マテリアルチェンジ

久々にスキーネタ・・

もうご存知だとは思うが、ジョルジョ・ロッカ(ITA)がアトミックからサロモンにマテリアルを変えた。(3年契約)

アルベルト・トンバ以来のイタリアのスーパースターで、活躍は言うまでも無いが、記憶に新しいところでは、昨年の開幕5連勝と、トリノオリンピックでのあっけないコースアウトが特に印象に残っている人が多いのでは?

俺も大好きな選手の一人で応援していたから、ちょっと今回のマテリアルチェンジはショックかな。

まあ、とは言ってもこれからも応援する事に変わりは無いが・・

俺には、ジョルジョ・ロッカといえば忘れられない滑りがある。

その滑りとは、2年前の04~05シーズンのセストリエール(ITA)での2本目の滑り。
コース終盤の中斜面での滑りは、本当に鳥肌が立つほどに素晴らしく、多分あんな滑りはもう見れないんじゃないかって思うよ。

それほどまでに、凄かった・・

だけど、ゴール前の緩斜面のストレートに対応しきれずに、結局DFしたんだけど、ゴールしたら間違いなくダントツの優勝だったと思う。

何か今年(07シーズン)は、上手く歯車が噛み合わないまま終わった感じだったけど、何とか
昨年に見せた強さをもう一度見せて欲しいね。

正確なポジションで、絶妙なタイミングでスキーに加圧して、誰よりもターンをコンパクトに仕上げるあの技術は絶対世界一なんだからね。

あ~ぁ、それにしても悲しいな・・

ちなみに、それまでのサロモンのエースであるイビツァ・コステリッチ(CRO)は、1年の短いショート契約でフィッシャーにしたそうです・・

普通、契約は2年と聞くから今年の動きは無いなんて思っていたけど、やっぱトップ選手は良い方向に向かうために常に考えて、今回みたいなマテリアル変更をするんだろう。

そのうち、もっとあっと驚く選手のマテリアルチェンジがあるかもね・・
by takenyo | 2007-05-15 00:57 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo