4連休の始まり

GWシリーズも中盤、4連休の始まりです。

天気は最高!

本日も、中回転のセットをしたのちに、まずはフリーから始めた。
俺と和田の2組に分けてのレッスンで、俺は上級生を相手にした。

そうそう、今回来てくれているのは毎度の慶応高校生。

この時期は、非常に水分を含んだ重い雪が特徴。(ざくざく)

ポジションがしっかりとしていないと、スキーのコントロールが難しい。
雪がおもむろに固まっていたり、雪が少ないから起伏もトップシーズンよりも随所にはっきり出ている。

体や腰の向きに気をつけて、足元重視のターン始動を出来るように色んなエクササイズトレーニングをやった。

そして得たものを、ポール(規制)の中で応用させるいつものパターンでトレーニングを進めていった。

ありえない日差しで、バーンのダメージがひどくて、コンディションはいつも以上に悪化した為になかなかゴールまでトータルして実践できる学生は少なかった・・

けど、ありえないコースで滑る大会もあると思うし、やって無駄なトレーニングは無いからしつこくやったよ。

続きは明日だね。。


全然話は変わり、最近気になっているニュースが取り上げられていたので・・

「スポーツ特待制度」

そう、高野連の問題である。
実態調査の結果、全国で300校を超える学校が野球憲章違反をしていたそうだ。

意見が様々出ているが、俺の意見を少しだけ書こう・・

手っ取り早く言うならば、「何でダメなん?」って感じ。

だって野球だけじゃ限らず、特待制度なんて公然の秘密であって、やっていたなんて告白されても誰も驚かないし・・
大体にして、高野連が知らなかったはずが無いと思うのだが・・

「不明瞭な金の流れを絶つ」って意味じゃ確かに高野連が言わんとしていることも少しは分かるが、野球のすそを広げて、生徒への教育効果も期待できるメリットも同時に持ち合わせているし、大体野球だけダメって事が一番理解に苦しむ・・

純粋に勉強でもスポーツでも、頑張っている子を評価する事は特別に悪い事ではないと思う。
一芸に秀でた生徒を尊重する時代に、何て古いことを言っているんだぃって思うよ。

ちなみにスキーは高校でそのような制度で選手を集めているところは少ないと思うが、大学じゃ当たり前のことだし・・

長々と俺の考えを書いてしまったが、どう思いますか??

写真は、コントレ後のやらせ写真です(笑)

b0085469_1955253.jpg
by takenyo | 2007-05-03 19:58 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo