2006年 09月 14日 ( 1 )

語学の重要性

若い頃にもっと語学勉強しとけば良かったと、この歳になって思う。

いきなり何だよって話しだけど、毎年海外に行っていて、つくづく俺って言葉喋れないなーって思う。
もっとも、勉強してこなかったから当たり前と言えば当たり前なんだけど・・・

先々シーズンの前に、アメアにてこんな話しを頂いた。

「ATOMICカップの優勝者を、スウェーデンのターナービーに連れて行ってもらえないか?
ただ、通訳がついて行かないから英語勉強出来たらだけど、どう?」

俺は、即答でこう答えた。

「行きます!と言うか、行かせて下さい」

それから、シーズンが始まり2月3月と地元(中野市)の個人経営の塾に通い始めた。
まさか、自分がこの歳で英会話教室行くとは思わなかったけど、かっこつけている場合じゃなかった。(4月まで時間が無かったのだ・・)

日々のスキーレッスンが終わって、夕方車で45分かけて週3で通った。
野沢にいる時はもちろんの事、学生の合宿で菅平にいるときも同様に。

疲れて行きたくない日も多々あったが、その気持以上に自分自身への不安感の方が勝っていたから、最後まで行けたのかな?
個人レッスンだったので、お金の方の出費もかさんだが、自分には良い機会とプラスに思い込んでいた。

それと、密かに車の中でもCDで英語の勉強をしていた。

そんな日々だったが、2月の後半にATOMICカップで選手が選出されてから、思わぬ方向に
転換した。
それは、行き先がスウェーデンからフランスになったことだ。(理由は色々あったが・・)

って事は、英語じゃなくてフランス語じゃん・・・
皆に言われたが、まあ英語でも通用すると思ってモチベーションは維持し続けた。


結果は、少しは喋れるようになった。(・・・・と思う。)
実際、現地にてそんなに困んなかった。

けど、さすがにルールミーティングは一方的にフランス語で司会進行されたのでちんぷんかんぷんでしたが(笑)

けど、その貯金もその後勉強しなかったから使い果たしてしまった・・・
(意味無いじゃんって感じだよね)

しっかりとしたベースが無いからなんだよね・・
即席である程度間に合わせたからこそ、そのときはぼろは出なかったけど、やっぱり本物じゃなかったんだと、今思い返せばそう思う。

なんで、最近は余計に語学の重要性であり、必要性を感じているのである。

だから、中高生は絶対将来何らかの役に立つから英語だけはまじめに勉強しときなさい!
歳行ってからじゃ、遅いよー(人によると思うが・・)

これを一番言いたかったんだ。。
by takenyo | 2006-09-14 00:54 | まじめな話 | Comments(2)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo