<   2013年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

レースが始まり3日目。

風も収まり、暖かく(と言っても-10度はあったかな?)、しかもレース進行もスムーズで、ストレス無く1日過ごせました。

朝一

b0085469_21222180.jpg



b0085469_21231062.jpg



旗門員は、裁判員!?

b0085469_21252975.jpg



GSコースで必要な最低標高差に合わせる為にスタート地点が上がり、出だしは超がつくほどの緩斜面でした、、、

男女同一コースだったけど、相変わらず硬く締まったバーンで、後ろのスタート順の選手でもかなりチャンスのあるレースだったように思う。

振り幅のある1本目、振り幅が浅く縦系の2本目と、異なるセッティングでした。

どんなセッティングでも、基本ターン前半からしっかりとスキーに圧をかけていける選手でないとなかなか上位には来れないね。

b0085469_212957100.jpg



b0085469_2130546.jpg



帰り際に、どうしてもこの写真が撮りたくて、わざわざコースとは違うのに行っちゃいました!

噂には聞いていたけど、ゴンドラとリフト(6人乗り)が交互にやってくるという斬新の作りです、、、
どちらも、シートヒーター付のドッペルマイヤーと言うドイツのメーカーの最新式だそうです。

b0085469_21362251.jpg



b0085469_21354290.jpg



いよいよ明日でレース最終日!

悔いの残らぬよう戦おう!

俺を含め5名は、明日で北京移動、明後日日本着です。
by takenyo | 2013-11-30 21:38 | 中国の話 | Comments(0)

2013中国13日目・FIS第2戦SL

快晴!

暖かいとは言えないけど、風が穏やかな分昨日よりも全然余裕がありました。

レースは昨日同様SL、好調の韓国勢は見ているだけで勢いが違いますね。

体は日本人と対して変わらないけど、動きの幅が日本人の倍、とにかく動きが止まらないし、多少のバランスの崩れも驚異的な身体バランスで取り戻す、、

見てて、躍動感があるね。

でかい、ごつい欧米人よりも、身体的なハンディがあるアジア人が勝つためには、とにかく動かないと話にならない。

前後、上下、体の動きを出すことで、スキーが走り落下力を生み出す。

韓国人の滑りを見てると、理に適ってるって本当に思います。

もちろん、日本トップレーサーもしかりですが、、、


今日は、ワタクシお恥ずかしながら男子の2本目のセッターを任命されFISデビューさせて頂きました。(笑)

まあ、日々やっている通りに立てただけですが、、

滞りなく終了して安心しました。。

うちの選手の結果はと言うと、いつもこのブログ書いてるのご飯前の6時~6時半ぐらいなんだけど、リザルト出ていないんです・・・

なので、詳細分からないんです。

タイムは、ゴールエリアには光電管が無くて分からず、一応クワッド前のホワイトボードにゼッケン順のタイムが羅列されているだけなんで、本当に結果分からないんですよね。

一人、上位に食い込みましたが他はどうなのか!?

ポイント取得って観点から見たら、こんなおいしいレース無いので、明日も死ぬ気で頑張ってもらいたいですね。

今日の写真をどうぞ

中間地点でいつもレースを見てます。

b0085469_1927421.jpg



b0085469_19281539.jpg



韓国人のATOMIC使用率半端ないです。ほとんどが、ATOMIC!他ハートかな、、

b0085469_19275794.jpg
by takenyo | 2013-11-29 19:29 | 中国の話 | Comments(0)

2013中国12日目・FIS第1戦SL

とても長い1日でした。

朝7時20分乗車で、大会会場「シークレットガーデン」へ。

天気は快晴、気温は昨日同様ゆうに20度オーバーで、選手はアップポール1本滑るごとにレストラン直行・・・

コーチはポール直しに飛び回り、休める時間もなくインスペクション、そしてそのまま女子のレースからコース内へ配置と、朝から寒い中忙しかった。

レースが始まると、強風、タイミング、ポールトラブル、幾つものトラブル、アクシデント(?)が重なり、全然前に進まない・・・

選手もスタート時間が読めずに、寒い中スタートで待たされ酷だったし、我々コーチも何で中断しているかも分からずただ待ちぼうけと、まあ中国らしいと言えばそれまでだけどレースの進行に問題ありありでしたね。

結局、2本目最後までそんな調子で、男子の最後の選手が滑り終わったのが3時45分、、、
その間レストランに駈け込めたの、朝のスタート前にトイレで行った5分のみ・・

昼も食えずに、まじ寒くて最後は萎えました・・(笑)

結局スキー場にいた時間9時間強!


結果は、韓国勢が上位を占めました。

うちの選手は、もちろん頑張った者もいれば、いまいちだった選手もいる。

万龍との雪質の違いに合わせられていないのかなと、、?

多くの選手がミスする原因として、スピードに体がついて行けずタイミングが遅れて詰まる。

それが連鎖すると、当然どこかで大きなミスを犯してしまう。

明日に向けて、もう一度立て直しましょう!


詳しいレース結果は、FISのリザルトでご覧下さい。

朝のアップ風景

b0085469_21141510.jpg



b0085469_21143837.jpg



シークレットガーデン全体図

b0085469_21154886.jpg



万龍には無い、最新のシートヒーター付のクワッドリフト

b0085469_21162290.jpg



リフトもそんな感じだし、建物も万龍とは違い近代的な建物が多い。これは、山頂のレストラン。

b0085469_21173340.jpg



今日は、寒かったので選手の溜まり場と化してました。

b0085469_21184365.jpg



レースコース

速い選手で45秒弱、旗門数で58旗門かな?
中斜面主体で、しかも硬く締まっていてコンディションは良かったです。

b0085469_2118265.jpg



b0085469_21192027.jpg



b0085469_21191923.jpg



b0085469_2119489.jpg
by takenyo | 2013-11-28 21:22 | 中国の話 | Comments(0)
隣のスキー場、、、

シークレットガーデンにトレーニングに行きました。(正式名称は、GENTING RESORT SECRET GARDENになるそうです。)

朝から強烈な寒さで、しかも山頂付近は強風でリフトがありえないぐらいの横揺れで怖かった・・・

シークレットガーデン側の、クワッドが「まだ動かない」との情報で、山頂のレストランで20分ぐらい待機してました。

外は変わらず強風だったので、「もしかしたらリフト動かないかなー」なんて話をしていたら、見える範囲内でクワッドが動き出し皆でGO!

が、、、

結局、シークレットガーデン側の移ってもリフトは動かず(強風の為)、少し待ってゴンドラを使うことに、、、

少し効率は悪いものの、明日からの大会コースを滑れる唯一の機会だったので、滑れただけ良しかなと、、、

バーンは、情報では万龍よりずっと硬いって言ってたけど、万龍と変わらないぐらいで、中緩斜面はさほど万龍でやってるバーンと変わらないなと、、、

難しさと言えば、少し斜面変化があるので、そこをどう乗り越えるかがポイントになるかな?

トレーニングは、相変わらずの強風で、しかもセットも少し細かく立てたこともあって、異常に完走率が悪かった・・・

明日のレースは、しぶとく行って下さい。


午前で終了後、午後は明日のレースのTCM!

中国らしいと言えばそれまでだが、日本では考えられない準備不足、手際の悪さ、参りました・・

b0085469_181484.jpg



b0085469_18134610.jpg



いよいよ明日からFISレース4連戦!

とりあえず、SLのレースからスタートです。

頑張ります!


写真、沢山撮るとか言ってカメラ忘れました・・(すいません)

けど、カメラあっても撮る余裕は無かったね・・

だって、今日の気温-27度だって・・(笑)
by takenyo | 2013-11-27 18:17 | 中国の話 | Comments(0)
晴天!

程良い寒気、最高の天気、完璧にグルーミングされたバーン、どれ一つとっても完璧でした。


10時からの2コマ目で、中川さん&正一さんチームと合同で、FEC(ファーイーストCUP)で行われるGSコースを使用してトレーニングを行いました。

42旗門39ターン、ラップで1分4秒とレース並みの実戦トレーニングでしたね。

2時間半の限られたトレーニングの中で、滑れた選手で4本かな?

長さ、強度から考えて妥当かと、、、


風通りの良いコース中盤では、強烈な向かい風に襲われ、姿勢の高さによってだいぶタイムが変わったと思う。

終盤の緩斜面も含め、このスキー場は中、緩斜面主体なので、どれだけ風の抵抗を受けずに、その中でスキーを滑らせるテクニックが出せるかどうかがポイントです。

見てても、切り替えで体が浮く選手や、スキーの運動に合わられない選手は、可愛そうになるぐらい前に進まない・・・

逆に、低い姿勢を保ちつつ、しっかり下半身を使ってスキーを動かせる選手は、ターンスピードがぐんぐん上がっていくし、速いターンを連続させれてたね。

とても、良いトレーニングでした!

中川さん&正一さん、ありがとうございました。

b0085469_1923739.jpg



b0085469_193259.jpg



b0085469_1932514.jpg



b0085469_1934960.jpg



明日は、万龍スキー場の裏手、昨年度オープンのシークレットガーデンに足を伸ばし、明後日からの大会コースでSLトレーニングです。

初めてのスキー場、楽しみですね!

写真、沢山撮って来ますね、、(笑)
by takenyo | 2013-11-26 19:05 | 中国の話 | Comments(0)

2013中国9日目・寒気到来

予報通り、、、

先週の暖かさが嘘のように、極寒の1日でした。

朝、体操をする為外に出た瞬間に「これは今日厚着して行かなきゃやばいな」と感じ、いつも以上に厚着をしてカイロを張りスキー場へ、、


スキー場は、昨晩からの降雪でこんなにも積もってました!(分かりにくいですが・・)

b0085469_17452778.jpg



万龍スキー場は、ほぼ人工降雪の雪で作られている為、自然雪は本当に珍しく、俺も長年足を運んでいても数えるぐらいしか降ったところを見ていないんです。

今日は、2コマ目の10時から威龍コースでSLを予定していたので、まずは朝は金龍下部でいつも通りウォームアップを兼ねてフリーを。

朝一

b0085469_17491783.jpg



威龍コースのゲートトレーニングは、、

上部はブラッシュマーカー、下部は計測付きのロングポールと、2パートに分けて進めました。

スタートから

b0085469_17514523.jpg



ゴールから

b0085469_1752952.jpg



長いコースなので、1本滑るだけでも選手の疲労はMAX、、

インターバル(コース整備、ポール直し)を入れ、計6本頑張りました。


明日は、金龍上部下部FECのレースコースを通してのGSです!
by takenyo | 2013-11-25 18:59 | 中国の話 | Comments(0)

2013中国8日目・極寒

ここ万龍スキー場は、、、

土日はパブリックが優先と言う考えで、早朝トレーニングがメインになります。

日曜日に限り、午後の枠で威龍1コースのみ使用可能になるのだが、我々の本日のトレーニングは早朝1コマのみでした。

リフト乗車6時、、

当然、辺り一面真っ暗闇。

トレーニングバーンは金龍上部を選択したので、リフト2本乗り継いで山頂まで約20分かけて登るのだが、山頂についても状況は変わらず真っ暗闇でした。

ポールセットも、フリーも危険なので、山頂のレストランで少し暖を取ながら待機、、、

結局15分ぐらいした後に、何とかぎりぎり見え始めて来たのでポールセット開始。


FEC大会コース金龍を、他のチームと共に2セットコース幅一杯に使いセッティングをしました。

ちゃんと数えてこなかったけど、旗門数はゆうに30旗門オーバー、、

予定終了時間の8時30分まで、フリーを入れ5本しか滑れなかったけど、十分満足の早朝トレーニングでしたね。

捉えの早い選手、遅い選手でターン後半のラインが全然違う。

結局、どれだけターン前半に良いポジションでスキーをたわませられるかどうかで全然違ってくるし、日々ビデオを見ながら選手は自己分析に励んでもらいたいですね。


しかし、今日は寒かった・・・

正確には分からないけど、多分-12、13度、それで風が吹いてたから体感はもっと寒かった。

一昨日までが暖かかったから、そのギャップにやられました・・・

明日から、数日はもっと寒くなる予報みたいです。

厚着して頑張ろう!


今日の写真はこの一枚。

b0085469_19342627.jpg
by takenyo | 2013-11-24 19:35 | 中国の話 | Comments(0)

2013中国7日目・DAY OFF!

こっちに来て、初のお休み。

日程の関係で、第1クールを6日間トレーニングにしたので選手は皆お疲れモード、、


ここに来て、R-35スキーに苦戦してなかなか滑りが上手く行かない高校生がいます。

昨日の晩のこと、、

 「明日休みだけど、もう一回基本からフリーで滑るか?」

悩む高校生レーサー 「明日の朝の体調次第で行きたいです!」


どうせ、1日休んでても暇なので提案して、そう答えられました。


今朝のこと、、、

 「どうだ、体は!?」

悩む高校生レーサー 「やっぱりだいぶ体が疲れているんで、今日は休んどきます」


毎日のケアしっかりしてても、若くてもやっぱり体は正直、、

ここ数日、相当の負荷のトレーニングしているので、これが現実ですね。

その高校生含め、今日は完全休養で1日しっかり体を休めました。

明日は、早朝で金龍上部でのGSトレーニングです!


今日で、のぶさんグループが帰路につきました。

目に見える上達で、そうた&わたる大満足!

今シーズンの活躍を期待します。

のぶさん、そして皆さん本当にお疲れ様でした!

また、日本で、、

再見!
by takenyo | 2013-11-23 20:58 | 中国の話 | Comments(1)
夕食に、、、

ここのオーナーでもある、ローリーさんに誘われました。

豪華な料理に、中国のお酒「白酒」に、手厚い歓迎をして頂き感謝です。

おかげで、少々酔っ払いです、、(笑)


さて、1クール最終日の本日は威龍コースでのGSでした。

27旗門26ターン、昨日同様非常に硬く締まった雪で、最高のトレーニングが出来ましたね。

課題は明確ですが、なかなかこのタフなコースを攻略出来る選手は少なく、失敗例と多いのはやはり外足を軽くしてターンが終わらない(やめられない)選手、、、

どれだけ、ターン前半から力をかけられるかが大事ですね。

反復あるのみなので、前を向いて頑張ろう。

トレーニングバーン

b0085469_22101294.jpg



b0085469_22103697.jpg



選手の滑りをどうぞ

角田

b0085469_22113489.jpg



大輝

b0085469_22121973.jpg



太一

b0085469_2213392.jpg



最後にトレーニングバーンをバックに!

b0085469_2214218.jpg



明日はお休みです!
by takenyo | 2013-11-22 22:15 | 中国の話 | Comments(0)
コンディション良し!

万龍スキー場には、長い間足を運んでいますが、ここまで暖かい日が続くのも初めてかな。

暖かいと言っても、何枚も重ね着して用心して行っていますが、、、

バーンコンディションが良いので、本当にストレスなく、今日なんてSLやってても、ポールが緩んで抜けるなんてこと一回も無かったね。

ポール抜けるとか、ブロワー計っててタイムが取れないとか、無線が調子悪いとかが一番ストレス抱くし、そう言ったことないから完璧だね。


さて、本日は威龍コースでSLを。

あまりにのコンディションの良さに、ペースは早いと思ったが53旗門52ターンのセッティング、、、

ブロワーで計測したが、速い選手で46秒、、、


技術的には、ターンをいかにコンパクトに仕上げて、早いタイミングでエッジング出来るか。

結局、体が引けたりお尻が落ちる選手は、ゲート下でスキーを止める、いわゆるブレーキング要素の強い滑りになってたね。

頭で理解してても、休みどころのない中斜面で雪が速いので、表現するのは難しかったね・・

けど、前進あるのみで頑張りましょう。

この時期は、滑り込んで体に植え付けていかないとね。

最高のトレーニングになりました!


10時00分~12時30分のコマで、その後はフリーにさせたけど、選手皆ホテルに帰宅。

疲れているのね・・・

明日1日滑ってOFFです。


b0085469_18454341.jpg



b0085469_18463697.jpg
by takenyo | 2013-11-21 18:47 | 中国の話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo