感覚とタイムとのずれ・・

日曜日の本日も、スキー場は空いていた。

大丈夫か、我が地元野沢温泉?と問いただしたくなるほどであった・・

まあ、まあうちらは昨日同様にパラダイス4でGSトレーニングを。
本日はブロアーも使用して、スキーをチェンジしながらテスティングも行いました。

ATOMICのNEWモデルは、今俺のところにMEN191,186,181とWOMEN183,175と各サイズ取り揃えている。

興味深いのは、やはりフィーリングとタイムが一致しないこと。

例えば、感覚の中ではスキーが曲がらず、真っ直ぐ行き過ぎてエッジングのタイミングが後半型になっていると感じていても実際はタイムが出たり、孤で繋げられて速い!と感じていても実際はタイムが出なかったり・・

優先するのをタイムに限定するのは安易かもしれないが、やはり速い板を求めるとすんなりにフィーリングと一致しないから不思議なもんだ。

ATOMICの来期モデルは、全体的に構造がBOX形状に近くなり、しなやかさがプラスされた。

Rだけで判断する人は難しいと敬遠する場合もあるが、実際はルールに適合したモデルの中ではそんなに難しさを感じない出来になっていると思う。

もちろん、人によって感じるフィーリングは様々だが、俺にとって自信をもって来期モデルは進められるようになってきたね。。

毎日WAXをかけて、メンテナンスは十分してあるんで、これから来る人は楽しみにしていて!

明日から、平日で人数激減。

少ない人数でも頑張ります!

シーズン最後に来て絶好調の小林さん!その勢いをまた来年。。
今シーズンも、お疲れ様でした!

b0085469_18385743.jpg
by takenyo | 2008-04-27 18:41 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo