帰国報告!!

2日間、サボってしまい申し訳ないです・・・

まあ、クライストチャーチの晩はしょうがないにしても、昨日は帰国した直後から友人に会って飲みに行ってしまい、結局帰ってきたのが2時!
そのまま、PCを開く事も出来ずに寝てしまいました。(帰国直後に、何やってるんだか・・)

その分、今日は頑張ってホームページのTOPICSも変更できたし、ニュージーの貯め取りした写真もPHOTOにアップしました!

是非、そちらもご覧下さい。

いやー、本当に1ヶ月の長丁場頑張りました!
海外の1ヶ月って、俺自身本当に久しぶりだったんだけど、前半から天気もよくストレス無くスキーが出来たので、なんかあっと言う間だった。

唯一の心残りは、出発当日のボクシング(亀田×ランダエラ)が見れなかったことかな・・

って、そんな事はどうでも良いのですが、せっかくボクシングネタで入ってしまったので、このままの流れで行きます!(笑)

ここから、まじめに(かしこまってみます)

俺的には、8月のこのニュージーランドをボディーブローだと思っている。

ボディブローをご存知だろうか?
ボクシングに興味が無い人には、どんなパンチなのか少々解りにくいかもしれないが、カウンターのストレートやフックと違い、一発(即効性)で敵を仕留める事はあまり無いが、内臓をじわりじわり痛めつけ、後々(終盤)に敵をノックダウンさせる、もっともいやらしくかつ俺的には素晴らしいパンチなのである。

その、ボディブローとこのニュージーキャンプの共通点とは?

ボクシングのボディブローと一緒で、このキャンプでの成果は、即効性は無いが、じわりじわり後々(シーズン)に効いてくるのである。

誤解しないように付け加えると、もちろん目に見えた変化(滑り)があった。
だからこそ、毎日のブログで「充実」という言葉をしつこいぐらい使っていた。

けど、目に見える変化が、自分(主観的に)で感じられなかった学生も、もしかしたらいるかもしれない。
迷ったまま、終わった学生もいるかもしれない。

けど、安心してくれ。
じわりじわり、後々ちゃんと成果が出てくるから。(俺の事信じてくれ)

今シーズン終わって、振り返った時に、「夏にニュージーに行って良かった!」と思えるから。

けど、それには一つだけ条件があるんだ。

それは、自分のやってきた事を信じてください。
自信とは、自分自身を信じる事から得られるから。
だから、ネガティブに考えないで、ポジティブに考えよう!

しげ、成、準士、健さん、誠司、柳沢、クロ、幸一、小野瀬、小島、ユウスケ、早乙女、大出、
登坂、小文、ユキ、マミ、ユカ

お前らの、今シーズンの活躍を心から祈ってるよ!!
本当にお疲れさん。

写真は、最後のテカポにて

b0085469_1252755.jpg
# by takenyo | 2006-09-02 01:29 | 日常の話 | Comments(2)

最終日!

とうとう1ヶ月の長丁場が終了しました!

最後の最後まで天候に恵まれました。
今日は、昨日まで早朝で使用していたコースとは違い、FISの公認コースであるスルースBOXで最後のポールトレーニングを行いました。

旗門数は、昨日同様36旗門。
うねりのきついこのコースは、身体にかかる負荷も倍で、選手は昨日以上に足にきていましたが、最後まで良く頑張りました。

俺らの仕事って、当たり前のように最後に自己満足(暗示)のごとく、選手に「上手くなったねー」とか言うのですが、今回ばっかりはマジお世辞抜きでレベルの底上げが出来たと確信しています。

それは、俺らが言うよりも選手が皆感じている事でしょう。

本当はもっと書きたい事や、書かなければならない事は沢山あるんですが、今日は疲れました・・・
だから、帰国してから落ち着いて書きますね・・・

明日、最後のクライストチャーチを満喫して、皆笑顔で日本に帰国します!!

写真は、最後の集合写真と、今日の夜に行われた最終日恒例のBBQです。

b0085469_21283520.jpg



b0085469_21243037.jpg
# by takenyo | 2006-08-29 21:29 | ニュージーの話 | Comments(6)

急斜面トレーニング

今日は、風が強い日でした。

一瞬だめかも?なんて思ったけど、何とか早朝、日中ともってくれて助かった。

それにしても、休み明けからずっと朝が早いので、さすがに選手も疲れてるかな?
そりゃあ、なかなか日本で早朝の5時30分に起きる事なんてめったにないし、ましてそれが5日も連続となれば仕方が無いね・・・

けど、条件が良いから疲れている中でも、常にモチベーションを高めてくれているので、Goodです!

午前中は、久々にショーンズウェイって急斜面でポールトレーニングだった。
こっちに来て、一番の斜度のある中だったので、まだまだそういう所に行くと、ぼろが出る選手が多いね・・

まあ、気持が良いだけじゃトレーニングとは言えないから、そんな所滑らせてたまにはへこました方が、後々良いかもなんて考えてるけど・・(笑)

とうとう、明日が最終日です。
予報は風が強いらしいんだけど、なんとかもってくれると良いな。。

では。

今日の写真は、早朝トレーニングのリフト待ち(AM7:00)

b0085469_16461120.jpg
# by takenyo | 2006-08-28 16:47 | ニュージーの話 | Comments(3)

ハーフパイプ&ワナカ湖

今日も、快晴で抜群のコンディションの中、早朝トレーニングをした。

旗門数36旗門・・
こっちに来て、初めての旗門数であった。

この旗門数だけ見ると、はっきり言って大会並・・・(と言うか、大会以上である)
セットは、前半は細かく浅くして、スピードが徐々に高まっていく斜度から、大きく振ったセットを立てた。

見ていて感じた点は、やはり膝だけでスキーを返している選手は、振り幅のある局面では対応出来ない。
やはり、下半身と上半身のバランスが取れた長い軸を前半に取れるかどうかが重要である。
もちろん、進んでいくもの(スキー)に合わせ、重心も落下ポジションに落とし込んで行く事が
大前提。

スピード域の高まった中で、流れのある速い動きを求められた今日のセットでした。

滑り答えがあったようで、終盤はだいぶ足に来ていたけど、まあ経験としては今日のロングコースは良かったかな?

そして、午前中はポールはやらず、フリートレーニングをした。
と言っても、いつもと少し趣向を変え、色んなシチュエーションの中でボディバランスを養う事を目的に滑った。

スキークロスのコース、ハーフパイプ

こんなところを滑れるのも、このカードローナの魅力の一つだね。
ハーフパイプなんて、南半球最大級だし!

ちなみに、この地ではいつも12月に手伝ってもらっている地元の後輩、ご存知上野雄大がトレーニングをしている。

早朝のロングコースと共に、選手の良い経験になったようでした。

そして、久々12時のバスで下山して、午後は完全休養日とした。
ワナカの町へ繰り出し、昼食を取って、ワナカ湖の湖畔を散歩しながら癒されてきました!

明日も、頑張ろう。

今日の写真は、ハーフパイプでのトレーニング(遊び?)と午後のワナカ湖

b0085469_18155876.jpg



b0085469_18172511.jpg
# by takenyo | 2006-08-27 18:19 | ニュージーの話 | Comments(3)

PCオタク・・・

2日連続で同じようなトレーニングだった。(最高でした!)

なので、特別に書くことが無い・・・
同部屋の、徹(可児)、徹也(大瀧)も同様に同じように苦しんでいる・・・

この1ヶ月は、あほの様に夜は相変わらずPCで、メールとブログの更新に勤しんでいる。
まあ、もちろん必要な事だからやるのだが、まったくをもってオタクである・・・
しかし、不満な事が一つあって、回線がダイアルアップなので繋げっぱなしは出来ないのである。

なので、俺ら3人は交代に一つの電話線を使いあい、そしてお互いのブログの批評をしあう。
(あーなんてオタク・・)

そんな状態の夜なんだけど、そうそう朝が早いので遅くまでは起きていられないのである。
ミーティングを8時~9時まで行い、その後にPCを構いながらビールを飲むのが前回話した、スキー場から下山したのと同様に夜のスタイルとなっている。

毎日、起きるのが5時30分。(ここ数日)
俺は特に低血圧で朝が弱いので、困り者である・・・

けど、後滑れる日も残り3日間となりました。
最後まで、集中して頑張りたいと思います。。

そんな姿です。(はっきり言って、やらせ写真です・・・笑)

b0085469_1647118.jpg
# by takenyo | 2006-08-26 16:36 | ニュージーの話 | Comments(0)

象徴的な1日!

昨日、自分のブログを見返すと、やけに「充実」と言う言葉を何回も使っている。

「充実」って言うのは、俺的には実りのあったとか、成果があったとかという意味である。
本当の意味は、調べてないので分からないけど・・・

要するに、今年は当り年って事を言いたいんだ(笑)

まず、天気がまじ良い!(もちろん、降雪で悩まされた日もあったが・・)
そして、雪の量や雪質、どれを取っても間違いなく過去一番の年である。

今日は、そんな年を象徴する完璧な一日だった。

早朝から快晴で、しかもバーンが固く締まっていた。
休み前同様に、正面バーンに31旗門のポールをセットしてトレーニングを開始。

8時45分まで、7本滑って、一休み。

そして、本当は違うバーンで引き続きポールトレーニングをする予定だったのだが、フリーに変更した。

これは、早朝を見ていて思ったことだが、始めの段階よりも見違えるほど、滑りが変化(もちろん良い方向に)してきてはいるのだが、やはりまだまだ重心の移動方向だったり、日々に伝えている修正点が気になったからだ。

少し戻って、基本(バリエーション)トレーニングをしても良いんじゃないという発想から決めた。

12時まで滑って、昼食を取って1時のバスで下山した。
さあ、明日も明後日も頑張ろう!

今日の写真は、徹也のコーチングを激写!(今日の写真はこれだけだった・・・)

b0085469_1671825.jpg
# by takenyo | 2006-08-25 16:08 | ニュージーの話 | Comments(0)

久々のリフレッシュ!

今日は、後半のキャンプ初の休養日だった。

お決まりのクィーンズタウン観光に出かけた。
行く途中には、これまたお決まりのバンジージャンプへ!

しかし、毎年行って思うことだが、こんな事誰が最初にやろうって思いついたんだろうね?
俺は今年はやらなかったけど、かれこれ過去に5回ぐらいやった事があるんだけど、何回あの台に立っても怖いね・・・

今年の挑戦者は5人と少し少なかったけど、見ている方が勝手に盛り上がっちゃいました!

台に立つ学生に、「何かやれ!」の大声援・・・
あっさり飛ぶと、「つまらねぇー」の大ブーイング・・・・(笑)

まあ、大騒ぎで楽しんじゃいましたよ!

そして、そのままクィーンズタウンに向かい観光をしました。
と言っても、俺ら(スタッフ)はこれと言って何にもする事無く街ブラで時間潰しをしていました。

そしたら、偶然にも正一さん、渡辺靖彦君、喜多に会ってスタバで一緒にお茶をしました。
異国の地で会ったんだから、もう少し驚けよと思うくらい軽いノリで、「あ、見つけちゃった」って感じだったよ。。

やっぱいつも思うんだけど、このニュージーって国は日本のスキーヤーが夏に集結する地だね。
ワナカにしても、このクィーンズタウンにしても誰かしらは絶対知っている人がいるもんね(笑)

そんな感じで時間を過ごし、夕食は中華へ

前に来たときに、公宣さんと徹也と3人で真昼間からビールをご馳走になったところで、俺はあんまり詳しく知らなかったんだけど、トップスキーヤーご用達の「メモリー・オブ・ホンコン」に行った。

事前に電話で20名の予約と、予算の打ち合わせをしていたんだけど、25ドルでかなり食べさせてもらったよ!
普通じゃ出してくれない、「生カキ」なんかも出してくれて、久々美味いもの食べました。

明日への英気を十分に養ったので、頑張ります!!
ちなみに明日も早朝です。。

写真は、バンジーの飛び落ち台(笑)

b0085469_20333881.jpg
# by takenyo | 2006-08-24 20:40 | ニュージーの話 | Comments(1)

予定通りの充実DAY

久しぶりに、予定通り自分の考えていたスケジュールを遂行できた日だった。

朝から快晴に恵まれ、良い早朝トレーニングが出来た。

ただ、少し残念だったのは、スキー場についてから使用するリフト(WHITE STAR)に故障が出た事。

ふざけるなと心の中では思いながらも、仕方が無い事なので割り切って、メインのリフトで回す事にした。(このリフトが、めちゃめちゃ遅いんだ・・・)

充実した早朝を終え、午前中は一昨日と同じHW89。
5本と限定して、集中してポールトレーニングをした。

そして、その後下山して明日の朝までの完全フリーを皆に伝えた。

明日は、フリーで恒例のバンジージャンプとクィーンズタウン観光に出かけてきます!
(初の休みを満喫してきます!)

今日の写真は、早朝のポールトレーニングショット

b0085469_215785.jpg
# by takenyo | 2006-08-23 21:05 | ニュージーの話 | Comments(0)

TC!!

初の早朝トレーニングの為、5時30分に起床して天気を確かめに外に出た。

満天の星空に、見渡す限り雲一つ無い。
「今日は良いだろうなー」と心が躍り、準備に取り掛かった。
6時のバス予定で、そろそろ出ようかなんて思っていた時だった。

電話が鳴る・・・

UPI小松さん 「上野さん・・・・今日、風が強いらしくスキー場が空くかどうか分からない・・」

俺        「え、、、まじっすか?」

UPI小松さん 「とりあえず、早朝は出来ないんで、スキー場がオープンする連絡が来たらすぐ          に電話します。」

と言う事で、選手に事情を話し待機の指示を出した。
しかし、下界の状況が良いだけに、風でクローズするかもしれないという事が、いまいち信じられなかった・・・

7時30分・・・・8時・・・・8時30分と、3回の電話連絡でも、一向にオープンする目処が立たない状況に、スタッフ3人で話し合いをして、トレブルコーンに行くことにした。
(トレブルコーンのオープンは聞いていた)

9時にバスでトレブルコーンに向かうと、メインコースにSGのセットが張ってあるのが見えた。

「もしかしたら、まだオーストリアチームがトレーニングしているかも?」
期待してスキー場に到着して、レストランに向かうと、やっぱりいました。

ライナー・ショーンフェルダー!(トリノ オリンピックSL 銅メダリスト)

俺は先日も見たので、最初ほどの感動は無かったが、皆は食い入るように見ていた・・・
だが、残念ながらトレーニングは終わっていて、すぐに帰ってしまった。(残念)

今日は、初のスキー場と言う事もあり、案内も含め色々な斜面を滑った!
急斜面に、オフピステとくたくたになるまで滑った。
けど、カードローナがクローズと言う事で、めちゃめちゃ混んでいた・

特に、オフピステは日本では考えられない雪質と、長い距離で良い経験になったと思う。
あんな、シチュエーションありえない!

クローズに見舞われ残念な一日になるかと思ったけど、逆の意味で良い経験、思い出を作れた最高の一日になりました。

写真は、久々2枚。
1、集合写真(ワナカ湖をバックに) 2、オフピステゾーン(見渡す限りバーン)

b0085469_1750636.jpg



b0085469_184160.jpg
# by takenyo | 2006-08-22 17:56 | ニュージーの話 | Comments(2)
今日は、今回で一番の寒さの中でのトレーニングだった。

バーンは少し柔らかかったものの、けっして悪い状況ではなかった。
午前中にポールトレーニングを行い、昼食を食べていると、外は一変した。

猛吹雪・・・・

少しフリーをした後に下山したのだが、久々に下界(町)も雪が降っていた。
しかも、山同様に猛吹雪・・・

ありえないこの天気は、聞くところによると、40年ぶりの大寒波の影響らしい・・
雪が無いよりはましだけど、せめて俺らがいる間だけでも毎日晴れて欲しいのが本音。
まあ、なんだかんだ言っても、今日まではしっかりトレーニング出来ているだけましかな。

しかし、ワナカでこんな天気って珍しいな・・・・

ワナカでやり始めて今年で6年目になる。
その前は3年、クライストチャーチの近くのニュージーでもっとも有名なMt.HUttに行っていた。
Mt.Huttは、スキー場自体はものすごく良かったけど、何よりスキー場まで登る道が恐ろしく険しい・・・(こっちの人はそんな事感じないのかもしれないが)

しかも、その時はレンタカーを使用していたので、毎日スキー場に登る事自体にびくびくしていた思い出がある・・・・

ニュージーランドは、スキー場(山)に登る車ではシートベルトをしない。
それは、車が滑ったりコントロールを失って崖に落ちそうな(もしもの)時に、逃げられるようにという意味かららしいのだが、その恐怖をその時代には何度も味わったなー

そんな事もあり、雪が降ったりするとすぐにロードクローズがありスキー場に登れないのである。
過去に、3日連続でクローズの日を経験した・・・(さすがにへこんだ)

一週間の予定で、Mt.Huttに滑りに来た社会人が、一日も滑れず帰国した事があるそうだ・・

そんな事が、ワナカにキャンプ地を変更した理由の一つになっている。
カードローナは比較的、スキー場に登る道もやさしく(表現的に正しいか分からないけど)、しかもバスの運転をプロのドライバーに頼んでいるので安心なのである。

しかも、晴天率の高いこの地では、スキー場がクローズする事自体あまり無い。

そんなワナカで、この猛吹雪なんだから、他のスキー場はクローズとか結構あるんだろうなー
って思ったところから、こんな話をしたわけ。

まあ、天気ばっかりはどうしようも無い事だし、とにかく祈るのみ!
*一応、明日の天気予報は晴れ

写真は、本日のトレーニングバーン(左は徹也、中央の選手は小島、右は徹)

b0085469_15121564.jpg
# by takenyo | 2006-08-21 15:13 | ニュージーの話 | Comments(1)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo