隣の住人

不思議な事なんだけど、都会って隣の住人とか全然知らなくない?

まあ、隣の住人だけではなく、例えば集合住宅だと違う階の人とかも・・・
田舎って、隣の家の人もその隣の人もぜーんぶ知った人なのに、本当にこっちって不思議??
昔はよく隣の人には、挨拶に行かないと駄目だとか、行ったほうが良いとか聞いた事もあるけど、まず最近はそんなことしなくない?

一軒家と、マンションとかの集合住宅の違いもあるかもしれないけど、とにかく俺は自分の住むマンションにどんな奴が住んでいるのか全然知らない

俺は7階に住んでいるんだけど、たまに違う階の人にエレベーターの中で会ったりはするけど気にも留めないからなのかなー
けど、たまーに挨拶程度はするけど・・・

何を言いたいかというと・・・
先日の日本対クロアチア戦の夜の事。

試合前の国歌斉唱で、君が代を隣の住人が思いっきりでかい声で歌ってるんだよねー(笑)
俺ももちろんテレビを見てたから、それに合わせて歌っている隣の奴(男)の声が妙におかしく、うざく思ったのね。

で、その時にそう言えば俺隣ってどんな奴住んでるか全然知らないやって思ったんだよね。
(これが隣の住人の題名の真意で、言いたい事なんだけど・・)

まあ、けど一般的に考えたらこれうけるよねー
どれだけ、サッカー好きなんだよ!って感じじゃない??

だって、一人で国歌斉唱だよ(笑)
まあ、恥じらいもくそも無い試合であった事は間違いないんだけどね・・

よし、俺も次回のブラジル戦には、
早朝の4時に一人で隣の奴に聞こえるように君が代を歌うぞ!!!(笑)
# by takenyo | 2006-06-21 00:33 | どうでも良い話 | Comments(0)

Jrスキーヤーの事

しかし、いきなり今日めちゃめちゃ暑くなかった?

久々、日中に都内を車で走ったんだけど、車でクーラーつけても全然効きやしねぇの・・
こんな状況って、夏によくあるんだけど、ちょっと早すぎだよね。

けど、よく考えたらこんな時期からもう暑くなってくんのかなー?
まあ、どうでも良い事なんだけどね・・

それにしても、今日は相変わらず暇な日でした。

東京カスタムも一段落したんで、平日はゆっくりしていてこれはこれで良いんだけどそれにしてもね・・・
今週から、いよいよ4週連続の地方カスタム回りです。

まず、今週末は仙台。

仙台は昨年度から行っている地なんだけど、ここは俺的に特徴を言うと子供(Jr)が多いかな?
そんな気がするだけかもしれないけど、目立って子連れで来てスキーを注文する人が多くみられる。

最近は、子供にスキーを教える機会も多いんだけど、何より子供がどうこうより親の情熱が凄い事の方が俺にとってはびっくり!

だってさー、子供の為にせっかくの休みにスキー場来て、熱い眼差しで見ている親とか、わざわざ遠い道のりを送り迎えしている親なんか見てると、すごいなーって思っちゃう。
それだけ、もちろん子供が可愛いんだろうけど、自分の夢とか果たせなかった事なんかを託している親も多いんじゃないかな?

ATOMICのイベントで色々子供の親なんかと話すと、とりあえず情熱は凄いからね。。

小学生ぐらいだと、もしかしたらやらされている感を持っている子もいるかもしれないけど、一つの事を一生懸命やるって単純の事だけど、絶対将来なんかに役立てられる気がするんだよね。その中で得られる、達成感や充実感が違うモチベーションになったりするしね。

けど、いつも思うんだけど例えば木村公宣さんとかあんまり知らないんだよねー
だって、サインをねだってはいるけど、「誰だ、この人?」っていう表情もろだもんね。
大体そういう時は、親が後ろで子供をコントロールしてるんだけどね(笑)

そりゃあ、今の小学生の親ぐらいの世代が一番「木村公宣」世代だもんね。

まあ、俺にとっても憧れの存在ではあるけど・・
そんな人と、ここ数年は何かと仕事が一緒で何か信じられない気持なんだよね。
今年は夏のキャンプまで一緒だからね!
けど、本当に話していても気さくだし、凄いオーラ出さない事が逆を言えばあの人の人柄なんだろうね。本当に尊敬できる人です!

長々、話が膨らんだけどそんな子供が多い仙台に行って来るって事を言いたかったんだ(笑)

締まらなくて、ごめん!
# by takenyo | 2006-06-20 01:02 | 日常の話 | Comments(0)
悔しい・・・悔しすぎる!

日本戦を終え、興奮冷めきらぬ中書いてます。
それにしても、最終戦は勝たなくてはならないことになってしまった。
けど、何が起こるかわからないし、もしかしたらブラジルに5-0ぐらいで勝つかもしれない。

だから、諦めずにみんなで祈りましょ!


さて、本題です。
昨日はブログが書けなくて申し訳ない・・・
なんか、最近順調に閲覧してくれている人が増えているんで、書かない日にも見に来てくれる人に対して理由も無くちょっと罪悪感なんぞ感じてしまうんですよねー

で、昨日は出かけていたんだよね。

場所は群馬県太田市

シーズン中にお世話になっている、栃木県足利スキー協会の方とシーズンお疲れさん&懇親会をやってきました。
毎年、俺を囲んでくれてこの時期に開いてくれるんだよね。今回も有志で10人ぐらいかな?

足利スキー協会さんとはもう5年ぐらいの付き合いで、シーズン中は3回程お邪魔している。
12月のスキルアップキャンプ、1月の市民戦、3月のクラブ対抗と3回のイベントに行っているんだけど、まあ熱い人ばっかりなんですわ。

スキーに対しての取り組み方なんかは、その辺の体育会真っ青だよ・・・
自分の技術向上に真剣な方ばかりで、こっちもいつも熱くなれる。
そんで、もちろん楽しむことも忘れない。タイムなんか取り出したら、勝った負けたで仲間どおしでわいわいやって、本当に満喫してるのがよーくわかる。

俺なんかにも、スキー場だけではなくこんな会を開いてくれて、ものすごくいつも歓迎してもらえるんだよね。これって、凄く嬉しい事だし本当にいつも足利の人に会うのは楽しみなのです。

今回の飲み会でも、スキー場の接し方とはまた違い一仲間として、俺とも付き合ってくれるんで変な話気を使わないでも飲んでられる。

そういった関係って、良いと思わない?

コーチと生徒とか、コーチとユーザーとかとにかく固い関係じゃなくてさ・・

まあ、何を書いてるのか分からないけどとにかくそんな最高の方たちばかりと、3時ぐらいまで夜遊びしてました(笑)

この場を借りて、本当にありがとうございました!
また、来シーズンも宜しくお願いします!

# by takenyo | 2006-06-19 00:47 | 日常の話 | Comments(2)

電車の中の奇妙な出来事

さすがに、ネタが無いや・・・

けど、どっかで見た!
ネタが無い日は、ネタが無い事をネタにすれば良いじゃないかという事を。

と言う事で、最近まじめに行き過ぎていたので今日は本当にどうでもいい事を書こう。

何年か前か忘れたけど、電車で座って新聞を広げて読んでいたんだ。
そしたら、新聞の先で妙な音が聞こえてきた。

「ドーン、ドーン!」

何だか嫌な感じしたけど、恐る恐る新聞を下にずらすと怪しい男が目の前につり革に捕まりながら立っていた。

けど、右手だけはピストルの形でしかも俺の方に向いてやがる・・・

そして、手の動きに合わせて「ドーン、ドーン!」

やばい・・・・
こいつ、かなり怪しい・・・・

心の中で思った俺は、下にずらした新聞を再度上げ鉄壁のガードをした。

しばらく、その「ドーン、ドーン」は鳴り止まなかった。

むかつく、怖い、あやしい、面白いが入り混じった変な気分だったなー

電車って、こんな変な奴たまにいないですか?
# by takenyo | 2006-06-17 00:58 | どうでも良い話 | Comments(0)

自分の才能

才能というのは優れた感覚のことで、それは誰にでもあるのだと思う。

ところが、その才能というヤツは、引き出すのが難しい。

才能の根本が感覚だとすると、感覚そのものは目に見えないし他人と比べることもできないから、才能がどこにあるかよく判らないのだ。自分の感覚が優れていても劣っていても、自分にとっては「この感覚が当り前」としか思えないだろう。また、感覚が優れているとしたら、自分の行動に対する評価が厳しいので、自分にはその分野の能力が不足しているように思えるはずである。だから、自分の才能というのは判りにくい。

出来ないと、「才能が無いんじゃないか?」と思うし、出来たら「才能はある」と単純に思ってしまわないか?

俺も若い頃から常に、そんな壁にぶち当たっていて、何かマイナスに考えるときは決まって、「俺って才能ないよなー」って口癖のように言ってきたし、逆に何かプラスに考え出来たときは「俺って才能あるじゃん!」って浅はかなながら思っていた。

けど、今の年になって思うのはやはり持つべきものは自信で、才能があると思ってやってないと
この世界はある意味勤まらない。

その自信は、もちろんたゆまない努力や考えから生まれるものだが・・・

俺から見て才能があると思うのに、無いんじゃないかな?って自分自身で決め付ける若い奴が多くて最近はやきもきする。
「やってみろよ!」、「出来るって!」って思うけど、本人は気づいて無い場合が多いんだよねー

実際、俺も若い頃はそうだったかもしれないけど、少しは回りを見渡せる余裕が出来た今だから余計に思うんだよね。

何事も、チャレンジのみ!

「出来る出来ない」なんて、どうでも良いじゃん!
「やるか、やらないか」の勝負で行ってみようよ。

当たって砕けろ!

2007シーズンのテーマかな?


P.S 共感できる人、手を上げて!
# by takenyo | 2006-06-16 01:13 | まじめな話 | Comments(2)

仲間が増えた!

今日から、我が神田コンペカンに新しい仲間が増えた。

都内にあるICIでスキーをやっていたのは今まで3地区、4店舗だった。
新大久保にある本店に、新宿にある西口店、そして神田に2店舗の内訳だが、この6月で本店のスキーが撤廃になり、そのスキー部門の3人が神田に移行してきた。

その中の2人は、俺の幼なじみで同級生である。

保育園、小学校、中学校と一緒で高校は違うけど隣の学校。
そして、会社も一緒なら立場(プロスタッフ)も一緒。

こんなのって珍しくない?
とりあえず、聞いたことは無い。

名前は、富井次郎に久保田知裕。

実は会社という枠をはらうと後もう二人いて、そのうち一人は先日も書いた片桐貴司(ナショナルデモンストレーター)であり、もう一人は上原秀生(SAJデモンストレーター)がいる。

*ちなみに全員見事に独身(笑)

いやー、野沢って本当にスキーの村なんだよなってつくずく思うけど、先の二人とはかなり長い間一緒なので、公私共に気心が知れた仲であると同時にある意味ライバルなのである。

そんな事で今回の移転で、店まで一緒になってしまったもんだから、これから私生活乱れる事間違いなし・・・(笑)

けど、一番の理解者(親友)が回りにいるってこれほど幸せな事無いよね。

お互い切磋琢磨で頑張っていきます!
# by takenyo | 2006-06-15 01:05 | 日常の話 | Comments(0)

昨日のサッカー記事

今朝起きて、コーヒーと新聞を買いにコンビニに向かった。

そして、帰ってきてゆっくり一服しながら新聞に目を通した。
一面から昨日のサッカーの事が取り上げられていたが気になることが・・・

「ジーコジャパン惨敗・・・」
「奇跡を信じて、チーム再建へ」

ここまでは良かったが、案の定

「ジーコ采配に疑問」
「クロアチア戦惨敗なら、ジーコはもちろん川淵Cも引責辞任」

出た!日本人特有の、ダメだし・・・

何で、こうなっちゃうんだろうね?
まだ、一戦が終わっただけだと言うのに、もう責任問題だって。
じゃあ、そう言っているお前が監督やれよって感じだよね。

本当に、良い時は持ち上げるだけ持ち上げて、ダメならばっさりと切り捨てる。
日本人の悪いところだと思う。

同じような事、先日のJ-スポーツで佐々木明が言ってた。
進化の過程と言う番組の中で、トリノオリンピックでコースアウトした後の心境を聞かれ

「回りの人が綺麗にいなくなって、逆にモチベーションが高められた」

だって。
もちろん、俺はその境遇になった事無いからもちろん分からないけど、相当悔しかっただろうね。
だって、確かにコースアウトしたけどそれはアルペン競技なら事故みたいなもので、一生懸命やっていなかったからからではないのに、叩かれるだけ叩いてそして去っていく。

本当に最低だよねー
そんな人は、ファンでもなんでも無いよね・・・

だけど、明の凄いところは自分でその悔しさをモチベーションに変え、現に次のワールドカップ(志賀高原)で、2位に入っているところ!

やっぱあるんだね、火事場の馬鹿力

いざとなると人間は非常に強い力を瞬時に発揮できるって事だね。

ジーコも選手も、追い詰められた事には確かに違いが無いから、もう迷い無しで頑張って欲しいね。火事場の馬鹿力を出して欲しい。

だから、たった一戦負けただけで、采配に疑問とか責任問題とかくだらねぇー
愛国心持っているのなら、最後までジーコを信じて応援しよう。

俺は、月並みだけど信じて応援してるぜぃ!
# by takenyo | 2006-06-14 00:10 | どうでも良い話 | Comments(1)

負けた・・・

誰もが見たであろう、ワールドカップ日本開幕戦。

勝つと思っていたけど、結果は・・・
最後の10分で負けたって感じじゃない?

何だかか、本当に試合が終わった瞬間しばらく放心状態だった。
4年かけてジーコが作り上げてきた、我が日本チームの面々の表情が痛々しく悲しく思えたね。
けど、まだ2戦あることだし、気を取り直して頑張ってもらいたいよねー

今度は日曜日かぁ・・

頑張れ、日本!!

ちなみに、今日は久々休みでした。
先週、休んでないから本当にご無沙汰の休みでした。
昨日は、カスタムの疲れがあったけど結局なんだかんだPCで資料作りしていたら3時だった。
期間中は、帰りが遅かったからPCを開けることも出来ずただ眠りに帰ってきていただけなのでなんか久々にゆっくりPCいじれたね。
まあ、本当に眠い目こすりながらだったけど・・

実は明日も休みなので、今日もこんな時間まで起きているという訳です(笑)
ただ今、2時半過ぎ。

では。
# by takenyo | 2006-06-13 02:36 | 日常の話 | Comments(0)

カスタムフェア終了!

カスタムの事をブログで書いたと思ったら、もう終了のブログを書いているのが変な感じですが今日をもって2007カスタムフェアが終了しました。

ご来場頂き、また商品をご予約いただいたすべての方に感謝申し上げます!
ありがとうございました。


俺はバブルの頃にはまだ学生で、華やかなスキー業界は知らない人間で、ちょうどその良い頃が終わったときにこの業界で仕事をスタートした。

最初は、「スキーで飯を食べていく」という軽い気持ちや、漠然とした夢をもっていたが、実際は飯を食べていけるどころか、仕事もろくに無く回りの同じような立場のコーチがスキーレッスンしている時も、俺は暇人だった・・・

けど、最初はそんなものだと思っていたし、辛くても地道にやっていけばのし上がれるんじゃないかと根拠の無い自信だけはもっていた。
(と言うか、持たずにはやっていられなかった)

運良く、色々と回りの環境がプラスに働いて、冬も何とかスケジュールが埋まってきたのが確か3年目だった。もちろん、違った意味での辛さ(休みの無さ)はあったけど、毎日がとても充実していた。

それも、俺についてきてくれる学生や社会人などがあっての事。
この事だけは忘れないように、良い物を提供しアドバイスして、少しでも技術の向上やスキーの楽しみを教えなくてはならないね。

ちょっと俺の身の上話を書いちゃったけど、それほどいつも特にこのブログを見てくれている人には感謝しなきゃと思っている。

で、なんでこんな事書いたかと言うと今年のカスタムフェアは例年に無くお客さんがいっぱい来てくれて、何だか訳も分からずとても嬉しかったね。
「昔に戻った!」と少しは思った。

けっして、それに比例した売り上げがあったかどうかは疑問だけど、こういう場に来てくれる事自体が嬉しいんだよね!
だって、右肩下がりに落ち込んでいる不景気全快のこのスキー業界でこんな活気溢れている場所は他には無いよ!

悲観的にならずに、前向きにやっていこうと再確認出来たイベントだった。

ただ、昨日もブログを書いていないのを見て少しは予想はしていただけたと思うけど、とても疲れています・・・
昼も、夜も全快でぶっ通しで頑張り抜きました。朝9時に品川集合して、カスタムをこなし、夜は1時ぐらいまで飲んでタクシーで帰って寝るのが3時。そんな日が2日間連続!

やっと、終わった・・・(これ、本音・・)、休みたい・・・(明日から休むけど・・)、寝たい・・・(思いっきり寝てやる!)

けど、本当に良いイベントになりました。
# by takenyo | 2006-06-12 02:49 | 日常の話 | Comments(2)

カスタムフェア!!

昨日は、ブログ書けなくて申し訳ない・・

ちゃんと、終電ぎりぎりで家に帰ってきたは良かったけど、エキサイトブログが1時~4時までメンテナンスの為書き込みが出来なかった・・・

まあ、そんな言い訳じみた昨日の話しはさて置き、とうとう始まった2007カスタムフェアの話をしよう!

初日の昨日は、びっくりした・・・
何がって、超~~~~~人が来てめちゃ混み!
過去にこんな混んだ初日って無かった・・
もちろん、ガラガラよりはいっぱいお客さんが来てくれたほうが良い事なので嬉しかった!

うちの学生もたくさん来てくれたんだけど、あまりにも色んな学校が重なって待たせてしまった学生には申し訳無かったかな・・・

けど、うちの学生もそうだけど始めてここに来るユーザーとか、もちろんスタッフもそうなんだけどびびったと思うよ。
だって、何?この物量って感じだからね。
一つの場所にありとあらゆる物が陳列してあるから、見る側としたらこれほど興味がそそられる展示会って無いよねー

どうだった?
楽しめましたか?

もし、全部見終わる前に時間が来てしまったのなら、日曜日までやっているので是非来てね(笑)

さて、今日はというと日中は例年通りガラガラだったけど、夕方からは昨日に引き続きいっぱいお客さんが来てくれましたよ。

明日からいよいよ本番の週末。
気合入れて、頑張ろう!

b0085469_1211155.jpg
# by takenyo | 2006-06-10 01:22 | 日常の話 | Comments(3)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo