カテゴリ:スキーの話( 1154 )

少し早い更新です。

今日、トレーニング後に朝里に入っているチームのコーチで、今後のバーンの割り振りや、時間帯の確認などを話し合った。

本州も深刻な雪不足により、困っているとの情報が聞こえてくる。

朝里はと言うと、本州ほどの深刻さは無いものの、例年よりも状況はすこぶる悪いです・・
けど、おかしな事に上のパープルコースだけは、例年以上にコンディションが良い。
上部と下部で、そうも標高差的にはついていないように思えるが、なんでこんなに違うのって感じ?

昨日に引き続き、俺は下のイエローコースでのフリートレーニングだったんだけど、明らかに昨日よりも積雪量が減っている・・・
これは、昨日今日の気温の為だろうか?(とても、暖かいのだ)

受け入れたくない状況ではあるが、悲観的にもなっていられない。

この状況の中で、全チームが満足にトレーニングする方法を皆で話し合ったよ。
もちろん、理想論を言えばきりが無いので、大満足は得られないかもしれないが、この状況の中での満足を得る為の前向きなミーティングだった。

まずは、ゲートトレーニングを満足に行える場所は、現状上部のパープルコースだけと言う事を確認。
そして、そのパープルコースに張れる最大セット数を確認。(3セット)

各チームの、希望セット数は?

6セット。

無理じゃん・・・

まだ、今日のミーティングは行われていない為、学生に伝える前にブログに書いちゃうのだが、明後日からは時間制でまわしていく事が決定しました。

うちのチームは、3レーンはほしいところ、妥協して2レーンにしました。

他のチームの事もあるし、理想論(3レーン)を押し付けるのは、ただの自己中になるからね。

こんな年もある。
そう思って、前向きに明日からまたトレーニングに励みたいと思う。

俺って、こんな隠したいことをストレートにここに書くから、「不安」に思う人が結構いるらしいけど、現実は現実で伝えていきたいし、隠すように遠慮しながら書くようになったら、ブログをやめますんでね・・(うそじゃないよ)

いつでもストレートに、思うがまま書いて行きたいと思うよ。
と言う事で、ちょっと気持が沈むような感じだけど、俺は全然前向きに考えているし、出来る事を確実にやっていくことが、学生への最大限への努力だね。

あ、ちなみに今週末は雪マークがいっぱい出ていました。(当たると良いな!)

全然、話には関係無いけど、クラッセのチューンルーム。

b0085469_18252687.jpg
by takenyo | 2006-12-21 18:32 | スキーの話 | Comments(0)
今日は、因縁の対決である亀田×ランダエラを見てて、更新が遅くなりました・・

それにしても、結果は・・・
注目の一戦だっただけに、ほとんどの人が結果については知っていると思うが、俺的に言わせてもらえれば、KOしてほしかった・・(皆、思っているかな?)

まあ、まあ何はともあれ勝ったから良いかー(笑)

夏の一戦の時もそうだったんだけど、こんなネタをブログに書いてしまう事自体、どこまでボクシング好きなんだよって思われるけど、まじに大好きです。(はぃ・)

さて、そんな話はさて置きトレーニングの話を。

俺は、昨日に朝里に到着した学生のフリーを担当した。(ちなみに、もう1班はGS)
レベルがばらばらで大変な面はあったけど、そこそこ滑り込めたし、何より今日は雪が程よく締まっていて良かったね。
噛んでくれる雪って、本当にトレーニングになるからね。

そんな好条件の中、低速から含めて、色々と基本トレーニングのバリエーションをやったよ。

考えたら、今日の学生ってもちろん今日が始めてのトレーニングなんだけど、俺からしてみたらまったく同じ事を、もう3回かな?
毎回の事だけど、来る学生に同じ事を伝え続けるって、結構しんどいよ・・
しんどいって、ちょっと意味合いが分かりにくいかもしんないけど、ずばり飽きます。(笑)
まあ、飽きるのは俺だけだから学生には関係ないことだけど・・

だから、この仕事ってある意味忍耐力も必要って思うよ。
ちなみに、飽きるだけで嫌ではないから、好きで続けているんだけどね・・(笑)

明日もまた今日来た学生相手に、今日同様にフリーだからしっかり気合入れなきゃ!
頑張りまーす。。

b0085469_2321245.jpg
by takenyo | 2006-12-20 23:34 | スキーの話 | Comments(0)
昨日は、無線の調子が悪く更新が出来ませんでした・・(すいません)

さて、更新を怠っている昨日は、一晩に30センチほどの降雪があり、少しはスキー場がましになってきましたよ。
けど、もっと連続して降ってもらいたいものだが、いかんせん断続的なんで、そこがちょっと・・
もっと、一気にどかーんと降って欲しいものだが、いかがでしょうか?(誰に聞いてるのか・・)

まあ、マイナスじゃないだけましなんで、贅沢言ってらんないけど・

それでも最初からの組は2日連続のポールトレーニングを行いましたよ。
パープルコースは、部分的には薄いものの、ほとんどストレス無く根元まで刺さるので、とっても良い状態です。(降ったばかりなので、ぶかぶかですが・・)

パープルコースは、出だしが急斜面で徐々に緩斜面になっていくコースで、上のスピードをいかに緩斜面に繋げられるかが勝負。

選手の滑りを見ていると、急斜面では斜めにスキーを追い越せない。
よって、ターン前半で踵重心になり、どうしてもゲートの下まで落ちてスキーを横にするという悪循環が出ていました・・

2日目だし、仕方が無いと言えばそれまでですが・・

けど、外腰を開いて外向の形で入ってくるのが、直った選手が多いのが救いです。
だいぶ、シンプルな軸を取れるようになってきたんじゃないかなって思う。


でも、でも、それにもまして緩斜面がひどすぎる・・・

と言うか、緩斜面でゲートに当たりに行こうとして、内倒する選手の多いこと・・
なんでよ??
もっと、雪面に張り付かせて重く、重くターンを連続させていけないかなー・・

見本に一発、徹也に滑ってもらったんだけど、やはり流して滑っても素晴らしいものがあるね。
さすが、日本を代表するジャイアントスラローマーだっただけある。

塊で動いて、塊で面に働きかけてくるから、動きが止まんないし、スキーもスムーズに滑ってる・・(緩斜面ね)

こういう見本は、絶対に必要だなって再確認したよ。

まあ、明日も引き続きだし頑張ってもらいたいものです。。

俺は、今日はポール班だったけど、明日はまたフリー班に逆戻りです。
今日から入ってきた選手を中心に、また基本から徹底的にやります!

では、本日のトレーニングショット!!!
(いつも、俺がブログを書いているとチラ見する、一橋キャプテンさとこ)

b0085469_21103545.jpg
by takenyo | 2006-12-19 21:18 | スキーの話 | Comments(0)
今日は、朝から2班に分かれてトレーニングを開始した。

14日から入ってる先入り組は徹也、昨日入った組は俺が担当した。
思うのだが、こうも毎年入りの人数やレベルがばらばらだと、やはり教える側からみるととても大変である。
けど、その中で効率が良いトレーニングを考えていかなければならないので、コーチと言う立場でありながら、全体のコーディネートもしなければならないのが毎年の現状・・

学校や授業の関係なんかがあるので仕方が無いし、毎年の事だからそこはある程度覚悟してるんだけどね・・

たまに俺はコーチ?コーディネーター?って自問する時があったりもする。
けど、コーチでもありコーディネーターでもあるからどっちも正解みたいな感じなんだよねー(笑)
いずれにせよ、学生にとってよい期間になるようにしなければならないね・・
北海道に来た意味だとか、成果を感じてほしいし、今シーズンの最高のスタートが切れるように願う毎日ですよ。。

で、トレーニングの話はと言うと、俺の班は先入り組がやってきたことと同様に、基本ポジションだったり、前後の重心移動なんかをテーマに色々とバリエーショントレーニングをした。
神奈川の研修会も午前のうちに終わったので、昨日ほどゲレンデは混んでいなく、コンディションは良かったかな。

このスキー場は曜日によって、スキー場の営業開始時刻が変わる。

平日(月~金)は9時30分、土曜日は9時、日曜日と祭日が8時半と決められている。
今日は日曜日と言う事もあり、朝が早くて十分滑り込みが出来た日だった。

で、いきなり9時30分になる明日なんかは、朝も比較的ゆっくり出来るからそれはそれで、とても嬉しいんだけどね・・・

と言う事で、まずまずの1日で疲れました。。

写真は、トレーニングショットと夕食のメニューです。

b0085469_19423348.jpg



b0085469_19425939.jpg
by takenyo | 2006-12-17 19:44 | スキーの話 | Comments(0)

混雑の1日!

朝起きると、雪だー!

が、気温が暖かくて湿っぽい雪だった・・
一応予報通り降ってくれたし、今の状況下で贅沢は言ってらんないね・・

まあ、そんな事はさて置きトレーニングの話をしよう。

昨日のブログでも書いたんだけど、神奈川県の講習会のスキーヤー400人(本当でした)がいて、それはそれは凄い状況だったよ・・(まじ混み)

けど、そんな事で文句を言っても始まんないし、大体俺のスキー場でも無い(笑)ので、そこは腹を決めて、トレーニングを開始した。

昨日同様なんだけど、色んなバリエーショントレーニングをフリーの中で展開したんだけど、14日から滑っている学生は、少しは理解してきたよう。
こうなれば、後はひたすら滑り込ませるのみ。

やっぱ、こういうトレーニングの積み重ねで、身体に染み込ませる事が重要だしね。
意識しなきゃ出来ない事を、無意識に出来るようになって、初めて身についたって言えるんじゃないかな。
だから、俺がいつも思っている、「出来る出来ないじゃなくて、やるかやらないか」をテーマに持って欲しいね。


具体的な内容は、効率よくスキーの性能を引き出す重心の前後移動。

スキーってたわむと、絶対元の形に戻ろうとする力が働く。
それが、反発力っていう力の根源だと思うし、その力(反発力)を推進力に変えるために、必要なのが重心の落とし込みだと思っている。

ターン後半に力のつりあい(バランス)を取る為にも、前傾過多だとまずいし、もちろん体がローテーションしようもんならもってのほか・・・
だから、遠心力に耐えるパワーポジションを取る事も重要だし、外傾外向を取る事も重要だけど、少しセンターから踵よりの荷重配分を維持出来るかがかぎだと思う。

けど、そのままスキーを返したんじゃ、スキーは慣性で先に行ってしまって、コントロール不能
になるので、乗ってきた谷足を斜めに追い越す重心移動をしつこいぐらい言っているよ。

この斜めって言うのが大事で、スキーを追い越して重心が先に行くから、追いつくように(追ってくるように)スキーが後ろから回ってくる。
この時に初めて、トップから切り込んでくる感が実感できると思う。

前後って言うのは、言い換えれば「つま先から踵」だし、スキーで言ったら「トップから入って、テールで抜ける」って事にあたると思ってる。

なかなか言葉にするのは難しい部分だけど、大体はこれで伝わるかな?
少しでも、伝われば嬉しいけど(笑)

あー、少し今日は難く書きすぎた・・・

あ、今日から徹也がインしました!
明日から、俺と共にコーチするので、ミーティングの時に皆に紹介した。

先日も書いたけど、俺には持ち合わせていない感覚だったり、経験が徹也にはある。
だから、その引き出しから学生が、少しでも学び取ってくれれば嬉しいんだけどね・・

今日は、この辺で。。

写真は、大混雑のレストランと、徹也との一枚

b0085469_20251291.jpg



b0085469_20434999.jpg
by takenyo | 2006-12-16 20:52 | スキーの話 | Comments(0)

寒気よやって来い!

明日から、天気予報は雪マーク。

当たるかどうかは分からないけど、期待して神頼みしています・・・
本当に、どっかどっか降ってほしいよ・・(お願い)

さて、さて今日は久々に朝里に少しは活気が戻ったような感じがした。
と言うのも、東京都?神奈川県?、どっちか分からないけど、研修会が開かれていて、その関係のスキーヤーが多く来ていたからね。

明日からは、400人(本当?)来るらしくて、どうなる事やら・・・

って、そんな事はどうでも良いね・・

トレーニングはと言うと、昨日の続きとばかりに、地味な基本トレーニングがメイン。
基本ポジションから始まって、前後を意識した重心移動、内足の効率化だったり、それはそれは色んな角度から、色んなバリエーションをやりましたよ。

出来る出来ないは、もちろん個々によってなんだけど、大事なのはしっかり理解して、やるかやらないかだと俺は常々思っているんだ。

だから、そう言う意味では、反復してトレーニングした成果が、最後は少しは見られたから、昨日からやった甲斐があったってもんだね・・

明日も、もう1日フリーで積み重ねる予定です。。

あ、相変わらずクラッセは最高ですよ!
まだ多くの学生が来る前なので、食事はコース料理で、豪華そのものー
けど、ジャージにサンダルでレストランなんで、雰囲気もくそも無いけどね・・・(笑)

それと、今年は無線LANがフロント周りだけだけど入るので、夕飯後はフロント前に居座ってしまってますよ(笑)

では、では。。

写真は、今日のスキー場、夕食ショットです。

b0085469_2091966.jpg



b0085469_2094864.jpg
by takenyo | 2006-12-15 20:11 | スキーの話 | Comments(2)

北海道上陸!

新潟からフェリーで揺られる事18時間。

北海道に上陸しました!
今年は、日本海も荒れず、案外快適なフェリーの旅でしたよ。。(毎年、苦労するからねー)

そして、小樽に着いてからは(4時30分)、これまた毎年の恒例である朝市に向かい、そこの食堂で海鮮丼を食べちゃいましたよ!
連れは、今回は俺のところにはコーチとしての参加は出来ないけど、北海道に撮影&トレーニングでやってきたご存知上野雄大。

2人で早速の北海道を満喫して、いざ向かうは朝里へ!

そして、俺らの常宿であるクラッセに無事に着き、少々休んだ後はそのままレッスンの時間に早くもなってしまった・・

さすがに着いたその日にレッスンは久々だったけど、俺はテンション上げ上げで行っちゃいました。
だって、スキー場が寂しいんですもの・・
と言うのも、毎年大勢の学生が来る前のスキー場は、閑散としています・・
しかも、何か今年は2年前に似た状況で、あんまり雪も無いから、春みたいな感じで、だらーっとしてね・・

まあ、雪が無いってどれぐらい無いんだよって、心配する学生もいると思うからちゃんと書くよ。

まず、先週にものすごい降雪があって、一旦は凄く良いコンディションになったみたい。
だけど、昨日(俺がフェリーに乗っている時)大雨が降ったらしく、一気に溶けたらしい・・
けど、パープルは何故か1メートルの積雪があって、バッチシですよ。
雪が無いって、下の話なんだ・・・

けど、2年前よりはましな状況だし、ここで悲観的になってもしょうがないから、安心してこいやー(笑)
それまでに、多分なんとかさせるから・・・(神頼みと言う、希望的観測・・)

話は、それちゃったね・・

今日のトレーニングは、シーズンインの学生ばかりで、まずは足慣らしとばかりにフリーを一本一本丹念に滑り込んだよ。
午前は完全に自由にやらせたけど、午後からは少しずつ基本トレーニングを交えながらで、結構頭も使ってもらったかな?
シーズン初めは、いろんな意味で考えながらやらないとね。

自分の滑りを一回壊して、再構築させて行くぐらいの心構えが欲しい奴ばかりだからね・・

明日も、同じように基本メインにフリーで滑る予定です。。

あ、最後に書きたい事があった。

賢太郎の件聞いたかな?(前十字靭帯損傷の怪我)
俺は、涙が出そうなくらいショックだった・・・
バンクーバーへの第1歩が始まったばかりなのにね・・

けど、本人が一番今回のことは客観的に捉えてるみたい。
経緯を隠さず、ありのままの気持をブログで書いてあるんだけど、本当に彼はプロアスリートです。
俺は、スキーヤー賢太郎じゃなくても、一人の人間として彼を尊敬する。

怪我をしても強い気持で、常に前を向いているあの精神力は、自分の力を信じているからこそ。
自分のことを自分が信じないで、何が始まるって言うだよって感じだね。
だから、長い道のりが始まるかもしれないけど、賢太郎ならまた戻ってくると思う。
思うじゃなくて、戻ってくるね。(間違いない!)

俺一人がこんなこと思ってもたかがしれているけど、書かずにはいられない気持だったから・・

頑張れ、賢太郎!!!!!!

今日の、スキー場の(パープルコース)写真です。

b0085469_20241517.jpg
by takenyo | 2006-12-14 20:25 | スキーの話 | Comments(0)
週末に、栃木県那須塩原のハンターマウンテンスキー場に行って来ました!

今回は、毎年お世話になっている足利スキー協会のスキルアップキャンプの為です。
この企画は、確か3年目かな?
シーズン初めのイベントとして、足利の方から20名強の人たちが集まり、俺と徹也(大瀧)が
2班に分かれてレッスンしてきました。

このイベントを始め、シーズンに3回ほど、足利のイベントには顔を出させていただいているんだけど、ここのスキーヤーは本当にいい人ばかりで、いつも気持ちよくレッスンが出来るんだ。

これは、俺自身とっても大切な事で、やっぱりレッスンしている時に真剣に聞いている姿を見るとこっちも熱が入るね・・
それに、スキー以外の時もとっても親切にしてくれるから、いつも足利の人に会うときは楽しみで仕方が無いね。

本当に、いつもありがとうございます!

さて、レッスンの方は俺の班は1日目(土)が10人で、2日目(日)が11名の方を相手にした。

テーマは、「前後の重心移動」で、色々とバリエーションを交えながらやらせてもらった。
シーズンインと言う人が多く、最初は地に足がついていない状態・・
動きも硬く、バランスも少々悪い人が多かったね・・・

けど、やっぱ2日滑ると変わる。

これ、まじ実感。
もちろん飛躍的に滑りが変わったか?と言われれば、そこまでとは断言も出来ないけど、成果はあったのは事実。
これは、教えている側と教えられている側、双方のベクトルが一緒だからこそ。

実際の内容は、とてもここには書ききる事は出来ないけど、相手のイメージする線と線が結びついたと思う。

この事を、今後に活かしていただいて今シーズンも頑張っていただきたいと思います!

本当に、本当にありがとうございました!

今回、一緒にコーチをした徹也は、実質このイベントが第2のスキー人生のスタートだった。
自分では、自信が無い・・・なんて言っていたけど、頑張ってましたよ。

夏も1ヶ月一緒にやったんだけど、この後の北海道でもずっと一緒なんだ。
年齢と、指導者としての経験は俺の方が上だけど、スキー選手としての経験だったり、実績は全然違いすぎるほど、徹也の方が上なので、逆にそこは俺が徹也から何かしら得て、今後の過程にしたいと思う。

明日、野沢に帰省して、水曜日のフェリーで、いざ北海道に出陣です!!

写真は、レッスン風景です。

b0085469_1161851.jpg
by takenyo | 2006-12-11 01:23 | スキーの話 | Comments(0)
軽井沢に行ってました。

コース幅も狭かったし、尋常じゃないくらい混んでいたので、あんまり条件は良くなかったけど、それでも国内初滑りをしてきましたよ。

今回は、最初からそんなに予定はしていなかったスケジュールだけど、毎年連れてってる学生をメインに一緒に滑ってきた。
5名の少ない人数だったので、変に気を使わなかったし、選手にも俺にも一発目としちゃあ良かったんじゃないかな。

毎年、軽井沢にはこの時期に来るんだけど、やっぱまだまだ雪が少ないよ・・

野沢から出かけてくる時には、前の日の降雪が10センチくらい積もっていたし、天気予報も月曜日までは、雪マークだったので、「あわよくば、軽井沢も凄いんじゃない?」なんて思ったけど、そこはやはり期待でしかなかったね・・

そりゃあ、自然雪なんかあんまり降らないところだし、変に期待しちゃ駄目だよね・・

けど、他もオープンがずれ込んだり、条件が良くないから、近場のこの地に集まるんだろうなって思う。(まあ、俺らもその中の1員ですが)

ついでに、親しくしてもらってる軽井沢Okabe Tetsuya Ski Schoolの横尾校長と、スタッフの山口さんにも挨拶をして来て、今シーズンの互いの健闘を誓い合いました。

そして、3時までびっちし滑った後は、近くの千ヶ滝温泉に!

実は、ここには2年前にATOMIC Jrトレーンングセミナーで来た事あるんだ。

こんなに、近くってイメージが無かったし、俺ってスキーをやった後に温泉ってあんまり入らないから(もちろん、野沢以外)、最初は行く気も無かったんだけど、学生たちが行くって言うから半分付き合いで行く事にした。

それが、どうだい。

やったら良いではないか!

やっぱ、スキーやった後は温泉でしょ!って感じです(笑)
露天風呂なんかにも入って、普段じゃありえない足を伸ばして、ゆっくり疲れをとる・・(なんて、贅沢!)

病み付きに、なりそうです・・・(はぃ)

まあ、そんな感じで2年ぶりの千ヶ滝温泉にて十分、心身ともに癒されて帰路につきました。

今日は、お疲れさんでしたー!

b0085469_22423514.jpg
by takenyo | 2006-12-03 22:53 | スキーの話 | Comments(0)

凍傷の恐ろしさ・・

11月にもなると、沢山のスキーヤーが海を渡り海外に行っているね。

アメリカ、カナダ、ヨーロッパと、今までに色々な所に行ったが、忘れられないのはカナダのナキスカと言うところ。

カルガリーオリンピックが行われた、カナダの有名なスキー場であるが、ここに大学3年間合宿で行った。
コースが固く、急斜面と、まあ難しいコースでトレーニングしていましたよ。

それに、寒さも尋常でない・・
俺の経験した極限値は、-28度!
体感したことありますか??

まず、鼻毛が凍ります・・
そして、じっと止まっていると、寒さで体中が痛くなってくる。
もちろん、滑る時に肌なんて出そうもんなら・・

と、素晴らしい体験をした所なのであります(笑)

話は変わり。

日本でも寒さで、「足の指凍傷になったー」とか、たまに騒いでいる人を見かけるけど、大体の場合は凍傷ではなくて、しもやけなのであります・・
俺は、心の中でいつも「凍傷のわけないちゅーの!」って叫んでいます。

大体にして、凍傷って本当になったらまじやばいですから・・

自慢にはならないけど、俺は本当の凍傷になったことあるからね。
ここまで書いてカナダではないけど、オーストリーのヒンタートックスって場所で。

ブーツを脱ぐと、両足の指が真っ白!(もちろん、感覚なし)
触ると、釘が打てそうなくらいの固さ!(もちろん、びっくり)

そして、病院に向かい診察をしてもらうと、案の定凍傷って診断された。

先生は一言。

「じゃあ、月曜日(その日は土曜日)に来てください。その時に、切るかどうかの判断します」
だって・・・(さらりと)

いや、いや、切られてたまるか!と思い、泣きそうになった思い出がある。
けど、その気持とは裏腹に指は白から青白くなってきて、血が回り始めると今度は激痛が・・
その痛さといったらもう・・・

毎日、両足指が床につけないから、松葉杖で踵歩き。
何日経っても、痛さは変わらなかったな・・

結局、切るまでは何とか至らなかったけど、一週間滑る事が出来ませんでした・・
一ヶ月の遠征で、一週間もだよ・・

だから、足指に感覚がなくなってきたら、絶対に我慢をしないで下さい。
感覚がなくなってきた後にはリバウンドで、少し足指が温かくなってくる。
そしたら、もうアウト!

俺も、我慢をして感覚が無くなって、温かくなって、調子こいて滑ったら、こんな状態になった。

経験から言う事だから、説得力あるでしょう?

と、経験談でした。
by takenyo | 2006-11-09 00:43 | スキーの話 | Comments(1)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo