足元から考える

朝から雨の音で目が覚めた・・

しかし、運の良い事にトレーニングの開始に合わせるように雨が上がる。

ラッキー!

ギャロメに着くと、路面は少し濡れていて滑るものの、構わずトレーニングを開始した。
けど、やっぱり滑って最初は怖かったみたい・・

ギャロメは斜度があるようでないので、コーンを大きく(大回り)セットすると間延びしてしまうので、ショートターンをメインに進めた。

テーマにもってやったのは、「路面に近い部分(足元)から考える」

言い換えれば、下から仕掛けるって言うこと。

スキーでも同様だが、足首であったり膝が動かないとターンは始動しない。
上半身から動く人は、自分の感覚ではターンは始まっていると錯覚するが、実はまだスケート(スキー)が回転反応を起こしておらず、タイミングがずれている場合が多い。(と言うか、絶対)

自分の感覚と、実際の動きがリンクしない良い例ともいえる。

だから、必ず下から動き出しを開始させないと結局はつけが後半に来て、自滅するパターンになってしまう。

その辺を少し意識をしてもらいながらのトレーニングでした。

午前中の最後や、午後には斜度がきつい路面でも行った。(ばりばり、公道です・・)

スキーは落下するスポーツだから、こんなシチュエーションが実は一番最適!
もちろん、転ぶと痛いけど・・(笑)

良いトレーニングになりましたよ。

そして、締めは恒例のBBQ!

明日は最終日で、野尻湖にこれまた恒例の水上トレーニングに出かけます。

BBQ!

b0085469_21324597.jpg
by takenyo | 2007-07-26 21:34 | 日常の話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo