2015年 12月 04日 ( 1 )

2015.中国万龍遠征12

朝は、9時出発と少しゆっくりのスタートでした!

メインコースの金龍は、上部に少しガスが掛かっているのが下から見て取れました。

昨日までの風も落ち着いたものの、気温は-10度以下とも感じられるぐらいの寒さで、特に山頂はベースとは全然比べものにならないぐらいの寒さでした。

午前はフリーをして早めの昼食を取り、12時からの午後のコマで先日と同様に岐阜第一高校と金龍上部、下部と分けてセットをして、互いにコースを共有してトレーニングしました。

ちなみに、昼には金龍上部のガスも上がり天気も晴れて最高のコンディションでした!


ただ、トレーニングが始まりいつもはほとんどコースサイドでビデオを撮る時間が長いんですが、何故か今日はビデオの調子が悪く撮ることが出来なかったので、フルワンで滑らせるためにウェア降ろしで付いて回りました。

ウェアやミドルを着て滑るよりも明らかにスピードが増し、見ててもスピード感が違ったね。

レースを想定して、こんな日も必要。(勿論薄着で日々やるのが一番良いが、ここでのトレーニングの一番の敵は寒さなので、、、)

上部28旗門、下部25旗門、標高差600、全長約2キロを9本滑りました。

ターン数で500弱、スキーに必要な足を作る意味でもこれだけ滑り込めれば最高ですよね。

日本ではまず出来ないこの長さでの滑り込みで、非常に充実したトレーニングになりました!

明日の早朝トレーニングをして、帰国組は北京移動です。

最後まで気を抜かずに頑張ります。

今日は写真を取る暇がなかったので、こんな写真でも乗っけます。ホテルへの帰り道、、、(ベルト)

b0085469_21155317.jpg
by takenyo | 2015-12-04 21:19 | 中国の話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo