<   2007年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

小毛無ゲレンデ

本日は真冬に逆戻りでした・・

朝から降り止まない雪の中、長坂ゴンドラ山頂駅(やまびこ駅)を降りるとすぐに右手にある、小毛無コースで、SLを張りました。

短いコースであるが、斜度も適度な中斜面ということで、かなり効率良くトレーニングが出来ちゃいましたよ。

本数にして、半日で余裕で10本以上かな?

表面は昨日今日の降雪の為に積もってはいたけど、それが掃けると下地は相変わらずハードパックされていました・・

それにしても、水無、湯峰ゲレンデといい、かなり今年の野沢は下地がしっかりしている。

何でだろうって考えたんだけど、原因の一つは暖かい日が続き、雪ではなく雨が多く降った事も挙げられるのかな??
雨が降って冷え込んで、固い層の下地が形成されて行ったんじゃないかなーなんて思ってはいるんだけど、実際のところはどうなんだろう?

まあ、なんにしても信州の豪雪地帯である野沢には珍しく、固くしまった好条件でトレーニング出来ているのが良いね。
(柔らかい雪は、トレーニングにならないって事ではないのであしからず・・)

野沢でのトレーニングも残すところ後1日!

その後は、菅平に移動して16日まで岩岳直前合宿を行います。

本日は写真は無しです。(撮り忘れました・・)
by takenyo | 2007-03-11 18:17 | スキーの話 | Comments(0)

湯峰ゲレンデ

全関西大会に土曜日が重なり、朝のゴンドラリフトは久々に待ちが出来ていた。

野沢のゴンドラは12人乗りと稼働率抜群の乗り物なので、待ちが多少出来てもたかがしれているが・・

昨日までトレーニングを行っていた水無ゲレンデは、全関出場の学生の為のトレーニングバーンに設定されている為に本日は使用出来ず、お隣の湯峰ゲレンデで本日はGSセットを張った。

ゴールデンウィークには良く使用するものの、シーズン中の使用は本当に久しぶりだった。

緩斜面のコースではあるが、22旗門、タイムにして35秒と結構長く張ることが出来た。

緩斜面でしかもコース幅も制限されていた為に、場所によっては本当に真っ直ぐになってしまったが、そのような簡単なコースほど実は難しいコースだと言える。

これは、前々から言ってきた「緩斜面は一番タイム差がつきやすい局面」と言う事に繋がる。

雪面に圧をかけ続けることや、動き(スキーや身体)をゆったり行うことは、緩斜面のタイムアップに直結すると思うし、もちろん後はラインも特に重要だね。

何より余裕があるんだから、一本一本ラインによる違いがどうタイムに反映されるのかを試したり、考えたトレーニングを要求したつもり。

まあ、選手によっては緩斜面って、「何やっていいか分からない?」って思うらしんだけど、俺にとってはだから色々試してやれって言いたくなっちゃうんだよねー(笑)

1日を無駄にしないためにも、しっかり考えたトレーニングを行わないとね。


トレーニングも終わり、またまた変更する明日の使用バーンにポールを移動して帰りのゴンドラに乗ろうとすると、朝なんて比べもんにならないぐらいめちゃめちゃ混んでた・・

少し昔に戻った感じだったけど、まあ今日で最後だろうなー(笑)

本日の使用バーン

b0085469_1921471.jpg
by takenyo | 2007-03-10 19:21 | スキーの話 | Comments(0)

ハードバーン!

朝起きると、ピーカン!

久々に今日は硫安の出番か?と思いながらも、今朝の冷え込みによるハードバーンに期待しながら山に登った。

コースに着くと、しっかりと圧雪されハードパックされたバーンが用意されていた。
(予想を裏切られ、超ラッキー!)

35ターンのSLセットをして、トレーニングを開始した。

全関西大会組がいたのもあり、昨日よりも人数的には増えて20人いたのだが、バーンが全然掘れず、荒れずに最高だった。

けど、こんな状況下だと雪面グリップ力は身体にかかる負荷となり蓄積されるから、かなり足に来る。
まあ、ずらさずにカービングで滑った場合のみだが・・

中斜面と緩斜面での意識の違いを、滑りの違いとして出して欲しかったんだけど、緩斜面でも上下動が大きすぎて、ターンが繋がらない選手が多かったかな・・

落下力が無い状況では、極力不必要な上下動を抑えて、トップからテールを長く使う意識で
スキーを走らせて欲しい。

それが出来るとタイムはぐっと縮める事が可能だからね。

結局午後までバーンが緩むことなく、最高の1日でした!


帰宅してニュースを見ると、今朝野沢で事故があったらしい・・

新潟の名門校である八海高校の先生が、選手を連れて白馬に向かう最中に車線をはみ出し
トラックと正面衝突したそうだ。

そして、運転手である先生は亡くなり、選手は重傷とのことだった。

そして、そして良く見るとその先生は俺の大学時代の同期だった。

直接的な面識はあまり無いが、日体大ということもあり名前も顔も知っている人物だった・・

事故というのは、辛く悲しい事である。
まして、それが知っている人だと尚更・・

心よりのご冥福をお祈りします。

下山最中に撮ったカンダハ(5月?)

b0085469_19211189.jpg
by takenyo | 2007-03-09 19:25 | スキーの話 | Comments(0)

撮影2日目

本日は、AMのみ昨日に引き続きSkierの撮影があった。

来期のGSのレギュレーション変更に伴い、27メートルのスキーが各メーカーから出てくるわけだが、そのスキーで色んなテーマのもとにフリーで表現するのがミッションだった。

しかし、カメラを構えられてやる事を忠実に表現する事って本当に難しい・・
俺は、ダメダメで自信喪失でした・・

けど、久々にフリーで半日も滑って、現実逃避しているようで少し楽しかったよ!

そして、そして午後は現実に逆戻り(笑)

いつもの水無コースで、AMから引き続いてのGSトレーニングだった。

毎日変化する選手の数を把握しきれていないんだけど、本日はえらい数が少なく(12名)効率が良かったよ。
バーンコンディションも固くしまっていて、ある意味野沢らしくないのが良かった(笑)

やっぱ今の世代のスキーヤーは、カービング世代なわけで、エッジを引っ掛けているだけで簡単にターンが出来ると錯覚しやすいんだけど、アイスバーンではそれだけでは通用しない。

何回も何十回も、重複した事を書いているんだど、とにかく言いたいのは・・

たわませろ!

しならせろ!

これだけなんです。。
トップからテールまでを、一つのターンの中で感じられる事が出来れば、スキーの挙動は押さえられるし、安定感が生まれると思うんだ。

斜面を出来るだけ縦に落下していくのがアルペンの基本だけど、その中で左右に振られたゲートに対してターンを繋いで行くためにも、たわませてしならせて反力を使って行けないとならないね。。

攻撃的な滑りを貫き通すためにも、絶対に必要な事なんです。

明日も、明後日も言い続けよっと!

本日の撮影での一コマ(出されたテーマを皆で真剣に聞いています)

b0085469_20561737.jpg
by takenyo | 2007-03-08 21:00 | スキーの話 | Comments(0)

Skierスキーテスト

本日は、山と渓谷社のSkierのスキーテストが行われた。

このスキーテストは毎年恒例となっており、俺にとっても最初のスキーテストである。

選手のトレーニングは和田に預け、水無のお隣のコースで、AMはGS7台、PMはSL7台のスキーをテストした。

今朝は、ありえないくらいに冷え込んだらしく(-15度)バーンコンディションは最高だった。
(昨日は何なの?って感じ・・)

スキーの台数分タイムを計りながら、ゴールして紙面とテープレコーダーにコメントを残した。

我がATOMICは、レーシングモデルの雑誌社へのスキーテストは今期は行わないと言う方針からスキーそのものが無かった。

今日あるメーカーの中で好フィーリングを得られたのは、ノルディカ。
GSモデルもSLモデルも、完成度が高いと感じた。

俺の持つ良いスキーの条件は、グリップしながら回るスキー。

その条件を一番満たしたのがノルディカであった。

正直、全然ポールを滑っていないので少々不安なスタートだったが、案外SLも無事に滑りきることが出来て、良いテストが出来たと思う。

是非、来期発売のSkierを購入してくださいね!

しかし、久々に真剣に滑った代償は大きく、とっても疲れました・・
足がぱんぱんです・・

単にトレーニング不足か、歳かも・・(笑)

まあ、そんな日でした。

b0085469_202223100.jpg
by takenyo | 2007-03-07 20:23 | スキーの話 | Comments(0)
少し早い更新です。。

本日は、全日本選手権GSを見る為に、朝一でやまびこコースに上がった。

ゴールエリアにて観戦しようとするものの、濃霧で見えるのは最後の旗門のみ・・
時折、数旗門上が見えるが明らかに選手には酷な状況だと思った。

しかし、その濃霧の中で試合が始まる。
有力選手がぞくぞくゴールしてくるが、もちろん滑りは見えない・・

20番を過ぎた時に中断のコールが。

長い中断になると思い、観戦はそこで諦めてトレーニング場に向かった。

やまびこ同様に濃い濃霧と、雪面コンディションは最悪だった。
表面はぱりっとしているものの中がぐさぐさで、まるでモナカ状態だった。

捉えてスキーに圧をかけると、グリップするどころか雪が動く・・
そして、スキーの返りがもらえない・・

難しいコンディションだった。

しかし、少し滑ると下地が出てきた。
荒れているものの、適度に引っ掛る雪で多少は滑れるようになったかな?

結局1日そんな感じの中で、トレーニングしたよ。

まあ、自然相手のスポーツだからこればっかしは仕方が無い事だけど、明日は何とか回復してもらいたいね。

そうそう、結局全日本選手権はあのまま中断がキャンセルになったよう。

うちに来ていた埼玉の高校生は、昨日今日のキャンセルで1戦も戦わずして帰路に着いた。
そんな選手は他にも沢山いると思うが、何とかモチベーションを保ち、後日行われる代替レースにて頑張ってもらいたい!

それと、昨日の雨は山麓コースのすべての雪を消し去りました・・(最悪です)
先週まで朝一で滑っていた日陰も無残な姿になっていたし、日影まで続く林道の雪が完全に無くなり、これで日影まで車で行けるようになりました。(嬉しいやら、悲しいやら・・)

そんな、道に雪が無い状態で活躍のアイテムを最後にご紹介!
ウォーキーズっていう、ソール面の保護の為の物です。

b0085469_1656942.jpg
by takenyo | 2007-03-06 17:05 | スキーの話 | Comments(2)
嫌な予感が的中した・・

ありえない強風に、ゴンドラばかりか全リフトが運休となり、あっさり8時の段階で本日のレストが決定した・・

本日から行われる全日本選手権も、同様にキャンセルとなった。

それにしても凄い風でしたよ・・

ゴンドラで働いている友達に電話をすると、風速30メートルだって・・
そりゃあ、ゴンドラばかりじゃなくて、リフトまで運休になるね。

こんな日は、思い切って休み。
以上!って感じだね。。

まあ、選手は滑れないから悔しいだろうけど、俺は1月25日以来の休みだったので密かに嬉しかったかな。。(すいません)

午前は完全まったりモードで、午後は気分転換に久々にスロットを打ちに行ったよ。

がっつし負けてしまい(しょげたけど)、それなりに心身共にリフレッシュしました。

さて、明日の天気はどうなる事やら・・

久々に北竜湖に行ったものの、すでにこんな悲惨な状態になってたよ・・
完全にまた来年だね。

b0085469_2195592.jpg
by takenyo | 2007-03-05 21:10 | 日常の話 | Comments(2)

足利クラブ対抗戦

週末に足利スキー協会クラブ対抗戦の為に、群馬のかたしなに行って来ました!

先月の足利市民選に続いてのイベントで、かれこれこのイベントに関わらせてもらって4~5年?は経つかな。

土曜日は朝8時に集合と言う事で、野沢を5時に出発をした。

前日に学生の飲み会に参加した事もあり、めちゃめちゃ眠くて、道中は睡魔と闘いながらの運転でした・・(笑)

無事にかたしなに着き、そのまま土曜日は大会前日キャンプを行った。

今回はSLと言う事で、いつもの正面バーンにセットを始めると、予想以上に雪が無い・・

かたしなも厳しい状態なんだなーなんて思いながらも、がんがん土に穴を開けてみるものの、あまりにもの負荷がドリルにかかるので、本体から煙が吹いてきたよ・・

まあ、そんなプチトラブルもありながらも、何とかセットを完了していざトレーニングに!

それにしても、足利の人は相変わらず滑る、滑る・・・

休み無しですよ・・・

仲間とのトレーニングを本当に純粋に楽しんでいる。
ライバル心むき出しで、タイムを比較しながら常に本気です(笑)

久しぶりの足利のレーサーのパワーに押されながらも、何とか土曜日は終了した。

そして、本日は恒例のクラブ対抗戦が同一コースで行われた。

前日に引き続き快晴の元で最高だったんだけど、気温がなんとびっくり15度!(ありえます?)

さすがにバーンは緩み放題で、雪面コンディションはいまいちだったけど、何とか硫安を撒く事によって、大会自体は大成功で終わりました!

計測の方で毎年迷惑をかけているので、本当に良かったです。。

足利スキー協会の皆様、今シーズンも本当にお世話になりました!
また、来シーズンにお会いしましょう!


そうそう、かたしなと言えば、スキーキャンプ副校長の高塚仁央君にも会って来ましたよー

俺の手土産(TAU T-シャツ)をプレゼントして、色々と情報交換をしたけど、相変わらず自分の居場所で頑張っているようでした。。

お互いこれからも頑張って行こう!

本日の大会ショット&閉会式&高塚と

b0085469_23331983.jpg



b0085469_23335061.jpg



b0085469_23341645.jpg
by takenyo | 2007-03-04 23:36 | スキーの話 | Comments(2)
最高の天気に、最高のコンディションの中、充実したトレーニングを行うことが出来た。

言い方は悪いが、野沢でこれほどのバーンコンディションに恵まれるとは事前の段階では思えなかったけど、本当に素晴らしい!

昨日同様に、GS、SLと1セットずつ立てて、選手を振り分けてトレーニングを行った。

何人滑ってもバーンが荒れないし、当然ポールも抜けない。

久々にストレスを感じなく、気分も上々だったよ(笑)

午前を終えた段階で、ジャパンシリーズを見に行こうとも考えたけど、そんな気はどこ行きで、午後もがんがんやらせてもらった。

俺は終日SLを見たんだけど、セットが大きい方がやっぱり選手の動きは良いね。
13メートルの規定ギリギリで、もちろんスピードは出るけど、緩斜面はぐいぐいスキーを走らせてた奴が多かった。

雪面とコンタクトした状態で、ターンを繋げていく事が出来ると、見た目も速さがある。

良い意味で、何か感触を掴んだかな?

GSは和田にやってもらったんだけど、AMは細かめで、PMは大きめでメリハリのあるセットだった。
まあ、こっちは完全にまかせっきりだったんだけど、SL同様に良いトレーニングになったと思う。

一応、今週は一区切りついたんで、俺は明日から群馬のかたしなに行ってきやす!
恒例の足利クラブ対抗戦の為です。。

野沢での残留組みは、引き続き和田に任せてトレーニング続行です。

明日は、朝5時前には出なきゃだから早く今夜は寝ます・・

では、良い週末を!

一区切りと言う事で。(写っていない選手はごめんなさい・・)

b0085469_193586.jpg
by takenyo | 2007-03-02 19:04 | スキーの話 | Comments(0)

いよいよ3月投入!?

気がついたら2月が終わり、今日から3月だ・・

最近、日にち感覚や曜日感覚が全然無く、本当に気づいたらって感じ。

休みも全然取ってないなーなんて思ったけど、不思議に体は元気だ。
もちろん疲れて無くは無いけど、調子が悪い事も無い。

きっと、毎日の些細な体調管理(手洗い、うがい)が効いているのだろう。

考えれば、具合を悪くしている暇は無い。

充電期間?

そんな期間を取っているほど暇じゃない・・
無気力に過ごしてはならないと言う使命感からか、とにかく1日、1日を大切に確実にやっていく事が今月も変わらないテーマだね。。

と、一方的に熱いんだか、訳の分からない文に冒頭からなってしまったけど、とにかく3月も頑張るぜ!って言いたかっただけなんです・・(笑)


さて、さて本日はSLを久々やりましたよー

人数も昨日よりもまた増えたんで、2セット立てちゃいました。(本当は1セットなのに、勝手に・・)

1セットは、35ターンぐらいの実戦セットで13人ぐらい。

斜面変化の部分にヘアピンを立てたんだけど、その処理でてこずってた選手が多かった。
斜面変化やリズム変化等のポイントは、インスペクションでしっかり見抜いて、その場に行っての対応ではなく、事前の準備が必要だね。。

もう1セットは、コリドール(廊下)で規制して中のスペースで色んなバリエーションをやった。
しかもその続きで、20本縦に徐々にインターバルを短くしていったストレートポールを・・

こっちは基本組の学生15人ぐらいで、皆がかなり苦戦していた。
頭で理解していても、なかなか素早く早く動かせないもどかしさを感じたみたい・・

SLはとにかく多く滑ったもん勝ちみたいなところがあるから、焦んないで根気強くトレーニングしなきゃならないね。

まあ、とにかく選手は今日は疲れた日になったんじゃないかなー

そうそう、明日からいよいよ日本最高峰のジャパンシリーズが、やまびこAコースで行われる。
少しでも見に行こうと考えております・・(多分)

写真は、スタートから

b0085469_18542624.jpg
by takenyo | 2007-03-01 18:56 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo