救命講習に

本日は・・

ICIプロスタッフと一部の社員で神田消防署に出向き、救命処置の講習を受けてきました。

救命処置とは、「心肺蘇生」、「AEDを用いた除細動」、「気道異物除去」の3つの処置を言うそうで、傷病者に対して行うべき手当てを4時間の講習の中で勉強をしてきました。

やはりこのようなことを身に付けることにより、不慮の事故等に備えようと言うのが本来の趣旨です。。

まずは、心肺蘇生と言うことで「人口呼吸」と、「心臓マッサージ」を実際に人形を使用して行ったんだけど、なかなか知っていそうで知らないことが多くあった。

まあ、当たり前なんだけど・・

気道確保だけでも、それまでに行わなければならない最低限のことからしっかり頭に入れました。

AEDは最近良く耳にする医療機器だけど、実際どのような場面でどのようにして使うかも分かりました。

もちろん、このようなことがいざとなった場合にすぐに出来るかはまだ不安だけど、救急現場に居合わせた時には、ためらわずに勇気を持って実施する意思は持てましたね。

特に我々の現場(スキー場)では危険もついて回るところだと思うので、今日のことは今後のもしもの為の時に役立てるようにしたいと思う。

勉強になった1日でした!

b0085469_0573635.jpg
by takenyo | 2008-10-02 00:59 | 日常の話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo