レーザー・レーサー

とうとう・・・

日本水泳連盟が、競泳日本代表選手が北京五輪で着用可能とする水着を選手が自由に選択できるよう決定を下したそうです。

連日のようにニュースや新聞で取り上げられ、水泳に興味がなくともこの魔法のような水着レーザーレーサーには興味が惹かれます・・

何が、そんなに違うのか・・?

まあ、色々と速くなる為の理由があるそうだけど、着用に2人がかりで30分と、もはや水着と呼べるのでしょうか?

まあ、北島選手が平泳ぎ200メートルで約1秒近く世界記録を縮める快挙を成し遂げたのだから、回りが騒ぐのも無理が無いのかな・・

こぞって各国の選手が、このレーザーレーサーを着用したい理由が少し分かったような気もするから不思議です。

スキーと同様に、コンマ何秒を争う競技だから、水着でタイムの差が生じるなんてナンセンスとは思うけれど、そうも言ってられないのが勝負事。

そう考えると、本日下された決定は、自国の選手には個人の持っている力を最大限に引き出してくれる水着を着用させてあげたいと願う選手の願い、そして国民の願いを連盟が叶えてくれたのでしょう。

今年の北京オリンピックでは、水泳競技から目が離せませんね。。

それはそうと、実はこのレーザーレーサーを作り上げたスピード社の国内代理店が、何とゴールドウィン!(知っている人も多いと思いますが・・)

何と、このスピード社効果で、同社の株価が9日に年初来高値を更新したそうです。


う~ん・・・

株、買っとけば良かったです・・・(笑)
by takenyo | 2008-06-11 00:30 | 日常の話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo