ハードバーン!

朝起きると、ピーカン!

久々に今日は硫安の出番か?と思いながらも、今朝の冷え込みによるハードバーンに期待しながら山に登った。

コースに着くと、しっかりと圧雪されハードパックされたバーンが用意されていた。
(予想を裏切られ、超ラッキー!)

35ターンのSLセットをして、トレーニングを開始した。

全関西大会組がいたのもあり、昨日よりも人数的には増えて20人いたのだが、バーンが全然掘れず、荒れずに最高だった。

けど、こんな状況下だと雪面グリップ力は身体にかかる負荷となり蓄積されるから、かなり足に来る。
まあ、ずらさずにカービングで滑った場合のみだが・・

中斜面と緩斜面での意識の違いを、滑りの違いとして出して欲しかったんだけど、緩斜面でも上下動が大きすぎて、ターンが繋がらない選手が多かったかな・・

落下力が無い状況では、極力不必要な上下動を抑えて、トップからテールを長く使う意識で
スキーを走らせて欲しい。

それが出来るとタイムはぐっと縮める事が可能だからね。

結局午後までバーンが緩むことなく、最高の1日でした!


帰宅してニュースを見ると、今朝野沢で事故があったらしい・・

新潟の名門校である八海高校の先生が、選手を連れて白馬に向かう最中に車線をはみ出し
トラックと正面衝突したそうだ。

そして、運転手である先生は亡くなり、選手は重傷とのことだった。

そして、そして良く見るとその先生は俺の大学時代の同期だった。

直接的な面識はあまり無いが、日体大ということもあり名前も顔も知っている人物だった・・

事故というのは、辛く悲しい事である。
まして、それが知っている人だと尚更・・

心よりのご冥福をお祈りします。

下山最中に撮ったカンダハ(5月?)

b0085469_19211189.jpg
by takenyo | 2007-03-09 19:25 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo