カテゴリ:スキーの話( 1201 )

スキーテストin 菅平

無線LANの不調により携帯からの更新です…

本日は、うち(ICI)の毎年発行しているカタログ(SIEGER)のスキーテスト&撮影で菅平に来ています。

さすがに雪も少なく、春の雪質だけど、テストするにはちょうど良いバーンで、集中してテストが行えました!

俺は、今年はGS担当で、18台のスキーをテストさせてもらいました。

詳しくは明日に書くけど、久々に身体が悲鳴を言うほど滑ったよー!

今は、エンドレスミーティングの真っ最中…

さて、何時に終わるのかな…?

では、この辺で。。

b0085469_23393876.jpg
by takenyo | 2007-03-26 23:39 | スキーの話 | Comments(2)
朝から天気が激悪・・・

下界は大雨だったけど、山は雪かなーなんて思いながらゴンドラで登ると、期待はずれ・・
変わらず大雨だった。

本日は昨日に続いて、関東医科学生のSLだった。

1本目、2本目共に濃霧で、多分普通の全日本公認レースであればキャンセルが決定している状態だった。
だって、まじ3旗門見えるか?見えないか?って感じの視界で、コンディションは最悪だったからね・・

見ていて思ったのは、凡ミスが多すぎ・・

例えば、ヘアピンやストレートを間違えたり、2旗門目で片反やゴール前で片反したり・・
もちろん一概にもそれがいけないとは言わないけど、あまりにもそんな失敗をする学生が目に付いたね。

ちょっとインスぺが足りないとか、集中力が足りないとかって次元の問題だと思うんだよね・・

まあ、そんな意識もうちの学生達には植えつけさせないとなーなんて再確認したレースだったかな。。

結果は・・・

日大の黒沼が2位入賞!おめでとう!

後は・・・

まあ、頑張ったかな??

関東医科学生は、本日のSLでアルペン種目は終了。
明日は、リレーを行い全日程が終了するそうです。

日大、慈恵の皆。

今シーズンもお疲れ様。来シーズンも頑張ろうー!!

インスペクション風景(和田の説明を聞く学生)

b0085469_22453456.jpg
by takenyo | 2007-03-25 22:47 | スキーの話 | Comments(0)
本日は場所を変えて、地元野沢の山に久々に上がった。

目的は、俺が面倒を見る日大医学部と、慈恵医大の出場する関東医科学生選手権のサポートの為だった。

土曜日に、「オリンピアンズ ファンフェスタ2007」と言う野沢独自のイベントも重なった事もあり、朝から久しぶりに混んでたよ・・

このイベントは、過去のオリンピック出場者や、現役のトップアスリートであるモーグルの上村選手や、アルペンの皆川選手、ジャンプの舟木選手などを招いて、雪上運動会やスノーシューなどを一緒に楽しもうって言う感じのイベントで、結構な人が集まっていましたよ。。

もっとも、お目当ては上村、皆川の両選手だったかな・・・?

まあ、そんな事もありながらの日に、やまびこBコースで大会は開催された。

実は大会自体、一昨日から始まっており、アルペン競技は本日が2日目。(GS)

インスペクションを皆で行い、ポイントをチェックした。

Bコースは、中斜面から緩斜面に変わっていくコースで、下に2つほどのウェーブがある。
こういうコースは、上の斜面のスピードをいかに緩斜面に繋げられるかどうかがポイントかな。

セット的には細かいリズムから、徐々にインターバルが広がってきて、緩斜面は真っ直ぐ目のセッティングだった。

1本目は見ていて、急斜面は上手く対応出来ていた選手は多かったんだけど、緩斜面はオーバーターン気味で優雅に滑りすぎ!って感じ・・

これじゃあ、上からのスピードを繋げられたとしても、遠く通ってたんじゃタイムは出ない!

緩斜面の難しい部分が出たね。

2本目は、セット的にめちゃめちゃ振り幅のある、超テクニカルなセッティング。

カービングじゃまず無理。
前半でずらして、方向付けをしっかりとしてゲートに進入してこないと難しい感じだった。

成績は、SGよりは全体的に良かったみたい。(実はまだリザルトを見ていない)

明日はSLが行われる。
頑張れ!!

本日の大会コース&スノーフェスタ

b0085469_18472620.jpg



b0085469_18475043.jpg
by takenyo | 2007-03-24 18:50 | スキーの話 | Comments(0)
男子新人GS

1位(30) 田中 亮介(文教大学) 1:02.03


4位(1)    菅野 元気(早大シュプリンゲン) 1:02.78
23位(64)  田中 傑(東工大) 1:07.09
32位(149) 牧野 誠樹(早大シュプリンゲン) 1:08.96
37位(18)  坪谷 英之(一橋大学) 1:09.20
46位(141) 日留川 領介(東工大) 1:10.11

女子新人GS

1位 平賀 安奈(聖心女子大学) 1:00.91


41位 山崎 真理子(早大シュプリンゲン) 1:33.08

男子チーム総合

1位 慶応大リーゼン 711

2位  早大シュプリンゲン 691
20位 成蹊大学 247
25位 一橋大学 228
53位 東京工業大学 100

女子チーム総合

1位 聖心女子大学 823


24位 東京福祉大学SSPG 269
30位 成蹊大学 231
60位 早大シュプリンゲン 66
78位 一橋大学 11
81位 東京工業大学 8

最終日は、1年生が主役の新人戦でした。
ほとんどの1年生は、大学に入って本格的にスキーをやるものばかり・・

「上手くなったよなー」なんて思いながら見てたよ。。

特に、1番スタートのプレッシャーのかかる中で4位入賞の元気はおめでとう!

本当に1年を通して頑張ってきたので、最後にそれが報われる結果で、俺も本当に嬉しかった!

チームの総合については、思う事が沢山ありすぎて今日は書けません・・(改めて後日に)

まあ、とにかく長かった岩岳も無事に終了した。

1年間頑張ってきた学生達へ最後に・・

本当に本当にお疲れさん!!!!!!!!

P.S 1年生がっつし入れろよー(笑)

岩岳最後の写真は、本日4位入賞の元気(シュプリンゲン)

b0085469_23385946.jpg
by takenyo | 2007-03-23 23:44 | スキーの話 | Comments(2)
女子SL

1位(3) 福田 裕子(東京農業大学) 1:17.69


14位(50) 安倍 昌美(東京福祉大SSPG) 1:25.86
32位(57) 山口 宏美(成蹊大学) 1:32.11
40位(72) 大井 真梨子(明海大学) 1:38.02
44位(19) 齋藤 小文(山梨学院大学) 1:38.67
93位(69) 小池 美矢子(東工大学) 1:51.34

1位の福田選手は、2位以下を3秒も離して、ぶっちぎりの優勝だった。
彼女はまだ2年生なので、来年以降も活躍が期待される選手かな?

滑り的には、高い腰のポジションを常にキープして、雪面タッチが柔らかくて、ポイントになる要所を柔軟にクリアしていました。

本日のSLは、1本目のセッターを俺がやらせていただきました。

岩岳サイドは、「完走率の高いセット」というリクエストだったので、大きいセットを立てました。
スピードセットだったので、ポジションが後ろのままヘアピンやストレートに入る選手は、出口での対応が遅れて、少し失敗していました。

2本目は、1本目よりも少し細かめでリズムが速いセットでした。

スキーも体も前に前に持っていく選手が多く、1本目よりも攻めの滑りを終始貫いた選手が、大きくジャンプアップして上位に名を列ねた感じがしたかな。

うちは、小文が1本目で9位につくも、2本目の緩斜面でのヘアピンでつまずき上位戦線から脱落したのが痛かった・・

長かった岩岳も、とうとう明日で最終日を迎える。
最終日は、男女の新人GS。

うちの1年生達の活躍を祈ろう!

そうそう、今回の影のMVPをご紹介しよう。

高柳 ユウキ(別名:塚地)

明海大の2年生なんだけど、今回は予選を通ることが出来ずに、皆のサポートに回っている。
かなり面白い奴で、うちのチームのアイドル?的存在の男です(笑)

自分は出れないのに、ずっとスタートにいてくれて、俺からの情報や滑る前の選手のサポートをしてくれている。

こういう奴がいるから、選手も俺も安心してレースに集中出来るんだよね。

サンキュウー塚地!!!
本当に感謝しています。。

来年はお前も選手で出ましょう!


それと、それと・・

昨日、今日で引退する4年生へ

4年間お疲れ様!

就職しても、たまには後輩の面倒を見に来てくれや!
お前らと過ごした4年間は、最高に楽しかったよー

本当に本当に、お疲れ様&ありがとう!!!!!!!!!!

そんなアイドル?の塚地&試合終了後に皆で集合写真

b0085469_1949453.jpg



b0085469_1951364.jpg
by takenyo | 2007-03-22 19:59 | スキーの話 | Comments(0)
男子SL

1位(1) 沢田 陽由馬(成蹊ルドルフ) 1:35.66


4位(20)   齋藤 優(早大シュプリンゲン) 1:39.08
20位(42)  境 大輔(成蹊大学) 1:48.26
50位(93)  大出 友晴(東工大) 1:59.10
85位(201) 藤平 耕一(東工大) 2:07.07

完走者がこれだけだって思う人は多いはず・・

そう、後は全員1本目に散りました・・
DF、DQ、セカンドカットに阻まれました・・

それほどまでに1本目のセットが難しかった・・
特に、斜面変化のヘアピンが連続してある箇所にほぼやられました・・

近年まれに見る難しさのセットに撃沈です。

まあ、うちらチームだけではないですが・・

本当に、本当に落ち込みました・・
なので、今日は自棄酒を飲みました・・

だけど、終わったことを嘆いても先には進めない!

残り2日、頑張らせます!

これが鬼門になったダブルヘアピン

b0085469_025466.jpg
by takenyo | 2007-03-21 23:57 | スキーの話 | Comments(0)
女子GS

1位(1) 新谷 新世(長野大学) 1:00.62


17位(6)  安倍 昌美(東京福祉大SSPG) 1:04.29
19位(12) 齋藤 小文(山梨学院大学) 1:05.27
31位(70) 山口 宏美(成蹊大学) 1:06.75
49位(99) 大井 真梨子(明海大学) 1:09.31
91位(33) 荒井 万里名(一橋大学) 1:15.22

苦しい戦いでした・・

優勝した新谷選手は、SGに続き2連勝!(素晴らしい)

見ていて思ったのは、クローチングを組むのは良いんだけど、ラインが膨らんで苦しくなっているのに、無理やり組んでいく選手の多い事・・

クローチングを組むメリットは風圧を避けることなんだけど、動けなくなるデメリットも同時に持ち合わせているので、振り幅に対応出来ないと感じた時は、はずしてしっかりと動いてきた方がラインを合わせられるし、スキーがずれないから良いと思う。

緩斜面=クローチング

変な先入観を持っている選手が多いのかなって思ったよ。
今年は緩斜面での開催なので、特にこのような悪循環で失敗する選手が多いね。

明日は男子SLです。

出場する大概の4年生は、このレースでラストランになると思う。

4年間の思い・・

全力で滑る姿をしっかりと目に焼き付けようと思ってる。

頑張れ!

写真はなし(取り忘れました・・)
by takenyo | 2007-03-20 22:40 | スキーの話 | Comments(0)
男子GS *カッコ内はBib.No

7位(18)   齋藤 優(早大シュプリンゲン) 58.09
8位(6)   奥村 英樹(早大シュプリンゲン) 58.60
18位(35)  金沢 健太(成蹊大学) 59.81
49位(7)  境 太輔(一橋大学) 1:01.80
52位(159) 菅野 元気(早大シュプリンゲン) 1:01.96
72位(333) 新美 健太郎(早大シュプリンゲン) 1:03.01
74位(162) 入山 隼人(成蹊大学) 1:03.11
84位(340) 千葉 康宏(成蹊大学) 1:03.67
92位(540) 奥中 則行(早大シュプリンゲン) 1:04.09


101位(91) 大出 友晴(東工大)

昨日同様、真冬並みの気温で大会は行われた。

バーンの方も、昨日同様にハードに仕上がっており、あまり番狂わせは起こらず順当に来たと思う。

「あそこで失敗しなかったら・・」とか、「あの斜面変化で落とされなければ・・」とか、言い出せばきりがない事は多々ある。
しかし、勝負の世界にたらればは通用しないし、この結果がすべてである。

本日のMVPは、92位の奥中!

なぜなら彼は、出場者数572人の中で540番スタートで450人を抜いたまくり王。


学生 「奥中さん、何秒ぐらい出ますかねー?」

俺 「1分3、4秒ぐらい出して欲しいけど、このスタート順からなら現実的には1分7、8秒ぐらいじゃない」

ゴールでは、こんな会話をしていた。

そう、もうそのスタート順ぐらいになると平均タイムで1分10秒前後で、早くても1分7秒ぐらいだった。

奥中が来た!

全員 「速い!結構いけるんじゃん!」

タイムが出る・・・

1分4秒09

うおーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!

歓声がゴールエリアを包み、皆で奥中を祝福した。

素晴らしい!!

実は、奥中はこの大会のこのレースが引退レースであった。
最後の最後に、凄い滑りを見せてくれて、本当の意味での有終の美だね。

もちろん、その後は皆のコールで日本酒の一気飲みが行われていたけど・・(笑)

上位の選手だけではなく、皆にそれぞれのドラマがある大会が岩岳。

明日は女子GS。(どんなドラマがあるかな?)

ラストランを終え、日本酒を飲み干して安堵の表情の奥中。(左)

b0085469_22473768.jpg
by takenyo | 2007-03-19 22:50 | スキーの話 | Comments(2)
男子 

2位  奥村 英樹(早大シュプリンゲン)
7位  斎藤 優(早大シュプリンゲン)
18位 金沢 健太(成蹊大学)
20位 境 太輔(一橋大学)
40位 新美 健太郎(早大シュプリンゲン)
64位 入山 隼士(成蹊大学)

女子

3位  安倍 昌美(東京福祉大SSPG)
30位 斎藤 小文(山梨学院大学)
46位 大井 真梨子(明海大学)
53位 山口 宏美(成蹊大学)

100位のポイント圏内に入ってきた学生です。

もちろんポイント圏内には入れなかったけど、遅いスタート順番から大きくジャンプアップした学生もいて、初日にしてはまずまずでだったね。

特に上位入賞の学生は、1年の頑張りが成績となって返って来たのでとても嬉しい!

コースがコースなだけに(緩斜面主体)、いかに慎重になりすぎずにタイトにラインをトレース出来るかと、技術的には雪面コンタクトをとぎらせる事の無いように来た選手が上位に来ていたね。

明日はGSです。

今日、悔しい思いをした選手には、借りを返して欲しいと思う。

そうそう、今日は朝から今シーズンで一番の冷え込みで、俺の体感気温では-15度(本当にあったかは知らない・・)

明日はなめないで着込んで行こう・・

大会コース&表彰式で男子2位の奥村と、女子3位の昌美と

b0085469_042012.jpg



b0085469_045290.jpg
by takenyo | 2007-03-18 23:57 | スキーの話 | Comments(2)

白馬にやってきました!

白馬にやって来ました。

明日から開かれる岩岳学生大会の為にやってきたわけだけど、朝に野沢を出発してきた時から雪が降っており、めちゃめちゃ白馬は寒い・・

早速受付を済まし、テント設営(ATOMIC)の依頼をしたところ・・・

建てるのならあそこですって言われたまでは良かったけど、どこのメーカーも建ててないではないか?

どうやら、今年は雪不足で山頂での開催と言う事で、例年のテント設営の場所にはどこのメーカーも建てないという事・・

何故俺がテントを設営しなきゃならないかというと、今回はATOMICからこの大会の為にスタッフを派遣出来ないらしく、その代わりに俺がそういった管理や業務を頼まれているからなんです。。

まあ、今日のところは様子見で帰って来たよ。

今回の宿泊は、常宿のリンデンハットです。

隣接してある「白馬MTS」は、信頼できるチューンナップ屋さんで、そこの中沢さんとは俺がこの仕事を始めて以来の付き合いで、良き理解者であり仕事仲間っていうところに相当する人なんです。。

今年の岩岳は雪不足で、DHがSGに変更されたこともあり、夜のDHミーティングをやらない事から岩岳に宿泊する意味が無くなり、こっちに宿泊をしている。

明日は、初日でSGが開かれる。

学生たちにとって1年の集大成。

学生共々、俺も頑張って行ってみよう!

白馬MISにて (左が中沢氏)

b0085469_2025367.jpg
by takenyo | 2007-03-17 20:26 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo