関東医科大学スキー大会・GS

舞台が変わり・・

本日から(大会は昨日から)2日間、野沢で行われている関東医科大学スキー大会に出場している日大医学部&慈恵医大の大会サポートに山に上がった。

時間は8時出発と、昨日(岩岳)までに比べると多少余裕があった。

この大会は、昨年度から野沢で行われいるのだが、昨年は雪不足の為にやまびこBコースが大会コースだったのだが、今年はカンダハになった。

昨日のSGは、国体バーンでもある東コース、本日のGSと明日のSLは西コースで行われる。(行われた)

ご存知の通りカンダハは、今年の国体やジャパンシリーズの舞台になっている日本一のレーシングバーンです。

しかも、スタートハウスからゴールまでを使用・・

滑れる選手はいいが、一年生などの初心者には正直辛いし、大丈夫だろうかと多少の不安は選手以上にコーチがもっていたかも・・

セットは、カンダハ特有の細かく左右に振れている超テクニカルセット!

インスペクションから、攻める箇所と守らなければならない箇所を伝えた。

その甲斐があって、うちの選手は男子2位(桜井)、3位(黒沼)、6位(康太)、7位(浦田)、9位(柳沢)と10位に半数の5人も入る快走を見せ、女子は3位(P子)に入った。

しかし、残念だったのは1年の望美が転倒して右膝内足靭帯を損傷という怪我を・・

ちょうど俺の立っていた位置からは死角になって見えない箇所だったのだが、見ていた人の話を聞くと、どうやらラインが溢れて耐え切れない姿勢から逆エッジを食らったそうだ。

MRIを取ってみないと正確にはどの程度の症状かは分からないとのことだが、残念で仕方がないね。

けど、望美は明るい子で、「大丈夫。来年また頑張ります!」とのコメントを残し野沢を後にした。(親が迎えに来て帰宅)

望美の復活に期待しよう!

明日はSLです。

頑張れ、日大&慈恵!!!!

コースインスペクション&レース風景

b0085469_2128537.jpg



b0085469_2128371.jpg
by takenyo | 2008-03-23 21:32 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo