帰国報告!

14日間の全工程を終え、本日無事に帰国しました!

まずは前回のブログの続きから。(スキー最終日です)

途中2日間の濃霧の為に、アーリートレーニングが出来ずにいたので、予定外のクライストチャーチに移動する最終日に予定外のスキーにいつも通りに朝6時に出発。

天気、バーン状態共に完璧で、最終日にして一番のトレーニングが出来ました。

カードローナで、FISコースとして認可されているスルースBOXというコースで、33旗門。

お隣に、前日にカードローナ入りしたノルウェーの女子チームに合わせる形でセットしたので、いつも以上に細かめのセットでした。

b0085469_23491538.jpg



雪がグリップして、スキーがしっかり返ってきている選手が多く、どんどんターンテンポが上がって行くような感じだったね。

しかし、切り返しの時にスキーを追い越すことの出来ない選手は、前半が作れずエッジングも後半型になってしまい、スピードに乗り切れていなかった・・

とにかく、重心の落下を意識することはスキーのコントロールをする上でもっとも必要な事です。。

スウェーデンの女子選手は、まだまだ調整段階なのか、そんなにがつがつ滑る感じではなかったけど、やはり見ていて躍動感がありましたね~

我々の選手にも、良い手本になったはず!

b0085469_23544932.jpg



ここでの俺のビデオポイントはこちら

b0085469_23553399.jpg



b0085469_2358865.jpg



はい、ビックキッカーの真上でございます。(笑)
コース3分の2を見渡せる絶好のポイントなんだけど、ここから生身の人間が数メートル先のランディングまで飛び立つと思うと、本当に恐ろしい限りです・・

慌しく8時30分までトレーニングした後は、速攻ワナカに向けてバスで下山して、約1時間かけて荷造りして、いよいよクライストチャーチまで出発。

6時間のロングドライブの最中、俺がニュージーランドで最初に来ていたMt.Huttの隣町のラカイアという町でトイレ休憩をしましたが、その時に懐かしいモニュメント?を発見!

b0085469_023960.jpg



98年に初めてニュージーランドに来た時に、その当時お世話になっていて、ニュージーキャンプも誘ってもらった先輩のプロに、Mt.Huttにはクライストチャーチから1号線をまっすぐ来て、「大きな魚」を右に曲げると教えられた思い出の場所でございます。

最初は、「大きな魚」が目印??

何で、道路を走っていて「大きな魚」が目印になるんだ??

と、何もかもが分からなかったんだけど、実際1号線を走っていたら、「あ!!これだ~!」ってね。。

本当に、懐かしい感じでしたよ。

スキー場までのロードは怖いけど、また将来Mt.Huttには行ってみたいですね!

クライストチャーチでは、相変わらずと言っていいほど何も買う物も無く、ただ暇してました。

あ、もちろんカジノには行きましたよ~
途中までは絶好調でしたが、最後は持ち前のギャンブル魂に火がついてしまい、大勝負を仕掛けてあえなく撃沈・・・

またも、貯金をしてきてしまいました~(笑)

とにかく、多少天候に左右された年だったけど、雪もあったし、やりたいことはほぼ消化出来たし、何より一人の怪我人も無く終えることが出来て良かった。

本当にお疲れ様でした。

また来年!!!

b0085469_0122653.jpg
by takenyo | 2008-08-30 00:15 | ニュージーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo