2014.中国遠征9

本日は、、、

名門・岐阜第一高校と合同トレーニングでした。

コースは威龍コース。

一昨日に行った時よりも、バーンが硬く締まっていて最高のコンディションだったが、開始時刻が8時半だったので、日が出てくるまでは少しバーンが見づらい状況だった。

20人で計10本~12本滑ったが、最後までコースの荒れはほとんどなし。

技術的には、ターン後半にお尻が落ちて切り替え動作の中でも持ち上げられない選手は、低い状態のまま膝の切り替えしだけを行うので、当然スキーは回ってこない。

見てて、理想のラインをキープ出来る選手の方が少なかったかな?

まあ、非常に難易度が高いコースに雪質なので完璧に滑れるわけはないが、もう少し頭を使ってきて欲しいね。

けど、このコースでのトレーニングは経験値という面から言えば抜群に上がるね。

ここでやってれば、どんなバーンに行っても簡単に感じられると思うし、、、


午後は、山頂からベースまで、銀龍コースを使用して標高差600メートルをロングフリー、、

明日は、万龍に来て初めての早朝トレーニングです!


最後に、、、

一緒にトレーニングさせて頂いた岐阜第一高校に感謝です。

SAJジュニアチームの強化委員長でもある大場先生の指導により、選手は皆礼儀正しく、トレーニングに挑む姿勢は大学生も見習って欲しいほどである。

ありがとうございました!

b0085469_17471750.jpg
by takenyo | 2014-11-28 17:48 | 中国の話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo