目に見える変化

3日目のインラインdayだった。

いつもなら、2日インラインで最終日となる3日目は水上スキーをやるパターンが多いのだが、まあ時期も時期と言う事で、3日連続のインラインになったわけだ。

最初は、インライン場でこつこつとベーシックトレーニングをやってきたんだけど、最終日の今日は、傾斜が急な坂にて行った。
このような所は、インライン場とは比べ物にならない恐怖心から、前後の動きが出来ない選手が多くなりがちなのだが、一昨日のブログでも書いたとおり、今回の学生はインラインのベースがしっかりとあるので、案外恐怖心などが無く、スキーに直結した動きが出来ていたように思える。

そして、最終的には3日続けてきた一つの進化として目に見える変化が現れた。
特に、初めての1年生の上達ぶりには目を見張るばかり!

これには、俺もびっくり!
冬が本当に楽しみになってきた。

大阪市立大学&神戸大学、お疲れさん!
今シーズンも頑張ろうなー
# by takenyo | 2006-09-08 20:39 | 日常の話 | Comments(0)

後悔しない為に

先日のあるテレビ番組での事。

その内容は、末期がん患者の物語だった。
がんに侵され、余生が何ヶ月も無いと自分で分かっている状態でも、今を生きてられる嬉しさを感じ、色々とチャンレンジしていた。

もちろん、チャレンジと言っても、普通の人から見れば大したことは無いが、例えば乗馬だったり、折り紙だったり・・・

その時、俺の中である人とダブった。

高校時代の1つ上の先輩で、俺が大学3年生の時にくも膜下出血で亡くなった先輩の事を・・
享年21歳の若さだった。

その先輩は、高校をでて鎌倉女子大学を経て、保母さんになった女の先輩だった。
俺の事を弟のようによく思ってくれて、色々とスキーや学校の事で相談に乗ってくれたり、心配もしてくれた。

大学3年生の、11月のカナダ遠征の直前に一緒に飲んだとき、こう俺に言ってくれた。

「今年やってきたことを信じて、頑張れよー!」

ありきたりの言葉で、何にも特別な意味も無い言葉だけど、俺はその言葉大切に遠征に向かった。
くも膜下で倒れたと聞いたのは、遠征も残り数日になった時だった。

日本からの国際電話で、友達が知らせてくれた。
それを聞いたときのショックといい、それから残りの日の無気力さといい、今でも忘れられない。

帰国して、そのまま病院に駆けつけた。
まだ生きていたが、正確に言うと生かされていたのだ。(生命維持装置で)

そして、次の日に永眠した。

テレビを見ていて、その先輩の事を思い出し、そして最後の言葉を思い出した。
こんな事ブログに書いてしまって、良いもんか分からんが、俺頑張っているかなーってふと思った番組でした。

後悔しない人生を歩む為にも、やりたいことやんなきゃだね!

最後まで読んでくれて、ありがとうございます。。
# by takenyo | 2006-09-07 19:30 | まじめな話 | Comments(2)

9月シリーズ!

ニュージーから戻ってきてから、どうも怠け癖がついたらしく、また昨日も更新できずにいた。

申し訳ない・・・
ここは気を引き締めて、また毎日頑張りまーす!

さて、俺はと言うと野沢に帰省しています。
もちろん、遊びでも休みでも無く学生の夏合宿の為に。

一ヶ月ぶりの野沢は、もちろんだが何にも変わっちゃいない(笑)
と言うか、寒すぎ!
涼しいじゃなくて、寒いんです・・・

昨日の夜なんて、あまりにも寒くて毛布出しちゃいましたもん。
まあ、一時的なものだとは思いますが・・

今日から合宿が始まったのは、大阪市立大学&神戸大学の6人(少なくて寂しいー)

昨日の夜から車で走ってきたらしく、疲れていたようなので、スタートは少し遅めの10時にした。
両校とも普段のトレーニングからインラインを取り入れているので、ベースはある程度出来ているので、大変助かる。
まずは、今日からの3日間の大まかなトレーニングを説明した。

そして、毎回一番最初に行っている「基本ポジションの再確認」という意味合いから、色々エクササイズトレーニングを始めた。

午前中は、少し長めに12時半まで行い、昼食を挟んで午後のトレーニング!と思った頃から
雨が・・・・

「えー最悪・・・」

仕方が無いので、家の中でバランスボールや、インドボードなどを使用して、バランストレーニングだったり、イメージトレーニングを行った。

まあ、雨は仕方が無い事なので割り切ってやったけど、ある意味ここでこのトレーニングが出来て良かったかもしれない!(前向きにね)

明日も、天気予報は悪いらしいけどどうなる事やら・・・

今日の写真は、そんな午後のトレーニングです。

b0085469_18354677.jpg
# by takenyo | 2006-09-06 18:35 | 日常の話 | Comments(0)

浦島太郎状態・・・

早朝の8時にいきなり、契約している駐車場の大家さんから電話があった。

俺    「はい・・・(寝ぼけ気味で)上野です」

大家   「上野さん。いつになったら車どいてくれるんですか?」

俺    「は、いきなり何言ってるんですか?車をどかすって、何でどかさなきゃいけないんで       すか?お金だって毎月ちゃんと支払いしているし、あなた何言ってるんですか?」

大家   「そうじゃなくて、場所の移動の件ですよ!8月いっぱいって、再三通知出してるでし        ょう。上野さんだけですよ、どいてくれてないの!」

何を一方的に訳の分からない事を・・・と思い、反論しているとその事情を一から説明してくれた。

どうやら、真相はこうだ。

俺の契約している駐車場の場所に、新しくマンションが建つらしい。
そして、そのマンションの着工がこの9月かららしく、早く車をどかして欲しいとの事。
(代わりの場所は、もちろん近くに用意されている)

8月に、その案内を各契約者に封書で送っているらしい。
そして、その事で質問のある方を対象に、連絡をくれれば、きちんと事情を説明していたとの事。


俺  「・・・・・・」

って言うか、おれ8月ニュージーに行っていたから、そんな話し全然知らないんだよね・・
しかも、封書なんて届いてなかったし・・・

まあ、とは言ってもすぐに車をどかして、ちゃんと指示に従いましたけど・・・

やっぱり、1ヶ月も家を留守にするときは、ちゃんと大家なり管理事務所に言って行かないとならないですね・・
(いままで、シーズン中もそんな連絡した事無いけど)

落ちも何も無いですが、そんな不機嫌な一日のスタートの話でした。
# by takenyo | 2006-09-05 01:16 | どうでも良い話 | Comments(0)
今日、本屋にて立ち読みしていたところ、「行ってみたい国」ランキングという記事がある本にて掲載されてあった。

その本では、「行ってみたい国」の他、「行ってみたい常夏の国」というランキングもあった。
何が違うんだと、心では思いながら見ていると・・・

行ってみたい国ランキング

1位 スイス
2位 ニュージーランド
3位 イタリア

でした。。
ニュージーが2位かーなんて思っていると、1位のスイスとの共通点があった。
どっちも、「癒されそう!」との事です・・・

癒されそうって、単なる自然が多いって思われているだけじゃん・・・
まあ、実際自然は多いんだけど、それだけがランキング上位の理由なのかな?
だけど、純粋に嬉しいけどねー

ニュージーって、スキーの世界では夏の常識って感じだけど、一般的にはやっぱりなかなか、行けない憧れの国だそうで、なんだか意外な感じだよねー

ちなみに、「行ってみたい常夏の国」ランキング

1位 モルディブ
2位 ハワイ
3位 タヒチ

でした。
実際、1位のモルディブは行ってみたいね・・・
水上コテージなるものに泊まってみたいね。

落ちは無いけど、そんなランニングが載っていた本を見た今日でした!
# by takenyo | 2006-09-04 01:50 | 日常の話 | Comments(0)

マッサージ

環境の変化についていけず、少々バテ気味でございます・・・

真冬のニュージーから帰国した身としては、今日の暑さは身体にかなりこたえました。
体の節々が痛く、調子があまりにも悪いので、体のケアに行きつけのマッサージに行きました。

「NAZOO」(ナズー)

このお店、俺の住んでいる隣の朝霞台にあるんだけど、かなり調子が良い!
サッカーのA代表、各カテゴリーのトレーナー(マッサー)を務めている並木先生が経営しているお店ということで、地元ではちょっとした有名店だ。(多分・・)

実は、スキー界でも公宣(木村)さんと親交があるらしく、いつも先生とも公宣さんともその話で少し盛り上がっている。

やはり、サッカーの方での仕事が忙しいらしく、あまりお店には出勤してないらしく、なかなか並木先生自体にマッサージをしてもらうことは少ないが、それでも他のスタッフも素晴らしいのである。(さすが、ちゃんと教育されている)

だが、今回はタイミングの良い事に、並木先生にマッサージをしてもらうことが出来た。

先生曰く、「やばい」らしい・・・・

何がと言うと、そこらじゅうが張っているとの事だ。
俺は左右のバランスが悪く、特に左半身(特に腰や、股関節周り)が固い。
数年前に、ギックリ腰をやってからというもの、なぜか左半身が妙におかしい・・・
自分でも自覚はあるのだが、ずばり指摘されて、しかも揉み解してもらうんだけど、これがやばいぐらいに痛い・・・・

悲鳴を上げながらだったけど、徐々にほぐしてもらいだいぶ楽にはなりました。

あーやっぱり、体のケアは大事だね。
# by takenyo | 2006-09-03 01:46 | 日常の話 | Comments(0)

帰国報告!!

2日間、サボってしまい申し訳ないです・・・

まあ、クライストチャーチの晩はしょうがないにしても、昨日は帰国した直後から友人に会って飲みに行ってしまい、結局帰ってきたのが2時!
そのまま、PCを開く事も出来ずに寝てしまいました。(帰国直後に、何やってるんだか・・)

その分、今日は頑張ってホームページのTOPICSも変更できたし、ニュージーの貯め取りした写真もPHOTOにアップしました!

是非、そちらもご覧下さい。

いやー、本当に1ヶ月の長丁場頑張りました!
海外の1ヶ月って、俺自身本当に久しぶりだったんだけど、前半から天気もよくストレス無くスキーが出来たので、なんかあっと言う間だった。

唯一の心残りは、出発当日のボクシング(亀田×ランダエラ)が見れなかったことかな・・

って、そんな事はどうでも良いのですが、せっかくボクシングネタで入ってしまったので、このままの流れで行きます!(笑)

ここから、まじめに(かしこまってみます)

俺的には、8月のこのニュージーランドをボディーブローだと思っている。

ボディブローをご存知だろうか?
ボクシングに興味が無い人には、どんなパンチなのか少々解りにくいかもしれないが、カウンターのストレートやフックと違い、一発(即効性)で敵を仕留める事はあまり無いが、内臓をじわりじわり痛めつけ、後々(終盤)に敵をノックダウンさせる、もっともいやらしくかつ俺的には素晴らしいパンチなのである。

その、ボディブローとこのニュージーキャンプの共通点とは?

ボクシングのボディブローと一緒で、このキャンプでの成果は、即効性は無いが、じわりじわり後々(シーズン)に効いてくるのである。

誤解しないように付け加えると、もちろん目に見えた変化(滑り)があった。
だからこそ、毎日のブログで「充実」という言葉をしつこいぐらい使っていた。

けど、目に見える変化が、自分(主観的に)で感じられなかった学生も、もしかしたらいるかもしれない。
迷ったまま、終わった学生もいるかもしれない。

けど、安心してくれ。
じわりじわり、後々ちゃんと成果が出てくるから。(俺の事信じてくれ)

今シーズン終わって、振り返った時に、「夏にニュージーに行って良かった!」と思えるから。

けど、それには一つだけ条件があるんだ。

それは、自分のやってきた事を信じてください。
自信とは、自分自身を信じる事から得られるから。
だから、ネガティブに考えないで、ポジティブに考えよう!

しげ、成、準士、健さん、誠司、柳沢、クロ、幸一、小野瀬、小島、ユウスケ、早乙女、大出、
登坂、小文、ユキ、マミ、ユカ

お前らの、今シーズンの活躍を心から祈ってるよ!!
本当にお疲れさん。

写真は、最後のテカポにて

b0085469_1252755.jpg
# by takenyo | 2006-09-02 01:29 | 日常の話 | Comments(2)

最終日!

とうとう1ヶ月の長丁場が終了しました!

最後の最後まで天候に恵まれました。
今日は、昨日まで早朝で使用していたコースとは違い、FISの公認コースであるスルースBOXで最後のポールトレーニングを行いました。

旗門数は、昨日同様36旗門。
うねりのきついこのコースは、身体にかかる負荷も倍で、選手は昨日以上に足にきていましたが、最後まで良く頑張りました。

俺らの仕事って、当たり前のように最後に自己満足(暗示)のごとく、選手に「上手くなったねー」とか言うのですが、今回ばっかりはマジお世辞抜きでレベルの底上げが出来たと確信しています。

それは、俺らが言うよりも選手が皆感じている事でしょう。

本当はもっと書きたい事や、書かなければならない事は沢山あるんですが、今日は疲れました・・・
だから、帰国してから落ち着いて書きますね・・・

明日、最後のクライストチャーチを満喫して、皆笑顔で日本に帰国します!!

写真は、最後の集合写真と、今日の夜に行われた最終日恒例のBBQです。

b0085469_21283520.jpg



b0085469_21243037.jpg
# by takenyo | 2006-08-29 21:29 | ニュージーの話 | Comments(6)

急斜面トレーニング

今日は、風が強い日でした。

一瞬だめかも?なんて思ったけど、何とか早朝、日中ともってくれて助かった。

それにしても、休み明けからずっと朝が早いので、さすがに選手も疲れてるかな?
そりゃあ、なかなか日本で早朝の5時30分に起きる事なんてめったにないし、ましてそれが5日も連続となれば仕方が無いね・・・

けど、条件が良いから疲れている中でも、常にモチベーションを高めてくれているので、Goodです!

午前中は、久々にショーンズウェイって急斜面でポールトレーニングだった。
こっちに来て、一番の斜度のある中だったので、まだまだそういう所に行くと、ぼろが出る選手が多いね・・

まあ、気持が良いだけじゃトレーニングとは言えないから、そんな所滑らせてたまにはへこました方が、後々良いかもなんて考えてるけど・・(笑)

とうとう、明日が最終日です。
予報は風が強いらしいんだけど、なんとかもってくれると良いな。。

では。

今日の写真は、早朝トレーニングのリフト待ち(AM7:00)

b0085469_16461120.jpg
# by takenyo | 2006-08-28 16:47 | ニュージーの話 | Comments(3)

ハーフパイプ&ワナカ湖

今日も、快晴で抜群のコンディションの中、早朝トレーニングをした。

旗門数36旗門・・
こっちに来て、初めての旗門数であった。

この旗門数だけ見ると、はっきり言って大会並・・・(と言うか、大会以上である)
セットは、前半は細かく浅くして、スピードが徐々に高まっていく斜度から、大きく振ったセットを立てた。

見ていて感じた点は、やはり膝だけでスキーを返している選手は、振り幅のある局面では対応出来ない。
やはり、下半身と上半身のバランスが取れた長い軸を前半に取れるかどうかが重要である。
もちろん、進んでいくもの(スキー)に合わせ、重心も落下ポジションに落とし込んで行く事が
大前提。

スピード域の高まった中で、流れのある速い動きを求められた今日のセットでした。

滑り答えがあったようで、終盤はだいぶ足に来ていたけど、まあ経験としては今日のロングコースは良かったかな?

そして、午前中はポールはやらず、フリートレーニングをした。
と言っても、いつもと少し趣向を変え、色んなシチュエーションの中でボディバランスを養う事を目的に滑った。

スキークロスのコース、ハーフパイプ

こんなところを滑れるのも、このカードローナの魅力の一つだね。
ハーフパイプなんて、南半球最大級だし!

ちなみに、この地ではいつも12月に手伝ってもらっている地元の後輩、ご存知上野雄大がトレーニングをしている。

早朝のロングコースと共に、選手の良い経験になったようでした。

そして、久々12時のバスで下山して、午後は完全休養日とした。
ワナカの町へ繰り出し、昼食を取って、ワナカ湖の湖畔を散歩しながら癒されてきました!

明日も、頑張ろう。

今日の写真は、ハーフパイプでのトレーニング(遊び?)と午後のワナカ湖

b0085469_18155876.jpg



b0085469_18172511.jpg
# by takenyo | 2006-08-27 18:19 | ニュージーの話 | Comments(3)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo