<   2006年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

第2クール開始!

まずは、ほっとしたー!

昨日で、ようやく学生の合宿が終わった。
今年は、少し怪我人が多くて残念だったような気がするけど、全体を通して雪の少ない中でも
質の良いトレーニングが出来たような気がする。

本州が雪が無い!なんて聞いていたので、その中で滑り込めた学生は自信を持って欲しいね。

スタッフも、夏に引き続きの大瀧徹也に、毎年恒例の昇治さんと共にやったけど、信頼の出来る先輩に、信頼の出来る後輩と出来たのは本当に良かった。
こういう仲間って自分にとって財産だし、大切な関係として、これからも持続したいね。

シーズンは、まだまだ始まったばかり。
目標設定を明確にして、近づく為の挑戦を学生には望むね。

挑戦への出発は決意であり、挑戦への持続は情熱である。

これは、俺が今年早大シュプリンゲンの会報文として書かせてもらった文末の一行。
ちょっと格好つけすぎって思うでしょう?
その通りで、格好つけたんだよね(笑)

って、そんな事はどうでも良いんだけど、この精神で頑張って欲しいね!
焦らず、段階を追って、少しずつ階段を上がって行けば、その先にはきっと明るい・・・ってね。。

あー、今日は何かかなりこんな格好つけの言葉がさらさら出てくるわ(笑)


さて、さて今日から第2クールが始まりましたよ。

残った学生に、新しく来た社会人を含めて、恒例の年末年始キャンプです!
最終は1月5日。

昨日までの悪条件とは、うって変わって、本日は上質のバーンコンディションで良かった。
パープルで、21旗門。
タイムにして、40秒ぐらい。

この調子で、まだまだ行くぜぃ!

では、本日の写真は、またも文章に関係なし(笑) ←こういうの多いよね・・
いつも、ブログを更新しているクラッセのロビー。(実は、写真が無くて今取ったもの)

b0085469_19113528.jpg
by takenyo | 2006-12-30 19:14 | スキーの話 | Comments(0)
昨日は、この時期の北海道としてはありえない大雨だった・・

しかし、前日のATOMIC CUPの日だったらと思うと冷や汗もんだったよ。
3年連続で、悪天候なんてね・・

トレーニングの方はと言うと、午前のみで切り上げた。
それでも、午前中12時すぎぐらいまでびちょびちょになりながらも、過酷な条件の中で選手は本当に頑張ったと思う。

午後は完全OFF。

朝里に来て初めてじゃないかなって思うほど、ゆっくりしたよ・・
たまには、こんな日もないと続かないし、俺にも良い休養日になったかな。

で、夜はスキー場の人とDoingのスタッフとで小樽で夕食を食べた。

感想は、本当に美味しかった!
こう言う他ないし、贅沢な時間を過ごせたから疲れも吹っ飛んだよ。
だけど、少々調子に乗ってしまい酒の方も進んだので、最後はぐてぐてになったよ・・(笑)

それで、今日の話。

朝、バーンに着くと全然圧雪が入っていないではないか!
雪も湿っていて、重い・・・
これは、このままでトレーニングを開始したら絶対怪我人が出るって判断した俺は、即スキー場の人に電話を入れた。(雪上車での圧雪依頼)

程なくして、回答が来る・・

「上野さん、日中に雪上車を入れるのは厳しいです・・」

冷静に俺は・・

「これじゃあ、このままやっても怪我人が出ますよ。大体、入れてもらわなきゃ困ります。最大限の妥協は、午前中はフリーで何とか繋げるから、午後には完璧な状態でやらせてください。」

パトロールは、色々と電話で確認を取りながらも最後に・・

「分かりました。即、雪上車を調達します!」

大体にして、踏んでいないこと自体が問題と思いつつも、学生にこの日のスケジュールを伝えて、フリーに向かわせた。

そして、午後からはSLのポールトレーニングだったわけだが、雪質が最悪。
表面は粗目雪で、中が柔らかくて、われるし掘れが凄い事になった・・

条件はけっして良いとは言えないものの、何とか3時過ぎぐらいまでトレーニングをして終了。

はぁー、この2日間は何かと精神的に疲れましたよ・・

写真は、昨日の小樽での夕食(Doing村田さんと)、今日のSLトレーニング

b0085469_23571658.jpg



b0085469_23563470.jpg
by takenyo | 2006-12-29 00:02 | スキーの話 | Comments(0)

ATOMIC CUP!

本日は、恒例の今合宿締めのイベントである、第3回ATOMIC CUPが行われた。

この大会の前身は、「朝里CUP」と名をうって行われていた単なるタイムレースであった。
それが、3年前に俺がATOMICにマテリアルチェンジするタイミングで、今回もお世話になっている名古屋のDoingの村田さん(同じATOMICを履くプロ)と、何か一緒にやりたいねって話から企画が始まった。

せっかく同じブランドを履く同士なので、冠をつけてやろうということになり、アメア(ATOMIC)に企画を持ち出した。

アメアには、俺のスキーの良き理解者でもあり、お世話になっている田村茂雄さんがいるから、話はとんとん拍子に進んだ。
ちょうどその時に茂雄さんが、「ジュニアの大会もやろうか!」とう話になり、ジュニア大会との併用での今大会が企画され、そして実現する運びとなった。

「ATOMIC Jr CUP」

ご存知だと思うが、全国12会場行われる今年で3年目になる企画である。
各地区の上位入賞者を、3月末に本州は菅平、北海道は富良野に集め、そこの男女優勝者を
夏の「木村公宣ニュージーランドキャンプ」にご招待と言う、とても魅力の詰まった夢のある大会である。

ちなみに、1年目はバルディゼール(FRA)で行われたFIS大会に招待。
そして、昨年からニュージーとなったのだが、俺は2年立て続けにこの企画の優勝者を引率した。(今年は、公宣さんと徹也と一緒)

この夢のある企画に、毎年多くの小学生が参加してくれるのだが、この大会のスタートも実は3年前のこの朝里の地なのである。

俺のATOMICチェンジがあったからスタートしたわけではないが、その時に俺と村田さんと茂雄さんが、共に同じ方向を向いていなかったら、もしかしたら今の朝里の形やジュニアカップの形は無かったかもしれない・・・

まあ、一つのきっかけになったことだけは確かだし、色んな意味で3年前にこの企画を発案してよかったなーって思うんだ。

メインはジュニア大会なんだけど、この朝里だけは一般の部も作ってもらってやっていることもあんまり知られていないような気がするけど、ここに来ている学生は、少なからず楽しみにもしてくれているし、恒例の大会って思ってくれているのが、何より嬉しいね。

だからこそ、良い大会にしなきゃって思って今年も頑張ったよ!

雪は相変わらず例年よりも少ないけど、それでもメインのレッドコースを使用して大会は行われた。
昨年に引き続き前走者には、ATOMICファクトリーチームのそうそうたる面々が集結して大会を盛り上げてくれた。
昨年は悪天候(猛吹雪)だったけど、今年は天候にも恵まれた。

なにより、最高のスタッフと最高の参加者に恵まれ、最高に楽しい大会が出来たから本当に良い1日だったよ。

そんな大会風景(初の3枚)

b0085469_018662.jpg



b0085469_0163585.jpg



b0085469_017061.jpg
by takenyo | 2006-12-26 23:58 | スキーの話 | Comments(2)
昨日の、ミーティング後に「クリスマスジャンケン大会」となる新企画をやった。

ブログにも載せた4人(俺、雄大、徹也、昇治さん)の使用していたアイテムを集め、皆に大盤振る舞いをしたよ。
本当に買ったら高価なものや、非売品だったりして、ジャンケンの方も熱く燃えまくりましたよ・・

さすがに全員に行き渡る点数は無かったけど、もらった学生はまだまだ使用できるものなので、是非有効活用してもらいたいと思う。

そんなんで、かなり楽しい企画だったので、また来年もやろうと思ったよ。。

さて、今日はというと、天候ばっちりで、コンディションもばっちりで最高の1日だった。

完全にレベルに分けて、上級生を中心に上部でGS、下級生を中心に下部でGSと、明日のATOMICカップに向けて頑張っていたんじゃないかな。

そう、明日は恒例のATOMICカップなんですよねー

と言う事で、大体の学生はその大会に出て、次の日に帰るパターンがほとんどなので、実質一同に集めれるのはこれでラストかな・・・

そんな感じなので、みんなでの集合写真。

b0085469_2315346.jpg
by takenyo | 2006-12-25 23:14 | スキーの話 | Comments(0)

メリークリスマス!!

待ちに待った大雪が、とうとう来た!!
これって、サンタさんからのプレゼントかもって思うぐらいの大雪が!

はっきり言って、今日の朝起きて、「今日はポール出来ないかも・・」ってぐらいの勢い・・・
車に行き、積もった雪も尋常ではなくて、動かすまでに時間がかかったよ。

スキー場に着いて、駐車場に車を止めるのも、案の定除雪の為に時間がかかり、スタート悪し・・
けど、リフトは予想に反して定刻を少し過ぎたぐらいで動き始めたので、そこは良かったかな?

コースは、そりゃあ凄い事になってましたよ・・

セットをして整備に、1時間半もかかりました・・
今後の為にも恵みの雪なわけで嬉しいんだけど、一気に来過ぎだよねー
もっと、小出しに来てもらわないと(笑)

まあ、まあそんな事もあり、スタートは少々遅れたものの、午前の部で時間(12時半まで)もたっぷりあったので、本数的にはかなり行けたんじゃないかなーって思っている。

雪も柔らかい為、すぐに掘れてバンク状態になったけど、むしろコースが良いよりも大会の設定に近くて、これはこれで良いと思った。
綺麗なコースを滑れる選手なんて、ほんの一握りの選手であって、ほとんどの選手は悪化したコースを滑らなければならない。

時には、膝(腰)まで掘れてたりする状況が来るかもしれない。
だから、こんな日のトレーニングもプラスに考えれば、状況対応力や調整力を養う為には格好のトレーニングだと思う。

自分のイメージするラインで行けないときは、出来たバンクに合わせて、雪面とけんかしないように滑る事が重要だったりする。

そんな事で、学生には良い意味で為になった日じゃないかな。

写真は、朝の車ショット&俺、雄大、徹也、昇治さんとの豪華ショット!

b0085469_19431131.jpg



b0085469_19434183.jpg
by takenyo | 2006-12-24 19:46 | スキーの話 | Comments(0)

T-シャツ

久々に、猛吹雪っていう状態になった・・・

雪不足で困っているので嬉しいだけど、もう少し穏やかに降ってもらいたいほどの、横殴りで、しかも水分が多い雪だった。
けど、短時間の間で少しはましになったかなーって思っているが・・

さて、さて今日のトレーニングのことを。

数日前のミーティングで決定した通り、他の団体と半日交代でトレーニングバーンを使用した。
うちは、午後12時半からスキー場の終了時間まで、GS1レーンに、SL1レーンの予定。
しかし、死角のゾーンがあり、もったいないような感じがしたので、そこにもブラッシュマーカーでSLを張って、結局は3レーンの中で学生を振り分けてゲートトレーニングを行った。

あ、今日から朝里合宿の顔である、お馴染みの全日本ナショナルデモンストレーターである岸昇治さんがとうとう朝里に来た!
で、早速GSの方を担当してもらったんだけど、昇治さんがいると俺も凄い心強いんだ。
毎年のことだけど、何故か昇治さんが来るとほっとする・・(何でだろう?)

GSは昇治さん、SLは徹也に任せて、俺はと言うと1日、昨日着いた学生を相手にフリーをしていましたよ。

明日も、今日同様に半日のゲートトレーニングなんだけど、うちは午前の部。

朝は早い(8時)けど、頑張ります!

そう言えば、今年の俺のグループT-シャツが出来上がりました!
今年のカラーは全3色+ロンT。
これは、俺のチーム(会員)に入ってもらった人に配るT-シャツで、今年で早くも3年目!

デザインby上野雄大は昨年と変わらないけど、今年はそこに更に成蹊の千葉に助けてもらい今までの2作よりも、より良いものに仕上がった!

まあ、見た目スキーとは全然繋がらないような感じなんだけど、俺自身がそれを狙っている。
普通に着れて、普通にかっこいいT-シャツに仕上がったから大満足!!

そんな今年のT-シャツです。

b0085469_2331550.jpg



b0085469_23313281.jpg
by takenyo | 2006-12-23 23:34 | スキーの話 | Comments(0)

睡魔が・・

疲れました・・

今日は、ホテルに戻ってきて色々とやらなければならない事があり、やっと今終わりましたー
なんで、もう眠くて眠くてこのブログを書いていても目が閉じてきちゃいそうです・・

何をやっていたかと言うと、とうとう今期のTAU.NET T-シャツが届き、色々と仕分けをしたりしていたのと、後は26日に行われるATOMICカップのエントリーを確認したり、スタートリストの作成なんかをしていたんですよ。

この作業だけでも、とっても大変。

って、書きながらまた強烈な睡魔が襲ってきたので、今日はもう寝ます・・(すいません)

写真は、トレーニングバーンと毎年お世話になる仲間であるDoingの西さん(ちなみに、この日は西さん無しでは、語れなかった・・)

b0085469_1222541.jpg



b0085469_1231138.jpg
by takenyo | 2006-12-23 01:23 | どうでも良い話 | Comments(0)
少し早い更新です。

今日、トレーニング後に朝里に入っているチームのコーチで、今後のバーンの割り振りや、時間帯の確認などを話し合った。

本州も深刻な雪不足により、困っているとの情報が聞こえてくる。

朝里はと言うと、本州ほどの深刻さは無いものの、例年よりも状況はすこぶる悪いです・・
けど、おかしな事に上のパープルコースだけは、例年以上にコンディションが良い。
上部と下部で、そうも標高差的にはついていないように思えるが、なんでこんなに違うのって感じ?

昨日に引き続き、俺は下のイエローコースでのフリートレーニングだったんだけど、明らかに昨日よりも積雪量が減っている・・・
これは、昨日今日の気温の為だろうか?(とても、暖かいのだ)

受け入れたくない状況ではあるが、悲観的にもなっていられない。

この状況の中で、全チームが満足にトレーニングする方法を皆で話し合ったよ。
もちろん、理想論を言えばきりが無いので、大満足は得られないかもしれないが、この状況の中での満足を得る為の前向きなミーティングだった。

まずは、ゲートトレーニングを満足に行える場所は、現状上部のパープルコースだけと言う事を確認。
そして、そのパープルコースに張れる最大セット数を確認。(3セット)

各チームの、希望セット数は?

6セット。

無理じゃん・・・

まだ、今日のミーティングは行われていない為、学生に伝える前にブログに書いちゃうのだが、明後日からは時間制でまわしていく事が決定しました。

うちのチームは、3レーンはほしいところ、妥協して2レーンにしました。

他のチームの事もあるし、理想論(3レーン)を押し付けるのは、ただの自己中になるからね。

こんな年もある。
そう思って、前向きに明日からまたトレーニングに励みたいと思う。

俺って、こんな隠したいことをストレートにここに書くから、「不安」に思う人が結構いるらしいけど、現実は現実で伝えていきたいし、隠すように遠慮しながら書くようになったら、ブログをやめますんでね・・(うそじゃないよ)

いつでもストレートに、思うがまま書いて行きたいと思うよ。
と言う事で、ちょっと気持が沈むような感じだけど、俺は全然前向きに考えているし、出来る事を確実にやっていくことが、学生への最大限への努力だね。

あ、ちなみに今週末は雪マークがいっぱい出ていました。(当たると良いな!)

全然、話には関係無いけど、クラッセのチューンルーム。

b0085469_18252687.jpg
by takenyo | 2006-12-21 18:32 | スキーの話 | Comments(0)
今日は、因縁の対決である亀田×ランダエラを見てて、更新が遅くなりました・・

それにしても、結果は・・・
注目の一戦だっただけに、ほとんどの人が結果については知っていると思うが、俺的に言わせてもらえれば、KOしてほしかった・・(皆、思っているかな?)

まあ、まあ何はともあれ勝ったから良いかー(笑)

夏の一戦の時もそうだったんだけど、こんなネタをブログに書いてしまう事自体、どこまでボクシング好きなんだよって思われるけど、まじに大好きです。(はぃ・)

さて、そんな話はさて置きトレーニングの話を。

俺は、昨日に朝里に到着した学生のフリーを担当した。(ちなみに、もう1班はGS)
レベルがばらばらで大変な面はあったけど、そこそこ滑り込めたし、何より今日は雪が程よく締まっていて良かったね。
噛んでくれる雪って、本当にトレーニングになるからね。

そんな好条件の中、低速から含めて、色々と基本トレーニングのバリエーションをやったよ。

考えたら、今日の学生ってもちろん今日が始めてのトレーニングなんだけど、俺からしてみたらまったく同じ事を、もう3回かな?
毎回の事だけど、来る学生に同じ事を伝え続けるって、結構しんどいよ・・
しんどいって、ちょっと意味合いが分かりにくいかもしんないけど、ずばり飽きます。(笑)
まあ、飽きるのは俺だけだから学生には関係ないことだけど・・

だから、この仕事ってある意味忍耐力も必要って思うよ。
ちなみに、飽きるだけで嫌ではないから、好きで続けているんだけどね・・(笑)

明日もまた今日来た学生相手に、今日同様にフリーだからしっかり気合入れなきゃ!
頑張りまーす。。

b0085469_2321245.jpg
by takenyo | 2006-12-20 23:34 | スキーの話 | Comments(0)
昨日は、無線の調子が悪く更新が出来ませんでした・・(すいません)

さて、更新を怠っている昨日は、一晩に30センチほどの降雪があり、少しはスキー場がましになってきましたよ。
けど、もっと連続して降ってもらいたいものだが、いかんせん断続的なんで、そこがちょっと・・
もっと、一気にどかーんと降って欲しいものだが、いかがでしょうか?(誰に聞いてるのか・・)

まあ、マイナスじゃないだけましなんで、贅沢言ってらんないけど・

それでも最初からの組は2日連続のポールトレーニングを行いましたよ。
パープルコースは、部分的には薄いものの、ほとんどストレス無く根元まで刺さるので、とっても良い状態です。(降ったばかりなので、ぶかぶかですが・・)

パープルコースは、出だしが急斜面で徐々に緩斜面になっていくコースで、上のスピードをいかに緩斜面に繋げられるかが勝負。

選手の滑りを見ていると、急斜面では斜めにスキーを追い越せない。
よって、ターン前半で踵重心になり、どうしてもゲートの下まで落ちてスキーを横にするという悪循環が出ていました・・

2日目だし、仕方が無いと言えばそれまでですが・・

けど、外腰を開いて外向の形で入ってくるのが、直った選手が多いのが救いです。
だいぶ、シンプルな軸を取れるようになってきたんじゃないかなって思う。


でも、でも、それにもまして緩斜面がひどすぎる・・・

と言うか、緩斜面でゲートに当たりに行こうとして、内倒する選手の多いこと・・
なんでよ??
もっと、雪面に張り付かせて重く、重くターンを連続させていけないかなー・・

見本に一発、徹也に滑ってもらったんだけど、やはり流して滑っても素晴らしいものがあるね。
さすが、日本を代表するジャイアントスラローマーだっただけある。

塊で動いて、塊で面に働きかけてくるから、動きが止まんないし、スキーもスムーズに滑ってる・・(緩斜面ね)

こういう見本は、絶対に必要だなって再確認したよ。

まあ、明日も引き続きだし頑張ってもらいたいものです。。

俺は、今日はポール班だったけど、明日はまたフリー班に逆戻りです。
今日から入ってきた選手を中心に、また基本から徹底的にやります!

では、本日のトレーニングショット!!!
(いつも、俺がブログを書いているとチラ見する、一橋キャプテンさとこ)

b0085469_21103545.jpg
by takenyo | 2006-12-19 21:18 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo