野沢シリーズが始まります。。
頑張るぞー!!!

写真は、初日の荒れ狂ったGSと、本日の好コンディションのSLレース
なんだこの違いって感じじゃない?(笑)

b0085469_23383087.jpg



b0085469_23385221.jpg
by takenyo | 2007-02-25 23:47 | スキーの話 | Comments(2)

マニアな話・・

ここに来て、毎日の晴天で顔が焼けた・・

菅平と言えど、日中は超暖かい。
そして、いつもはハードパックされているバーンも午後には緩み始める。

まあ、まだ下地がしっかりしているだけ、ポールは抜けないのでましだが・・・

本日はSLトレーニングを行った。

俺らの仕事で一番厄介なのは、ポールの修復であると思っている。
そして、SLはポールの修復が多い種目なだけにとても疲れる。

だから、極力抜けにくい(根元がしっかりとした)と思われるLISKIを俺は愛用している。

ご存知LISKIは、俺が思うもっとも抜けない、よれないポールである。

当然抜けない、よれないって事は、それだけ仕事量が減るわけだから、無駄な労力を使わないでいられる。
だから、値段は少々高いがポールはLISKIで統一している。

が、この菅平では学生のポール(M'Sウィング)を半分使用している。
下地がしっかりしているから、抜けはしないんだけど、脱臼状態(根元からはずれる)になりやすく、その修復がこのブランドだけ妙に大変なんだ。

こんなにブランドによって違いがあるの?って、普通は思うかもしれないが、本当にあるんですよねー

一方的にマニアックな話ですんません・・・

トレーニングのことであんまり書くことが無かったんで、本日はこんな話でした(笑)

トレーニング終了後のつばくろ

b0085469_20584588.jpg
by takenyo | 2007-02-22 21:00 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo