<   2006年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

賑わってきました!

土日と、志賀高原のSIA杉山スキースクールフェアもあった関係で、まじ混みましたよ!
いよいよこの時期が来たかーって感じです。。

この杉山スキースクールですが、SIAではもっとも大きな組織を持つ、お客さんも老若男女の数が半端じゃないマンモススキースクールなのです。

毎年、この時期にうちのお店でスキースクールフェアを開催してくれていて、いつもたくさんのお客さんが訪れ、担当の先生と久しぶりの再会を楽しんだり、マテリアルの相談をしているのです。
こう言うのって、本当に良いなーって思います。
だって、信頼関係があってこそ成り立つイベントだし、双方(先生とお客さん)が本当に楽しそうです!

俺も、こんな風に自分のところに集まってくれる人とは、今以上により良い関係を築き上げていかなければならないな!

もちろん、普通のお客さんも凄い来てくれて、お陰でくたくたです・・

写真は、そんな混んだ週末風景

b0085469_0464033.jpg
by takenyo | 2006-10-30 00:47 | 日常の話 | Comments(0)

開幕戦中止・・・

ワールドカップ開幕戦(ゾルデン)が中止になった・・・

楽しみにしていたスキーヤーも多いと思うけど、俺もその中の一人。
理由は雪不足と言うことだが、何か悲しい事だね・・・
開幕戦から、ボディのHEADチェンジや、ブラルドーネのATOMICチェンジの姿を見るのが楽しみにだったのに、本当に残念で仕方が無い。

これで、開幕戦がSL(フィンランド)になる可能性が大です!

まあ、それはそれで楽しみなんだけどね。
だって日本の誇る3人衆が、出場する唯一の種目だしね!
今年は、明でも賢太郎でも、はたまた湯浅でも良いから、日本人初優勝してほしいものです。


それにしても、地球の温暖化は実はものすごい勢いで進んでいるんじゃない?
ヨーロッパの氷河も、年々小さくなっていってるらしいし・・
日本も、何とか昨年は年末からの降雪でシーズンもったけど、今年はすでに「暖冬」予報が出ているしね。

困ったもんだ・・

俺らみたいなスキーを仕事にしているものにとっては、「雪が無い」=生活が・・・って感じだし。

頼むから、雪よ降って下さい!

って言うか、降れ!!!(笑)
by takenyo | 2006-10-28 00:15 | 日常の話 | Comments(0)

久々に

今日は、久々にお店を出て出かけてきました。

まず、午前中に渋谷に向かった。
ゴールドウィンに顔を出す為に向かったわけだが、相変わらず渋谷って街は賑やかです!
吐き気がしてくるぐらい・・・

なにやらハチ公前で鉄道のイベントをやっているらしく、テレビクルーがたくさんいた。
何をしているのか興味があったが時間も無い為、早足でゴールドウィンへ向かった。

今期の俺の着るメイトモデルなんかの説明を受けたり、来期のラインナップの事を聞いてきたりしました。

そして、昼には以前にも一回食べたゴールドウィンの社食へ。
ランチ定食をご馳走になったが、食事そのものよりも、なんかあの雰囲気が好きでたまらないのだ。

昼後も、色々とお話をしてゴールドウィンを後に・・

そして、向かった先は久々の慶応湘南藤沢高校!
今日は、トレーニングの為に来たけど、色々と近況も聞けたので良かったよ。
久々学生と、3キロ走って疲れたー

シーズンまであと少し、頑張れ!

そんなんで、久々に動いた1日でした。

写真は、ハチ公前の鉄道イベントです。(写真で分かるかな?この混雑・・)

b0085469_217519.jpg
by takenyo | 2006-10-27 02:21 | 日常の話 | Comments(0)

日本シリーズ!!

普段は、特別に興味が無いのだけど、日本シリーズって言うのは興奮するね!

今でこそ、あまり野球に興味がわかなくなったけど、昔は巨人の大ファンだった。
好きだった選手は、篠塚!(背番号6)
と言っても、大多数の人は知らないよね・・・

俺の実家(上野館)の常連さんに、巨人軍のトレーナーと仲が良かった人がいて、後楽園(東京ドーム)のチケットをもらって、よくゴールデンウィークに観戦しに行ってたっけなー
(懐かしい思い出・・)

けど、巨人好きの俺もなぜか帽子だけは、日本ハムだった・・
今と変わらぬ、オレンジカラーのね。
(昔の写真を見ると、ちゃんと写っているのだ)

だから、今回はその縁もあり日本ハムを応援しています!

新庄はこれで引退だし、何とか優勝して欲しいなーと思っていますが、どうなる事でしょうか?

出来たら、日本ハムを応援してください(笑)
by takenyo | 2006-10-25 00:07 | どうでも良い話 | Comments(2)

価値観の違いについて

今日は少し難い話です。

「価値観の違い」

いきなり唐突の話ではあるが、今までこんな事を人に感じた事は無いだろうか?
世の中には色んな考え方の人がいる。
自分の考えや、やり方に対して賛同(肯定)してくれる人もいれば、反発(否定)する人もいる。
けど、それが当たり前であって、だからこそ人間一人一人違う人生がある。

以前のブログで、この世界は「自分に自信を持っていないとやってらんない」との趣旨の文を書いた事があるのだが、俺は自分に自信は持っているが、自分の考えに背かない人には極力エネルギーを使わないようにしている。

断っておくが、なにも逃げではない・・・

逃げてるんじゃなくて、要は自分の意見に否定する人の考え方もありはありだから。
「自分が正しい!」と思っている者通しが、議論しても距離は縮まらないと思う。
だから、自分の考えと違う人が色々言ってきても、けっして乗らず、むしろ「あなたの意見は正しい!」と言って退けます。

根本的な価値観が違う人は、自分にとって有益にはたらく人材になりえるとは思えないから付き合わない主義である。

前を向いて生きていくと色んな意見にぶつかります。
けど、ぶつかるということは前に向かって進んでいる証明でもあると思う。
この時に大切なことは、ぶつかった意見に対して、自分は何を選択するのか?ということだと思う。

なんだかんだいっても、「自分が一番」じゃんと言われかねないが、別にそうでもないよ。
俺はそう思っているけど、この考えも違う人の価値観ではありではないのだから・・

一方的にわけもわからない自分の考えをだらだら書いてきたが、何を言いたいかというと、自分の考え方をしっかり持っている半面、人の意見も良く聞く。
そして、それが自分にとってプラスかマイナスかを考える事はとっても重要だということ。

目標に対しての、自分の方向性を見失わない為にもしっかりと考えるべき事であります。。
by takenyo | 2006-10-24 01:48 | まじめな話 | Comments(0)

初心忘れべからず

今日のお店はというと、久々混んだわ・・

何かイメージ的には、昨年よりも人の出は早い感じかな・・
暖冬なんて予報も出てるけど、それにも関わらず店に足を運んでくれる人を見ると本当に嬉しい限りだね。

さて、今日は接客していると、ブーツを求めて俺宛に来てくれた人がいた。
その人は先日、スキーを購入してくれた人で、今日はブーツを購入したいとの事だった。

聞くところ、先日スキーを購入した事でモチベーションが揚がって、会社のスキー部に入部したとの事で、せっかくやるんだったらブーツも新しいものということで再度来たという事だった。

言わずと知れた、ヒューレットパッカードに勤めている人で、凄く真剣にこっちの話を聞いてくれるんだ。
だから、俺も真剣に接客をしたよ。

俺も人間なので、対相手に対して好き嫌いを持ってしまう時は多々ある。
変な話だけど、やっぱり相手をするんだったら真剣に話を聞いてくれる人の方が良いに決まってる。
だから、そんな好印象の人には手抜きは一切しない。
ただ単にブーツの機能の説明じゃなくて、それがどう滑りに活かされるかとか、スキーとの相性とか、とにかく持っている知識をすべて話す。

だから、少し普通よりも時間はかかるけど、それだけ真剣に接客した。

最後はもちろん納得して購入をしてくれた。

ブーツと言えど、7~8万もするんだから、ちょっとやそっとじゃ買えないよね。
それをたかが1回会っただけの俺の事を信頼して購入してもらうんだから、それはこっちも責任重大だよね。

こうやって少しずつお客さんとの信頼関係って出来ていくんだと、改めて実感したよ。

いつでも驕らないように、初心忘れべからずを思った今日でした。
by takenyo | 2006-10-23 00:57 | 日常の話 | Comments(0)

から元気・・・

最近、時間の使い方が下手になってきた。

元々俺は、A型の性格そのまんまって感じで、物事に対して計画性を持つタイプの人間だったのに、最近は行き当たりばったりということがとても多い・・・

昼間はお店の仕事に追われ、自分のことはなーんにも出来ない。(以前にも書いたが)
だからこそ、帰宅してから時間を有効に使う為の計画を練るのが好きだったし、その時間を上手く使う事も出来ていたのに、最近はなかなか・・

原因は、疲れかな?

世の中には他に、もっと疲れている人がいると思うので、極力俺が疲れたなんて言っちゃいけないと常々思っているのだが・・(情けない)

夜のお付き合い?(単なる酒飲みだが)も、大いに関係している。
疲れて、時間を有効的に使えないばかりか、体調まで悪い最近である・・

無気力・・・・です。
心身ともに萎え気味・・・・です。

けど、頑張ります!
by takenyo | 2006-10-22 01:57 | 日常の話 | Comments(2)

韓国人が来店

今日の話だが、お店にいると2Fの徹が俺の元に来て、

「健志さん多分だけど、毎年カードローナにいる韓国人来てますよ!」と・・一言。

2Fに行き、レジでお会計をしている韓国人に目を向けた。
確かに、夏に毎年カードローナで会う韓国人だった。
その韓国人は、ジュニアチーム(クラブチームだが・・)のコーチをしている人物で、毎年会うこともあり、少しは仲が良い存在である。

声を掛けるとびっくりしたような表情で少し戸惑っていたが、もちろん覚えてくれていて、握手を交わした。

少しは日本語を喋れるので、色々と会話したのだが、日本にはTDの講習会の為に来たらしい。
そして、更に話を進めていくと11月にその人も中国に合宿に来るらしく、そこでの再会を約束して帰って行った。

それにしても、向こうもまさか俺がここで働いているとは思ってもいなかっただろうし、俺も同様にまさかうちのお店に買い物に来るとは思わなかった。

良く言う言葉だけど、世界は狭いなーなんて思った出来事だった。


けど、実はこの時期になると毎年なぜか多く韓国人がお店にやってくる。
もちろんスキー用品を買いに来るのだが、バイヤーも多数訪れるので、お店では韓国人が来ると必ずと言っていいほど期待をする。

何しろ、中には100万以上は購入していくバイヤーもいるからね・・

だから、そのようなバイヤーが来る事を見越して色々と策を練っている担当者がいるぐらいだ。
どうやら、そのバイヤーは韓国でスキーショップを経営しているらしく、日本製のスキーウェアーを大量に購入していくことでお店ではちょっと知られた有名人である。
韓国では、日本製のスキーウェアーの人気が高いらしく、色々と物色をして何回かに分けて日本にそれ目当てに来る。

今年は、そこのリーダーが徴兵らしく、別のバイヤーがもう一回下見で先日訪れていたから、またもうすぐ来るんだろうなーなんて思っている。

まあ、そんな事で韓国人はお店の良いお客さんになっている話でした。

そうそう、韓国で有名なヨンピョン(ドラゴンバレー)は、冬ソナの影響でかなり混雑しているらしいよ。
空前のスキーブームなんだって・・

中国にしかり、韓国も同じアジアとしてスキーが盛り上がれば、嬉しいけどね!
by takenyo | 2006-10-21 01:35 | 日常の話 | Comments(0)

説明会

今日は、夕方から12月の北海道の説明会が開かれた。

各大学の幹部に、旅行会社の柴さんに集まってもらった。
そして、タイミングよくホテルの親会社である「アンビックス」の菊池さんも、東京に出張で来ているとの事で、同席をお願いした。

毎年伝える内容は一緒なのだが、どうしても伝えられる学生側の代が変わるので、同じ事の繰り返しを余儀なくされる。
先輩が代々後輩に、受け伝えてくれれば楽なのだが、なかなかね・・・

まあ、けどこのような機会を通して、自分の部活(サークル)をまとめることの難しさを身を持って体験してもらいたい。
それぐらい全体を「まとめる」ことや、「コントロール」することは大変だけど重要で、かつやりがいがあるのではないかと思う。

まとめることになった幹部の子は頑張ってください。変更や再々変更に負けずにね(笑)

せっかくの機会なので、同時にシーズンの各大学のスケジュールを聞いたりしたのだが、どうも今年は日取りが悪く、色々ブッキングしてしまい上手くいかない・・・

まあ、こんな年もあるかなって少々萎え気味になってしまったけど、こればかりはしょうがないね・・

北海道から始まるシーズンが、各チームにとって良いシーズンになるように!
by takenyo | 2006-10-20 01:51 | 日常の話 | Comments(2)

ネットの世界の怖さ

最近、俺の友人が中傷メールやコメントに悩んでいるという。

このようなブログでも、どんなサイトにも不特定多数の閲覧者がいる。
ネットの世界では、常識は通用せず、ルールもあって無いようなものである。
だから匿名での中傷などに、悩まされる者も多いのだろう。

自分の事を知ってもらう為に始めた最初の趣旨が、そんな心無き奴の為に、好きなことが書けなくなったという。

人をけなして、不快感だけを覚えさせて、どんな利益を得られるのだろうか?
まだ、面と向かって言ってもらった方がいい。


ブログは自分の思ったことを文章で書く。
ある程度の文章力が無いと、すべての人に自分の思っていることが伝えられない怖さもある。
違った意味合いで捉えられてしまったり、はたまた全然伝えられない事もある。

多くの人が言う、文章(言葉もだが)は難しい。

怖いものである・・・

それに過敏に反応して、ある馬鹿な奴のリアクションが書き手を傷つける。

有名人になればなるほど、そんな事は多いのだという。
その為に、ちゃんとサイトを管理するものがいて、あらかじめ「中傷コメントは削除します」との旨を伝えているらしい。(良く見るよね)

まあ、話はまとまらないが、ともかくそんな常識に反したことをする奴は、最低最悪であって消えて無くなる事を願うばかりである。
by takenyo | 2006-10-19 00:47 | 日常の話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo