撮影2日目

本日は、AMのみ昨日に引き続きSkierの撮影があった。

来期のGSのレギュレーション変更に伴い、27メートルのスキーが各メーカーから出てくるわけだが、そのスキーで色んなテーマのもとにフリーで表現するのがミッションだった。

しかし、カメラを構えられてやる事を忠実に表現する事って本当に難しい・・
俺は、ダメダメで自信喪失でした・・

けど、久々にフリーで半日も滑って、現実逃避しているようで少し楽しかったよ!

そして、そして午後は現実に逆戻り(笑)

いつもの水無コースで、AMから引き続いてのGSトレーニングだった。

毎日変化する選手の数を把握しきれていないんだけど、本日はえらい数が少なく(12名)効率が良かったよ。
バーンコンディションも固くしまっていて、ある意味野沢らしくないのが良かった(笑)

やっぱ今の世代のスキーヤーは、カービング世代なわけで、エッジを引っ掛けているだけで簡単にターンが出来ると錯覚しやすいんだけど、アイスバーンではそれだけでは通用しない。

何回も何十回も、重複した事を書いているんだど、とにかく言いたいのは・・

たわませろ!

しならせろ!

これだけなんです。。
トップからテールまでを、一つのターンの中で感じられる事が出来れば、スキーの挙動は押さえられるし、安定感が生まれると思うんだ。

斜面を出来るだけ縦に落下していくのがアルペンの基本だけど、その中で左右に振られたゲートに対してターンを繋いで行くためにも、たわませてしならせて反力を使って行けないとならないね。。

攻撃的な滑りを貫き通すためにも、絶対に必要な事なんです。

明日も、明後日も言い続けよっと!

本日の撮影での一コマ(出されたテーマを皆で真剣に聞いています)

b0085469_20561737.jpg
by takenyo | 2007-03-08 21:00 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo