<   2007年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

冬に逆戻り?

昨日の晩から降り続いていた雨は、朝になると雪に変わってた。

久々の寒い朝で、一気に冬に逆戻りした感じだったよ。
スキー場には、少し雪が積もってくれていると良いなーなんて、淡い期待を抱きながらスキー場に向かった。

すずめの涙程度は積もっていたけど、それよりも嬉しかった事は、昨日の晩の雨で湿った表面が今朝の冷え込みでアイスバーンになっていた事だった。

野沢と言うと、豪雪地帯で「柔らかい雪質」が特徴であるが、菅平並に固くしまったバーンにトレーニング効率も久々に上がったよ。

積もった雪が排除しきれず、アンダーラインに溜まっていたので、ラインを少し外すと外足が取られるような状況だったので、ラインには結構気をつけさせた。

午前中は雄大の弟で、日大体育会の3年生である上野岳光がトレーニングを一緒にさせてくれと言う事もあり、良いお手本が出来た。
2年前にナショナルチームに所属していて、現在もバリバリのレーサーであり、明後日からのコンチネンタル(ジャパンシリーズ)の調整と言う事で来た。

やっぱり、北海道での徹也や土井ちゃんも含め、現役のトップレーサーの滑りを生で見ることによって視覚的な部分から得られる事も多いと思う。

良い時間帯になったね。

明後日からの大会は、学生たちを連れて皆で半日だけでも見学に行こうっと!

写真は、上野岳光(SKIは、フォルクル)

b0085469_17444459.jpg
by takenyo | 2007-02-28 17:45 | スキーの話 | Comments(3)

フリーの重要性

本日のスタートは、野沢のメインゲレンデである日影ゲレンデでのフリートレーニングからだった。

日影ゲレンデは、上部から下部まで一定の斜度(中斜面)で横幅も広く、色々なことを試すベストな場所だと思う。

しかし、固くしまってはいるものの、朝一に圧雪車をかけたのか、少しころころが出ていてエッジがいまいち掛かりにくい状態ではあったが、良い時間帯になったかな。

やはり、技術の構築にはフリーは欠かせないものだし、フリーで出来ない事を規制された中で出来るはずが無い。
自身で考えて表現出来るようにすることが、まずは技術の習得と言う観点からは大事だと思う。

1時間弱滑って、長坂ゴンドラ(野沢で最長の12人乗り)で中間駅に位置する水無ゲレンデに向かった。

出だしは中斜面で、その後に緩斜面に繋がるコースで、今後開かれる野沢の各大会コースにも設定されている。

昨日も書いたけど、ここは普段(平日)であれば経費削減の為にリフトは運休されている。

ただし、今年に限ってはカンダハが雪不足の為に閉鎖されている関係もあり、昨日から動き出した。

俺にとっては大変ラッキーな事であり、今後の野沢でのトレーニングのメインコースになる。

午前をこなし、昼食は昨日同様にパラダイスゲレンデにある「レストランぶな」に行った。

ここは、雄大の実家が営んでいるレストランで、毎日ここで決められた時間帯に皆一斉に昼食を取れるように事前にお願いをしてある。

そして、午後もトレーニングをして本日は終了。

今日からがーんと人数が増えた。
しかも、和田が成績発表とかで一回埼玉に帰っているので、コーチは俺一人なんです・・

明日の夜には戻ってくる予定なので、明日1日は一人。

頑張るぞー!

水無ゲレンデ&久々の雄大とのショット(たまたま、ぶなにいた)

b0085469_19365195.jpg



b0085469_1929968.jpg
by takenyo | 2007-02-27 19:37 | スキーの話 | Comments(0)
野沢でのトレーニングが始まった。

野沢に生まれ、野沢で育った人間なのに、野沢温泉スキー場でこうして学生のトレーニングを行うのは、まだ俺が北竜湖をベースに活動を行っていなかった5年ぐらい前ぶりであり、本当に久しぶりである。

野沢に上がり、カンダハを見上げると、もうほとんど雪が残って無かった・・

少し前まで全中を行っていたバーンとは到底思えなかったし、まだ3月に差し掛かっていないこの時期と考えると寂しさがこみ上げてきたよ・・

けど、今年の暖冬から考えると致し方ないのかな?

スキーセンターで受付を済まし、ゴンドラに乗り込んで上の平に向かった。

先日の4大戦で使用したパラダイスゲレンデが、本日のトレーニングバーン。

しかし、せっかくの野沢と言う事と、今日が初日と言う事もあり、荷物だけ置いて午前は色んなバーンでフリーをすることにした。

今週末から開かれる、コンチネンタル(ジャパンシリーズ)の使用バーンであるやまびこAコースに行きフリーをした。

テーマを与え、基本的な部分から意識付けを行った。

昼食を挟み、午後からはGSトレーニング

パラ4は緩斜面なだけに、クローチングフォームの習得にはうってつけのバーンであることから、「スタートダッシュ以外は全部クローチング」という注文を選手につけた。

落下力が弱い緩斜面では、クローチング姿勢は空気抵抗を抑えられるメリットはあるが、各関節の動きが制限され動きにくくなるデメリットもある。

ベンディング主体のスキー操作では、不必要な上下動を抑えて、足裏や雪面に近い部分の意識が重要で、スキーの動きが止まらないことはもちろんだが、体の動きも素早くといった感じではなく、ゆったりと丁寧に行う。

アルペン競技で、恐怖感が無い簡単な設定ほど、実は難しくタイム差がつくのである。
もちろん、イコールで繋げているのは緩斜面であるが・・

まずまずの初日になったよ。

そして、帰り際に朗報が!

明日から、水無ゲレンデが使用できることになった。

このバーンは、中斜面から緩斜面になる結構良いバーンで、もともとここを希望していたのだが、平日はリフトが止まることからパラ4に移った経緯がある。

しかし、カンダハが使用不可になった為に、トレーニングバーンが足りなくなり急遽平日も動かし始めたということだった。

俺にしたら、ラッキー!である。

と言う事で、明日から水無でのトレーニングです。。

野沢の山頂からみた風景

b0085469_22352558.jpg
by takenyo | 2007-02-26 22:37 | スキーの話 | Comments(0)

菅平シリーズ終了

2日もネットの環境に恵まれず、ブログをさぼってしまいました・・・(反省)

何で、今日は少々長くなります。(あしからず)

金曜日で学生合宿を終え、週末はうち(ICI)の恒例の大会であるアルペンカップが、大松ゲレンデにて行われた。

初日はGS。

朝リフトに乗りスタートに着くと強烈な風が・・
そして、最近では経験していなかったほどの風の冷たさ・・・(体感気温は、-20度?)

スタートテントの設営を試みるが、下から強烈に吹き荒れる突風に、シートどころか骨組みさえも飛んで行きそうな勢い。

まじ危ないので、シートを被せるのを作業途中で諦め、そのままセットに。

定刻になり前走が出る。

そして、ゼッケン1番の選手が出るが、時々吹き荒れる突風にレースの中断を余儀なくさせられる・・

スタートオペレーターをしているうちの社員も吹き荒れる風に体の体温が奪われ、半分廃人状態に・・(スタートハウスのシートが無かった為に)

中断しながらも何とか1本目を終える頃には、蓄積された遅れが約1時間半。

そして、その後の天候の回復も見込めそうも無い為に、我々がジャッジしたのは2本目のキャンセルだった・・

天候が悪いなりにもバーン状態は良かった為に、納得出来ない選手もいたとは思うが、天候不良はもとより、時間的な問題でも2本レースの成立は厳しいと判断した。

今回の競技委員長を務めさせてもらった自分も含め、我々の判断に迷いは無かったが、残念だったのはその後に天候は回復したこと。

ただ、午前中の天候は間違いなく今期で一番の悪天候だったし、2本目をどうするかをスタッフで話し合った時の一瞬は間違いなくやばい状況だったので、天気が回復した事自体は結果論で仕方が無い事だけど・・

そして、本日はSL。

昨日の天候はどこ行き、最高の大会日和!

綺麗に圧雪されたピステにセッターの俺もテンションは上げ上げに。。
皆が気持ちよく滑れるように、比較的大き目のセットをした。

レースが始まり、10人・・20人・・50人・・100人滑るが、バーンは荒れるどころか磨かれて、青氷が!

エッジがかかる雪で、スキーの返りも出るので、選手は気持ち良さそうに滑っていたよ。

リザルトは後日、ICIのホームページ上でアップされるのでお楽しみに!

そんなんで、終わってた土曜日に、最高の日曜日と、両極端な週末でした・・(笑)


帰りにまるみ山荘に行き、アメアスポーツの茂雄さんと会い、来期のスキーのお話を。

実は明日に、来期のレースモデル(選手用)のスキーテストがある。(本日と同様大松で)
俺も含めて5人(契約プロ)の為だけに、まだ日本に数本しかないスキーを菅平に持ってきてもらったのだが、俺はスケジュールの変更がきかずキャンセルにしてもらった。

何とか来てくれないかと言う打診も頂いたし、行きたいのはやまやまだが、明日(もう今日?)からの一週間は北竜湖が出来ない為に、野沢でトレーニングを行う初日なので、残念ながら断らせてもらった・・

と言う事で、今は菅平から野沢に戻った。

明日から、野沢シリーズが始まります。。
頑張るぞー!!!

写真は、初日の荒れ狂ったGSと、本日の好コンディションのSLレース
なんだこの違いって感じじゃない?(笑)

b0085469_23383087.jpg



b0085469_23385221.jpg
by takenyo | 2007-02-25 23:47 | スキーの話 | Comments(2)

マニアな話・・

ここに来て、毎日の晴天で顔が焼けた・・

菅平と言えど、日中は超暖かい。
そして、いつもはハードパックされているバーンも午後には緩み始める。

まあ、まだ下地がしっかりしているだけ、ポールは抜けないのでましだが・・・

本日はSLトレーニングを行った。

俺らの仕事で一番厄介なのは、ポールの修復であると思っている。
そして、SLはポールの修復が多い種目なだけにとても疲れる。

だから、極力抜けにくい(根元がしっかりとした)と思われるLISKIを俺は愛用している。

ご存知LISKIは、俺が思うもっとも抜けない、よれないポールである。

当然抜けない、よれないって事は、それだけ仕事量が減るわけだから、無駄な労力を使わないでいられる。
だから、値段は少々高いがポールはLISKIで統一している。

が、この菅平では学生のポール(M'Sウィング)を半分使用している。
下地がしっかりしているから、抜けはしないんだけど、脱臼状態(根元からはずれる)になりやすく、その修復がこのブランドだけ妙に大変なんだ。

こんなにブランドによって違いがあるの?って、普通は思うかもしれないが、本当にあるんですよねー

一方的にマニアックな話ですんません・・・

トレーニングのことであんまり書くことが無かったんで、本日はこんな話でした(笑)

トレーニング終了後のつばくろ

b0085469_20584588.jpg
by takenyo | 2007-02-22 21:00 | スキーの話 | Comments(0)

規制種目の難しさ

昨日同様に、つばくろゲレンデにてGSトレーニングを行った。

まずは、フリーでバリエーショントレーニングを行い、ポジションチェックから。

中斜面と言う事もあり、比較的選手は気持ち的に余裕があったんじゃないかな?

規制されている中でも、フリーのイメージをそのまま表現できると良いんだけど、まだ難しいね・・
フリーは自分のタイミングでターンを始動できるけど、規制されている中だと、動きのタイミングが決められてくる。

セットの振り幅やインターバルに応じて動き始めないと、ライン的にもスムーズにトレースする事は難しい。

だけど、それが規制種目の難しさであって、面白さでもある。

斜面によっても、セットによっても、色んな滑りが出来る対応幅を選手には持ってもらいたいね。

明日は、SL。
頑張ろう!

最後にお知らせを。

今、宿のLANでネット接続できているんだけど、メールの送信だけが上手く出来ない状況・・
受信は出来るので、来たメールはチェックできているんだけど、返信が出来ない。
メールを送ってもらってる方が沢山いるんだけど、そんな状況で返信が出来ないんで、急ぎだったら電話でお願いします!

本当にすんません・・

また、今日も写真を撮り忘れた・・
by takenyo | 2007-02-21 23:26 | スキーの話 | Comments(0)

急斜面の洗礼・・

本日は、つばくろに行って来た。

噂では、他のスキー場に雪が無いだけに結構混んでいるとの情報があったのだが、行ってみるとがらがら・・

まあ、混んでいるよりはましなので、俺にとっては良い事ですが。

バーンはというとのっけから急斜面だった・・
まずは、足慣らしとばかりに中斜面から滑りたかったのだが、予約が急斜面で取られていたから仕方がなかった・・

やはりと言うか、予想していた通り皆びびっていた・・

恐怖心が先立ってしまう為に、重心をフォールラインに落とせない。
当然のようにコントロールが前半から出来ないので、オーバースピードになり、DF者続出・・

スピードを制御する為に、ターン前半にスキーを動かす事が必要だが、後傾ポジションになるとそれさえもままならない。

技術的な問題も大いにあるが、やはりこのような急斜面は滑り込んで斜面だったり、スピードに体的にも視覚的にも慣れていかないと、なかなか難しい。

頭では理解できても、体がなかなかついてこないって事は良くあることだしね。

ちなみに、明日は中斜面。

順序が逆だろって感じだけど、まあ仕方が無いね。。

写真は、宿泊している草笛山荘のロビー
(この宿は、とってもご飯がおいしくて快適な生活を送ってるよ!)

b0085469_20142718.jpg
by takenyo | 2007-02-20 20:15 | スキーの話 | Comments(0)

菅平初日

菅平にやってきた。

予想をはるかに超える好コンディション!

正直、びっくりした・・

地元が深刻な雪不足に悩まされているだけに、何でここだけ雪があるんだぃ?って言うひがみも入った複雑な心境だが・・

標高が高いし、降雪機を稼動させているから維持できているのであろうが、それにしても今年の暖冬で各スキー場が嘆いている中なので、羨ましい限りである。

白いスキー場

ドリルを差しても土が当たらないバーン

ゴーグルを必要とする、ほどよい寒気

最高です!!
と言うか、素晴らしい!

毎年なら、北竜湖もここに匹敵するバーンが用意されるはずなのに・・って、またまたひがみが出てしまう・・・(笑)

初日の本日は、つばくろゲレンデではなく、大松でのSLだった。

人数も本日に限って10人と少人数だったので、効率の良いトレーニングになったよ。

斜面は、中斜面から緩斜面に変わっていく単純な1枚バーンだったけど、表面の雪がどいてくると、パックされた下地が出てきて、全然荒れないし、ポールも抜けないし、本当に最高だったよ。

インターバルも13メートルぎりぎりでセッティングしたので、ある程度の余裕の中で自分の考えている動きが表現できたみたいで、選手は皆満足していた。

と言うか、自分に酔っていた奴が多かった(笑)

厳しく言っちゃうと、もっともっとスキーのたわみを引き出して欲しいんだけどね・・

まあ、まあ初日だし今日は良いかな。。

さて、明日は場所を変えてつばくろに行ってきやす!

b0085469_22351262.jpg
by takenyo | 2007-02-19 22:37 | スキーの話 | Comments(0)

最後の北竜湖?

本日で、ひとまず北竜湖でのトレーニングを終えた。

朝から大雨で雪もだいぶ消えてしまい、もしかすると本日で今シーズン最後になるかもしれないということもあり、荷物を全部持って帰ってきた。

また来週から北竜湖で出来る事を願っているが、今年の傾向からいって少し難しいかもしれない・・

奇跡よ、起こってくれ!

そんなんで、最後まで雨にやられてコンディションも良くなく午前で終え、昼は久々に新屋に焼鳥丼を食べて、午後はまったりしてたよ。

少しゆっくり出来たから、明日からまた菅平でがんばるぜぃ!

最後の北竜湖で!

b0085469_23373371.jpg
by takenyo | 2007-02-18 23:47 | スキーの話 | Comments(2)

決断の時、迫る?

1月終わりから突っ走ってきたけど、早いもので2月も中旬になってる。

トップシーズンの今、本当ならば雪の質、量共に最高に達しているはずなのに、今年は暖冬の影響で、早くもシーズン終わりに近づいている感がある・・

雪は降らねぇし、天気はあったまにくるほど毎日良いし、何なんだよ今年は?って感じ・・

野沢も全中が終わったと言っても、これからそれに比する大事な試合を3月に多く控えている。

ジャパンシリーズ、全日本選手権、全関西と、スキー場にとっても宿にとっても、大事な大事な試合をね。

雪が無い事は大ダメージであって、スキーで飯を食べていく者にとっては、死活問題の何ものでもない・・

たまに、俺も考えちゃうもん・・

3月に雪が無くなったら、バイト探そうかなーって(笑)

まあ、冗談でも言いたいぐらい心が折れそうにもなったりするけど、結局のところなるようにしかならないんであって、いくら願っても祈っても、現実は思いの方向に向かう保障は無いから、最近はある程度の覚悟を決めている。

北竜湖が駄目だったら、野沢に。
野沢で斜面的な部分で限界が来たら、他にってね・・

考えてみれば俺もここ数年は、野沢から出るって本当に2月3月はあんまり無くて、唯一長く出るのが来週から行く菅平ぐらい。

後は、スポットの単発の仕事だから、出るって感じじゃないし・

菅平はどうなのかなー

降雪機があるから、ある程度キープは出来ていると思うけど、やっぱ雪少ないのかなー

白いスキー場を見れて、ドリルを差して土に当たらなくて、ゴーグルが出来る天気だったら良いなー(笑)

毎年じゃ普通な事に、飢えている自分が最近いるよ・・

とりあえず、そんなんで来週1週間は菅平に行くので、明日で北竜湖は終わりになる。

明日も頑張るぞ!

最近の北竜湖は、中学生の修学旅行で混雑しています。。

b0085469_19491227.jpg
by takenyo | 2007-02-17 19:50 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo