<   2010年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

1ヶ月ぶりに・・

東京に戻って来ました!

12月の上旬ぶりなので約1ヶ月ぶりです。

所用を何件か済まして、明後日には長野に戻ります。

それにしても、東京は暖かいです・・・

今日は特別暖かいらしいが、長野から来ると同じ日本とは思えない暖かさにびっくりしますね。

と言うか、最近分かったことだけど、やはり俺は雪国育ちということもあって寒さには人一倍強いらしいです。。

では、では。。
by takenyo | 2010-01-19 23:24 | 日常の話 | Comments(0)

選考基準?

バンクーバーオリンピックの代表選手が決定しましたね。

結局、昨日のウェンゲンのレースまでの結果で、佐々木明選手と皆川賢太郎選手の2名がアルペン日本代表として出場することが決まりました。

湯浅選手、女子選手は選考基準を満たすことが出来ずに、今回のオリンピックは派遣見送りという残念な結果になりました。

悔やまれるし、ただただ残念で仕方がない。

SAJの選考基準である30位以内のスターティングリストに1人でも入っていれば3人の派遣だったが、結局のところその最優先基準に入る選手が出ずに今回の結果になってしまった。

元々を正せば、前回のスノーボードの惨敗を見たJOCが、今回のオリンピックから従来よりもより選考基準を絞ったとのことらしい・・

報道によると1月26日が最終であり、どんでん返しで追加派遣が可能であるとの含みも持たせているが実際は厳しいだろう・・

4年の1度のオリンピックにただ出場選手を増やせば良いという訳ではないが、せめてAチームの男子3人と女子1人ぐらいは出しても良いんじゃないかと思う。

頑張っても、枠が無ければ夢も希望も持てないし、モチベーションも上がらないから情熱を持続するのは難しいよね・・


湯浅のブログ、何だか痛々しいよ・・

彼ら、彼女らの気持ちを思うとただ2人の出場だけを手放しでは喜べない心境です。

一個人がこんなこと思っても話にならないが、今回のオリンピックは何だか寂しいオリンピックになりそうです・・

とは言っても、出場する2人の選手には是非頑張ってもらいたいものです。

頑張れ明&賢太郎!!
by takenyo | 2010-01-18 23:20 | スキーの話 | Comments(0)

決戦!

今日は・・

朝一から冷えていたので期待してバーンに行ったものの、ドリルを雪に差してみると昨日と変わらず何の抵抗感も無く穴が開きました。

うーん、どうもイマイチ硬くなりませんね・・

来週からは、どうやら小春日和という予報も出ているけど、一回暖かくなってもらった方が下地が出来るかな?

雪が多いのは喜ばしいことだけど、もう少し硬いバーンで滑り込みたいものです。。


さて、トレーニングの方はというと?

この2日間でだいぶ滑りに変化も見られる方が多いものの、まだまだタイミングが遅くポールを過ぎてから穴があいてしまいます。

エッジングのピークがターン後半という表れであって、もう少し早いタイミングからスキーに働きかけを行えなければなりません。

コース整備の時に、その辺も伝えながら色々レクチャーさせていただきました。

今後の軟雪対策にして欲しいですね!

2日間お疲れ様でした!

先週、今週と昨年同様にご一緒させて頂いたのぶさん本当にありがとうございます!!


今、Liveでウェンゲン見ています。

オリンピックの最終選考とも言われている重要な大会です。

2人か、3人かメディアでニュースになっているけど、是非日本枠で3人出れるように、今日の試合は本当に頑張ってもらいたいものです。

頑張れJAPAN!!
by takenyo | 2010-01-17 18:19 | スキーの話 | Comments(1)

大渋滞・・・

またしても・・

昨日の晩から降り続いた降雪で、軽く50センチオーバーの積雪です。

留まる事を知らないとはこの事でしょうか?

まったく凄い雪の量です。

来年のシーズンインに貯金したいと思うが、まあそうは上手く行かないですよねー(笑)

さて、そんな降雪の影響もあり、道路は脇の雪がせり出して狭い道が更に狭くなり、わだちは凄いことになるし、野沢は朝から入ってくる車と出て行く車がすれ違えずに大渋滞・・

先週同様に木島平に向かう俺は、抜け道を通り事なきを得たが、素直に待っていたら1時間じゃ利かなそうな状況でしたよ。

木島平に無事に着いて出発。

いつものポールバーンは、明らかに見た目で分かるほどに先週よりも雪が増していた。

相変わらず柔柔のバーンだったが、こまめに整備を入れながら1日頑張りました。


見ていて思うのは、ターン後半で内足が引っかかり前につんのめるように転倒する選手が多いこと。

外足の意識が薄いし、見てても肩や腰といったラインが下がってしまっているから、ターンから早く抜け出して行けていないんですよね。

早いタイミングでターンから抜け出し、重心を下に落として行かなければね。

明日も1日頑張ります!!
by takenyo | 2010-01-16 20:57 | スキーの話 | Comments(0)

インカレSL

47からいいもりへ、スキー場を変えてSLが行われた。

もう良いって言いたくなるほど凄まじい降雪は今日も続き、バーンはぼこぼこになることが予想された。

7時のリフトに乗り込みアップバーンに着き、インスペクション開始時刻(7時50分)までポールを張ったのだが、ここでもふかふかの新雪で思うように滑れなかったね・・

いいもりのコースは、スタートから右下がりの片斜面でスタートして、フォールラインが変わると共に今度は左下がりの片斜面という斜面構成。

試合が開始するとスタート順が早い有力選手は、力みからかスタート直後からリズムが取れずにいたり、途中からの早いリズム変化に対応出来ずに、第1シードはほぼ半数がアウトという波乱のスタート・・

その中でも、トップの東海大・岡本選手と中大・及川選手の安定感が際立ったね。

腰高で柔らかい雪面タッチで、狙ったラインを外れない。

攻めずにも合わせてくるだけで、十分の位置につける実力を持った選手でした。

その二人に1秒遅れてずらずらっと選手が並び、うちの選手では43番から14位に飛び込んだ一年の本間、20位の圭吾と並んだ。


2本目の本間は、見る限りその前に滑って来た誰よりも速かった!

多少前後にポジションはばらつくものの、リカバリーしながら常にスキーを下に向けて来た。

綺麗に滑ることよりも、泥臭く行くスタイルが見事にはまってて、かなりの期待感を抱く。



が・・・・・


終盤のヘアピンで、早いリズム変化に対応しきれず転倒・・・

久々に、暫く放心状態で回りの声が聞こえなかった・・

それぐらい悔しくて、悲しくて、残念でたまらなかった・・

たらればは無いが、あのまま数旗門我慢して完走してくれていれば、必ずやトップ10に入ったはず。(完全に負け惜しみですね・・)

惨敗!


優勝は2本目のラップタイムをマークして、トータルで2位に2秒もの大差をつけて圧勝した中大・及川選手でした。

GS2位、SGとSLは優勝と、大学レベルでは完全に頭一つ抜け出た実力ですね。


本間だけではないが、やはりうちの選手にはどこが自分に足りないかを気づいて欲しい。

昨日も書いたが、やはりリザルトを残さなければ・・

人に教えられるのではなくて、自分で気づいて欲しい。

頑張れ東洋大!!

b0085469_21502040.jpg
by takenyo | 2010-01-15 21:54 | スキーの話 | Comments(0)

インカレSG

47スキー場でのインカレSGでした!

大雪の為に開始時刻が当初よりも2時間近く遅れたが、案外バーンコンディションは良く、後のスタートの選手まで平等にチャンスがあったね。

優勝した中大・及川選手や、2位の専大・高澤選手は第1シード外の選手でした。

セットは普段俺が立てるものと、さして変わらない感じだったが、やはり勝敗を決したのは狙ったラインを外さないことだったり、急斜面を臆することなく縦に攻めきれた選手でしたね。

うちの選手は、第1シードに2人入るチャンスのある試合でしたが結果は伴わず・・

改めて、勝負の難しさを感じました。


人よりも勝りたいとは誰もが思うが、その気持ちを強く思って滑りに表現出来るかはまた別次元の問題。

けれど、難しいからこそ表現出来た選手は賞賛を浴びる。

強い奴が勝つんじゃないんだ!

やっぱり勝った奴が強い!

明日は死に物狂いでポイントを取りたい。。

b0085469_1949940.jpg
by takenyo | 2010-01-14 19:51 | スキーの話 | Comments(0)

聖地へ!

昨日の晩に白馬にやって来ました!

早速今日は、朝からトレーニングをやりに白馬乗鞍スキー場に行って来ました。

この白乗は、今でこそあまり行かなくはなったが、昔は俺のこの世界の師匠である関口さん(現スキークロスナショナルチームコーチ)のホームゲレンデで、学生の頃から良くお世話になったスキー場でして、めちゃめちゃ久しぶりでした。

相変わらず何とも言えないアットホーム感漂うスキー場(メインの方でないのもあるが・・)で、嫌いじゃないゲレンデです。。

スキー場の方に挨拶をして、当初の予定からもう1コース増やして、2コースを使用させて頂きました。

種目は、SGとSL。

b0085469_1958571.jpg



b0085469_19592911.jpg



本番の47スキー場のルート1コースを想定してセッティングして、午前中フルに調整を。

雪は決して硬くはないが、それほど予想していたよりも柔らかくもなかったので、丁度良い調整になったかなと思う。


今回のインカレ会場の47スキー場は、俺が現役の時(大学2、3年)の会場でもあるから、何だか思い入れがあるんだよね。

俺の場合良い思い出というよりも悔しい思い出が強いが、その時に舐めた苦酸があったからこそ4年の時の成績に繋がったと思うし、本当にインカレって言ったら47だよなーと今も思うんだよね。

結局今日は午前のトレーニングのみだったのでまだ会場には行けていないけど、明日行くのが今から楽しみですね。。

明日は午前にトレーニングして、午後からSGコースオープンです!
by takenyo | 2010-01-12 20:10 | スキーの話 | Comments(0)

3連休終了!

本日の木島平終了~

昨日までと打って変わって、最高の天気にコンディションの中でのトレーニングでした!

今年はシーズン序盤から大雪の毎日で十分の積雪量が確保出来たのは幸いだが、何だかんだ言っても早い時期の雨が下地を作ってきた昨年度までとは違い、どうしても下地が無いから掘れるのは仕方が無いですね・・

特にこの地域のスキー場は、どこもそんな感じじゃないかな?

まあ、特徴って言えば特徴ですが・・(笑)

溝が出来てからの滑り方、ラインを合わせる必要性、色んなことを確認しながらの今回のトレーニングでしたね!

少しずつ滑りが変わってきた方も多く、収穫ありの3連休だったかなと思います。。

b0085469_184589.jpg



来週もよろしくお願いします!!

さて、今日はこれから白馬に移動です。。

インカレに行ってまいります。。
by takenyo | 2010-01-11 18:46 | スキーの話 | Comments(0)

掘れ掘れ

正月よりも混むといわれている3連休が始まった!

野沢も朝から、わんさか県外ナンバーの車がやってきて道路は大渋滞でした・・

俺は、それを横目に見ながら木島平スキー場に向かいましたー

昨シーズンに、北竜湖に雪が無くなって以来だから久々です!
昨年同様に、ICIプロの先輩であるのぶさんにこの連休はご一緒させていただきます!!

来ているチームは、昨年同様に俺のメインバンクの三菱東京UFJスキー部さんと、ニュージーの盗難の際にお世話になった損保ジャパンスキー部さんです。

ポールバーンはいつものこちらです。

b0085469_18451588.jpg



綺麗に圧雪されていたのでテンションが上がったけど、予想通りに柔柔です・・

トレーニングが始まると1本滑るごとに醜く掘れて行くし、ラインで綺麗に掘れればまだ良いものの、一つ二つ三つって、いわゆる段々掘れの状態でしたね。

その状態(段々掘れ)になる理由は?

当然レベル差があるとエッジングのタイミングが違うので仕方が無いが、技術的にはやはりターゲットに真っ直ぐに入っていきなりマキシマムの形を取ろうとする。

マキシマムが10だったらそれに向けて1,2,3,4・・・・と流れでターンマキシマムを迎えなきゃいけないし、逆に今度はターンをやめていくのも9,8,7,6・・・と0(ニュートラル)まで戻す必要性があると思う。

*思っていることを文章で書くのが難しいので、伝わりにくい場合はすいません・・

ようは、動きを急激にするとどこかで必ず歪みが生まれる。

だから、運動をし続けることが重要ってことですね。

難しい状態だからこそ、プラスに考えて非常に良いトレーニングになると考えて欲しいものです。

綺麗なコースを滑れる選手は、試合の中でも一握りな訳ですから。。

集中力を切らさずに最後までやり遂げて本日は終了ー

明日も頑張ります!!
by takenyo | 2010-01-09 19:03 | スキーの話 | Comments(0)
昨日の神奈川に続いて、埼玉のインターハイ予選に行ってきました!

今シーズン初の菅平でもあったが、何より天気が今シーズン初めてってくらいの快晴で、バーンも最高のコンディションでしたね。

さすが菅平って感じでしたわ。

スタートからと、コース途中から

b0085469_214750.jpg



b0085469_2143133.jpg



埼玉の予選会は、見るのが初めてだったんだけど、参加している学生の少なさにビックリしてしまいました・・

ほとんど知っている顔だったしね・・(笑)

男子は、昨年度のインターハイチャンピオンの荻原選手が5秒差をつけての完勝だったね。

下から見ていると、エッジングの短さやラインの違いが歴然です。

一人だけ別次元の滑りでしたね。

女子は、期待の祐香は昨日のGS4位の悔しさをぶつけるべき挑んだ試合だったけど、昨年度のゴール前棄権が頭を過ぎって、攻め切れなかったみたいね。

今回は2位だったけど、本番での活躍を期待しよう。

舞も香保も、頑張ってたね。

まだまだ、上の選手と比べると技術の差は大きいけど、今の現状の力は出し切れたんじゃないかなと思う。

女子の選手を見ていて思うのは、エッジングのタイミングが全てポールを通過してからになっているかな。

だから、どうしても落下を止めているだけだし、スキーが決まって毎ターン横になるから、アルペン競技で一番必要な落ちてくる流れに欠ける。

もっとエッジングのタイミングを早めて、とにかくターンをコンパクトに仕上げないといけないね。

祐香&舞

b0085469_2113177.jpg



b0085469_21131331.jpg



明日からは、3日間連続で昨年度同様に木島平です!!
by takenyo | 2010-01-08 21:15 | スキーの話 | Comments(4)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo