岩岳学生大会・3日目(女子GS)

女子GS

1位(1) 新谷 新世(長野大学) 1:00.62


17位(6)  安倍 昌美(東京福祉大SSPG) 1:04.29
19位(12) 齋藤 小文(山梨学院大学) 1:05.27
31位(70) 山口 宏美(成蹊大学) 1:06.75
49位(99) 大井 真梨子(明海大学) 1:09.31
91位(33) 荒井 万里名(一橋大学) 1:15.22

苦しい戦いでした・・

優勝した新谷選手は、SGに続き2連勝!(素晴らしい)

見ていて思ったのは、クローチングを組むのは良いんだけど、ラインが膨らんで苦しくなっているのに、無理やり組んでいく選手の多い事・・

クローチングを組むメリットは風圧を避けることなんだけど、動けなくなるデメリットも同時に持ち合わせているので、振り幅に対応出来ないと感じた時は、はずしてしっかりと動いてきた方がラインを合わせられるし、スキーがずれないから良いと思う。

緩斜面=クローチング

変な先入観を持っている選手が多いのかなって思ったよ。
今年は緩斜面での開催なので、特にこのような悪循環で失敗する選手が多いね。

明日は男子SLです。

出場する大概の4年生は、このレースでラストランになると思う。

4年間の思い・・

全力で滑る姿をしっかりと目に焼き付けようと思ってる。

頑張れ!

写真はなし(取り忘れました・・)
by takenyo | 2007-03-20 22:40 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo