イメージトレーニングの必要性

本当に、今年は雪が良く降る。

一昨日も、昨日も断続的ではあるが雪が降り、朝は決まって車には新雪が積もっていた。

昨年の苦い思い出があるから、「もう、いらない!」とは口が裂けても言えないが、何だか複雑な心境です・・

さて、本日は昨日と同様に人数が多い為、2班に分かれてのトレーニングを行った。

俺はGSを、和田はSLを。

斜面は中斜面から、午後に急斜面に展開した。

表面はぱりっと硬く、中はぐさぐさ(ふかふか)で、まるでモナカのようなバーン状況であった。

スキーに自体重を乗せようとする時に、膝を曲げたり内側に入れたりすると、お尻が落ちてしまったりして、効率の良いパワー伝達が出来ない。

特に深いターンの中では、たわみをしっかりと引き出せない選手は、減速要素の少ないターンを連続することはまず不可能。

イメージトレーニングを良くして、正しいポジションを身につけさせねば・・

SL班も、和田のきついセットに苦戦しながらも頑張っていました!

さて本日は、今来ているSSTの恒例の幹部交代です。
くれぐれも飲みすぎて羽目を外さないようにして欲しいものですが・・

ねぇ、和田君・・笑

午後のトレーニング風景(左GS、右SL)

b0085469_18551410.jpg
by takenyo | 2008-02-28 18:57 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo