DHトレーニング!

やっと出来た!

昨日はガスがかかって出来なかったから、ある意味念願のDHトレーニング。

大斜面に、幅いっぱいに使って大胆にセットして、スノーバスターズと合同でタイムも取りながら何とも贅沢なトレーニングだった。

今日は、普段体感しないスピードと、普段よりも長いスキーに慣れることをテーマにした。

朝から気温が高かった(4度)為に、いまいちバーンは締まりきっていなかったけど、それでも十分にパックされたバーンコンディションだった。

前後にポジションがばらつきバランスが悪い選手が多く見られたのと、やはりターンが小さくなりすぎて流れが途切れている選手が多かった。

大きな力がかかるターンで、腰の位置が低すぎて力を受け切れなかったり、浅く真っ直ぐな局面でも腰が高く風圧を受けすぎていたり・・

言い挙げればきりがないや・・

けど、初日なんでこれから試合に向けて色々なことを吸収させたい。

午前の最後には、WAXテストを行ったよ。
緩斜面で、60~70メートルの距離でタイムを取った。

一番速い選手で11秒14(何と1年生の小布施!)

平均で11秒40~50

たったの10秒でコンマ3、4つくってことは、50秒コースでは約2秒・・

そう考えると、11秒50で滑った選手は、何もしなくても50秒コースでは2秒のビハインドを背負うことになる。

これは大きい。

やはり、スキーは滑走性が大事というのを再認識した。

それと、一漕ぎもしないという条件だったのにも関わらず、一漕ぎした選手がいた。

その選手は何と11秒10!
非公認ながら、実は影のラップタイム(百分の4で)

ここから分かるのは、スタートでの一漕ぎは大きい!

色んなことが分かった、良いWAX(スキー)テストでした。。

午後は、本隊組と合流してGSを急斜面でやって1日を終えました~

明日もDH&SL頑張ります!!

遠すぎて分かりづらいけど、DHトレーニング。

b0085469_20592187.jpg
by takenyo | 2008-03-12 21:02 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo