カテゴリ:スキーの話( 1165 )

蓮田スキー連盟キャンプ

週末に、新潟の舞子スキー場に行って来ました。

昨年に引き続き、埼玉の蓮田市スキー連盟のトレーニング&記録会(市民戦)の為だったんだけど、とても充実した2日間でした。。

まず、初日は贅沢に1コース貸切の中でGSトレーニングをやりました。

参加者の方は、年齢層(20代~60代)バラバラ、レベルもバラバラだったけど、全員に分かりやすいように、基本を中心にコーチングをさせてもらいました。

緩斜面中心のコースだったので、スキーを滑らせる為のポジションだったり、3関節(足首、膝、股関節)の使い方など、など・・・

久しぶりのスキーの人や、今シーズン初っていう人などが多かったので、ばりばり滑っていて最後は皆さん足や腰にきていた人が多かったかな?(笑)

けど、ポールの楽しさだったり、もっと言えばスキーの楽しさを本当に感じている人が多くて、皆さんが笑顔で楽しそうに滑っていたのが、とても印象的でした!!

そして、夜は恒例のビデオミーティングも兼ねた懇親会と言う名の飲み!(笑)

皆さん、熱い熱い!
まじ、飲みながらも真剣にスキーのお話をさせていただきました。
途中からは、地元で元ナショナルデモンストレーターの中沢美樹さんも参加して、飲みも語りもヒートアップでしたね。。

美樹さんとは、今でこそあまり会う機会も無いけど、昔から結構色んな仕事で一緒になったりで、仲良くさせてもらっている先輩でして、久しぶりに話を出来て嬉しかったね。
ちなみに、旦那さんはトップデモの佐藤久哉さんです。(知っているよねー)

で、今日は記録会という名の市民戦が行われた。

コースは昨日同様に貸切!
そして、もちろん大会なので双旗で立てて、スタートハウスにオペレーター付きと、舞子スキー場の全面バックアップで最高の記録会になりました。

2本の合計で争われたんだけど、順位は別にして、やっぱり昨日同様に楽しそうに滑っていましたね。
やっぱ、スキーは楽しんでやらなきゃって、俺自身再確認させられたね。

茅野さんを始め、蓮田スキー連盟の方には2日間本当にお世話になりました。

ありがとうございました!また、お会いしましょう。。

写真は、美樹さんの実家であるレストランIIHOでのショット&本日の大会コース

b0085469_21245859.jpg



b0085469_21284689.jpg
by takenyo | 2007-01-14 21:33 | スキーの話 | Comments(2)

全日程終了!

昨日(ブログが書けなくてすいません)、今日の2日間はSLで、バーンコンディションに恵まれ、40旗門の充実したトレーニングを行うことが出来た。

朝里には珍しいほどの、固くしまったバーンは、先日のブログでも書いたとおり、元旦の雨の影響だろう。

下地がしっかりしているので、ポールも抜けないし、コース整備いらずで、最後の最後に来て
まじついていたって感じ。

日々、人数が少なくなっていき、寂しささえ覚えたが、逆に最後まで残った学生には、メリットが十分あったから良かったね。

そんで、今日のトレーニングは午前で終了。

午後は、色々と片づけをしたり、精算をしたりで、朝里を後にした。

怪我人も少し出てしまったし、色々なトラブルもあったが、ともかく朝里は今日で全日程が終了した。

12月14日に北海道に来てから、長かった・・
29日に学生の合宿が終了して、その後は恒例の年末年始キャンプと息つく暇が無いほどの、過酷なスケジュールだったが、今は安堵感に溢れている。

そして、そして次に向かうは札幌!

次の移動までの間に、ここで束の間の休養を取る予定。
朝里クラッセに続き、この地でも札幌クラッセに宿泊する。

だけど、問題が勃発した・・・

この後はインカレの為に、8日の室蘭ー青森のフェリーに乗る予定なのだが、インカレが雪不足の為にSGが延期になったりで、1日後ろにずれ込むと言う事が、今日分かった。
12日には、新潟に向けて青森を後にしなければならないので、日程的に厳しい状況になってきた・・

一応、室蘭ー青森をキャンセルして、7日の小樽ー新潟を取れるかどうかを確認したところ・・

現段階で満席で予約が取れないって事と、低気圧の影響で海の荒れが予測される為、現段階では出航が出来なくなる可能性のほうが高いとの事。

と言う状況なので、インカレに行く行かないに関わらず、予定通り8日のフェリーで本州に戻らないといずれにしても、本州には帰れない感じになってきた・・

7日の小樽ー新潟は、今一緒にいる学生も乗る予定のフェリーで、出航出来なくなれば、本州に帰れない・・
と言うのも、小樽ー新潟はその日しか運行していないらしい・・(前後日がすべて運休)

俺が今のところ乗る予定の、室蘭ー青森も8日前後は運休で、本州に戻れるフェリー自体の便数がかなり少ない・・

いやー、まじ帰れなかったらどうしよう・・(超、不安)

まあ、けど何とかなるっしょ!!

とにかく8日までは札幌にSTAYでーす。。

本日のSLトレーニング&札幌で学生と打ち上げ

b0085469_0292697.jpg



b0085469_0295410.jpg
by takenyo | 2007-01-05 23:56 | スキーの話 | Comments(0)

雨降って地固まる

元旦の雨の影響が、好条件をもたらせた。

朝里に来てから、初めて完璧なコースコンディションに恵まれたのだ。

うちのチームのレーンに、西さん、土井ちゃんのチームが少数と言う事で、総勢30名が1レーンに入った。
正直、昨日までのバーンだと、この人数はかなり危険な状態になる。

しかし、30人が何本滑っても、掘れない、荒れないのだ・・
これには、かなりびっくりした。
タイトル通り、雨降って地固まる状態。

噛みが良い雪質の中では、身体にかかる負荷も相当量で、選手は一様に足にきていたね。。

けど、皆が満足できていたんじゃないかな?

男子は土井ちゃんが良い手本になったし、女子は最近一緒にトレーニングしている服部七穂が良い手本になった。

今日が最終日って社会人が多く、最後の最後にやっとって感じで、俺的にはかなり安堵感があったよ。

明日はSLなので、今日のコンディションが続く事を願って・・

写真は、一緒にトレーニングした西さん(愛知工業大学コーチ)&土井ちゃん(東京海上)&トレーニングショット

b0085469_018920.jpg



b0085469_0201892.jpg
by takenyo | 2007-01-03 23:58 | スキーの話 | Comments(0)

緩斜面の滑りのお手本!

昨日は、夜から大雨・・

北海道に来てから、何回目の雨だろう??
雪じゃなくて、雨だからびびる・・・

ここは、どこですか?

不安になりながらもスキー場に着くと、案の定雪がだいぶ少なくなっていた・・

けど、幸いの事に我々は上部のパープルコースでのトレーニングだった為に、そんなに昨日の大雨の影響は無かったかな?
と言うか、ここは雨じゃなくて雪だったのかも知れないって思うほど、雪質が良かったー

もちろん、コースサイドには溜まった雪が壁を作っていたが、下地がしっかりしているので、雪が剥げると結構固いバーンが姿を現す状況。

スキーを斜めに追い越して、回ってくるのに合わせて、しっかり外足に乗っていかないと、ラインが下に落ちる・・・

当然、プレッシャーは後半型になって、ブレーキング要素の強い滑りになってしまう。

だから、きっかけは早く作らないと急斜面は駄目だと思う。

しかし、そこに気づいて段々滑りの質が高まってきた選手が多かった。

けど、緩斜面がね・・・
エッジを引っ掛けて、軽いターンを連続させる選手が多い。
これじゃあ、上手く滑れても、速くは無いよね・・

隣でトレーニングしていた、東京海上をコーチしている土井(俊幸)ちゃんの滑りを久々に見た。

何がすげーって、緩斜面のスキーの走り!

じっとしていない。
動きが止まる時間が無い。
常にスキーに働きかけているので、スキーがまるで生き物のように推進していた・・

さすが!!
かなり、お手本になりましたよ。

ビデオを撮って、ミーティングで流したら、皆が真剣に見ていた。
真剣に、その動きに感心していた。。
言葉は、そこには必要無かった。

見て覚え、感じ取ることって、重要だなって思ったよ。

明日は、東京海上さんと合同だから、また滑ってもらおうっと!

b0085469_19203832.jpg
by takenyo | 2007-01-02 19:22 | スキーの話 | Comments(0)

謹賀新年!!

気がつけば、2006終わってた・・

そして、2007が始まってた・・・

と言う事で、新年明けましておめでとうございます!!

皆にとって、2006はどうだった?
良い年になりましたか?

俺にとっては、色々な事はあったけど、悪い年じゃなかった。
また、新しい人との出会いが沢山あったしね。。

本当に、自分って沢山の人に支えられているって実感する。
一人じゃ何にも出来ないし・・

今年も、変わらずマイペースで出来る事を頑張っていきます!!
欲張らず、気取らず、駆け引き無しで、真っ直ぐに行きます!

本当に、今年度も宜しくお願いします。

b0085469_18523789.jpg
by takenyo | 2007-01-01 18:53 | スキーの話 | Comments(2)

第2クール開始!

まずは、ほっとしたー!

昨日で、ようやく学生の合宿が終わった。
今年は、少し怪我人が多くて残念だったような気がするけど、全体を通して雪の少ない中でも
質の良いトレーニングが出来たような気がする。

本州が雪が無い!なんて聞いていたので、その中で滑り込めた学生は自信を持って欲しいね。

スタッフも、夏に引き続きの大瀧徹也に、毎年恒例の昇治さんと共にやったけど、信頼の出来る先輩に、信頼の出来る後輩と出来たのは本当に良かった。
こういう仲間って自分にとって財産だし、大切な関係として、これからも持続したいね。

シーズンは、まだまだ始まったばかり。
目標設定を明確にして、近づく為の挑戦を学生には望むね。

挑戦への出発は決意であり、挑戦への持続は情熱である。

これは、俺が今年早大シュプリンゲンの会報文として書かせてもらった文末の一行。
ちょっと格好つけすぎって思うでしょう?
その通りで、格好つけたんだよね(笑)

って、そんな事はどうでも良いんだけど、この精神で頑張って欲しいね!
焦らず、段階を追って、少しずつ階段を上がって行けば、その先にはきっと明るい・・・ってね。。

あー、今日は何かかなりこんな格好つけの言葉がさらさら出てくるわ(笑)


さて、さて今日から第2クールが始まりましたよ。

残った学生に、新しく来た社会人を含めて、恒例の年末年始キャンプです!
最終は1月5日。

昨日までの悪条件とは、うって変わって、本日は上質のバーンコンディションで良かった。
パープルで、21旗門。
タイムにして、40秒ぐらい。

この調子で、まだまだ行くぜぃ!

では、本日の写真は、またも文章に関係なし(笑) ←こういうの多いよね・・
いつも、ブログを更新しているクラッセのロビー。(実は、写真が無くて今取ったもの)

b0085469_19113528.jpg
by takenyo | 2006-12-30 19:14 | スキーの話 | Comments(0)
昨日は、この時期の北海道としてはありえない大雨だった・・

しかし、前日のATOMIC CUPの日だったらと思うと冷や汗もんだったよ。
3年連続で、悪天候なんてね・・

トレーニングの方はと言うと、午前のみで切り上げた。
それでも、午前中12時すぎぐらいまでびちょびちょになりながらも、過酷な条件の中で選手は本当に頑張ったと思う。

午後は完全OFF。

朝里に来て初めてじゃないかなって思うほど、ゆっくりしたよ・・
たまには、こんな日もないと続かないし、俺にも良い休養日になったかな。

で、夜はスキー場の人とDoingのスタッフとで小樽で夕食を食べた。

感想は、本当に美味しかった!
こう言う他ないし、贅沢な時間を過ごせたから疲れも吹っ飛んだよ。
だけど、少々調子に乗ってしまい酒の方も進んだので、最後はぐてぐてになったよ・・(笑)

それで、今日の話。

朝、バーンに着くと全然圧雪が入っていないではないか!
雪も湿っていて、重い・・・
これは、このままでトレーニングを開始したら絶対怪我人が出るって判断した俺は、即スキー場の人に電話を入れた。(雪上車での圧雪依頼)

程なくして、回答が来る・・

「上野さん、日中に雪上車を入れるのは厳しいです・・」

冷静に俺は・・

「これじゃあ、このままやっても怪我人が出ますよ。大体、入れてもらわなきゃ困ります。最大限の妥協は、午前中はフリーで何とか繋げるから、午後には完璧な状態でやらせてください。」

パトロールは、色々と電話で確認を取りながらも最後に・・

「分かりました。即、雪上車を調達します!」

大体にして、踏んでいないこと自体が問題と思いつつも、学生にこの日のスケジュールを伝えて、フリーに向かわせた。

そして、午後からはSLのポールトレーニングだったわけだが、雪質が最悪。
表面は粗目雪で、中が柔らかくて、われるし掘れが凄い事になった・・

条件はけっして良いとは言えないものの、何とか3時過ぎぐらいまでトレーニングをして終了。

はぁー、この2日間は何かと精神的に疲れましたよ・・

写真は、昨日の小樽での夕食(Doing村田さんと)、今日のSLトレーニング

b0085469_23571658.jpg



b0085469_23563470.jpg
by takenyo | 2006-12-29 00:02 | スキーの話 | Comments(0)

ATOMIC CUP!

本日は、恒例の今合宿締めのイベントである、第3回ATOMIC CUPが行われた。

この大会の前身は、「朝里CUP」と名をうって行われていた単なるタイムレースであった。
それが、3年前に俺がATOMICにマテリアルチェンジするタイミングで、今回もお世話になっている名古屋のDoingの村田さん(同じATOMICを履くプロ)と、何か一緒にやりたいねって話から企画が始まった。

せっかく同じブランドを履く同士なので、冠をつけてやろうということになり、アメア(ATOMIC)に企画を持ち出した。

アメアには、俺のスキーの良き理解者でもあり、お世話になっている田村茂雄さんがいるから、話はとんとん拍子に進んだ。
ちょうどその時に茂雄さんが、「ジュニアの大会もやろうか!」とう話になり、ジュニア大会との併用での今大会が企画され、そして実現する運びとなった。

「ATOMIC Jr CUP」

ご存知だと思うが、全国12会場行われる今年で3年目になる企画である。
各地区の上位入賞者を、3月末に本州は菅平、北海道は富良野に集め、そこの男女優勝者を
夏の「木村公宣ニュージーランドキャンプ」にご招待と言う、とても魅力の詰まった夢のある大会である。

ちなみに、1年目はバルディゼール(FRA)で行われたFIS大会に招待。
そして、昨年からニュージーとなったのだが、俺は2年立て続けにこの企画の優勝者を引率した。(今年は、公宣さんと徹也と一緒)

この夢のある企画に、毎年多くの小学生が参加してくれるのだが、この大会のスタートも実は3年前のこの朝里の地なのである。

俺のATOMICチェンジがあったからスタートしたわけではないが、その時に俺と村田さんと茂雄さんが、共に同じ方向を向いていなかったら、もしかしたら今の朝里の形やジュニアカップの形は無かったかもしれない・・・

まあ、一つのきっかけになったことだけは確かだし、色んな意味で3年前にこの企画を発案してよかったなーって思うんだ。

メインはジュニア大会なんだけど、この朝里だけは一般の部も作ってもらってやっていることもあんまり知られていないような気がするけど、ここに来ている学生は、少なからず楽しみにもしてくれているし、恒例の大会って思ってくれているのが、何より嬉しいね。

だからこそ、良い大会にしなきゃって思って今年も頑張ったよ!

雪は相変わらず例年よりも少ないけど、それでもメインのレッドコースを使用して大会は行われた。
昨年に引き続き前走者には、ATOMICファクトリーチームのそうそうたる面々が集結して大会を盛り上げてくれた。
昨年は悪天候(猛吹雪)だったけど、今年は天候にも恵まれた。

なにより、最高のスタッフと最高の参加者に恵まれ、最高に楽しい大会が出来たから本当に良い1日だったよ。

そんな大会風景(初の3枚)

b0085469_018662.jpg



b0085469_0163585.jpg



b0085469_017061.jpg
by takenyo | 2006-12-26 23:58 | スキーの話 | Comments(2)
昨日の、ミーティング後に「クリスマスジャンケン大会」となる新企画をやった。

ブログにも載せた4人(俺、雄大、徹也、昇治さん)の使用していたアイテムを集め、皆に大盤振る舞いをしたよ。
本当に買ったら高価なものや、非売品だったりして、ジャンケンの方も熱く燃えまくりましたよ・・

さすがに全員に行き渡る点数は無かったけど、もらった学生はまだまだ使用できるものなので、是非有効活用してもらいたいと思う。

そんなんで、かなり楽しい企画だったので、また来年もやろうと思ったよ。。

さて、今日はというと、天候ばっちりで、コンディションもばっちりで最高の1日だった。

完全にレベルに分けて、上級生を中心に上部でGS、下級生を中心に下部でGSと、明日のATOMICカップに向けて頑張っていたんじゃないかな。

そう、明日は恒例のATOMICカップなんですよねー

と言う事で、大体の学生はその大会に出て、次の日に帰るパターンがほとんどなので、実質一同に集めれるのはこれでラストかな・・・

そんな感じなので、みんなでの集合写真。

b0085469_2315346.jpg
by takenyo | 2006-12-25 23:14 | スキーの話 | Comments(0)

メリークリスマス!!

待ちに待った大雪が、とうとう来た!!
これって、サンタさんからのプレゼントかもって思うぐらいの大雪が!

はっきり言って、今日の朝起きて、「今日はポール出来ないかも・・」ってぐらいの勢い・・・
車に行き、積もった雪も尋常ではなくて、動かすまでに時間がかかったよ。

スキー場に着いて、駐車場に車を止めるのも、案の定除雪の為に時間がかかり、スタート悪し・・
けど、リフトは予想に反して定刻を少し過ぎたぐらいで動き始めたので、そこは良かったかな?

コースは、そりゃあ凄い事になってましたよ・・

セットをして整備に、1時間半もかかりました・・
今後の為にも恵みの雪なわけで嬉しいんだけど、一気に来過ぎだよねー
もっと、小出しに来てもらわないと(笑)

まあ、まあそんな事もあり、スタートは少々遅れたものの、午前の部で時間(12時半まで)もたっぷりあったので、本数的にはかなり行けたんじゃないかなーって思っている。

雪も柔らかい為、すぐに掘れてバンク状態になったけど、むしろコースが良いよりも大会の設定に近くて、これはこれで良いと思った。
綺麗なコースを滑れる選手なんて、ほんの一握りの選手であって、ほとんどの選手は悪化したコースを滑らなければならない。

時には、膝(腰)まで掘れてたりする状況が来るかもしれない。
だから、こんな日のトレーニングもプラスに考えれば、状況対応力や調整力を養う為には格好のトレーニングだと思う。

自分のイメージするラインで行けないときは、出来たバンクに合わせて、雪面とけんかしないように滑る事が重要だったりする。

そんな事で、学生には良い意味で為になった日じゃないかな。

写真は、朝の車ショット&俺、雄大、徹也、昇治さんとの豪華ショット!

b0085469_19431131.jpg



b0085469_19434183.jpg
by takenyo | 2006-12-24 19:46 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo