フリーの重要性

本日のスタートは、野沢のメインゲレンデである日影ゲレンデでのフリートレーニングからだった。

日影ゲレンデは、上部から下部まで一定の斜度(中斜面)で横幅も広く、色々なことを試すベストな場所だと思う。

しかし、固くしまってはいるものの、朝一に圧雪車をかけたのか、少しころころが出ていてエッジがいまいち掛かりにくい状態ではあったが、良い時間帯になったかな。

やはり、技術の構築にはフリーは欠かせないものだし、フリーで出来ない事を規制された中で出来るはずが無い。
自身で考えて表現出来るようにすることが、まずは技術の習得と言う観点からは大事だと思う。

1時間弱滑って、長坂ゴンドラ(野沢で最長の12人乗り)で中間駅に位置する水無ゲレンデに向かった。

出だしは中斜面で、その後に緩斜面に繋がるコースで、今後開かれる野沢の各大会コースにも設定されている。

昨日も書いたけど、ここは普段(平日)であれば経費削減の為にリフトは運休されている。

ただし、今年に限ってはカンダハが雪不足の為に閉鎖されている関係もあり、昨日から動き出した。

俺にとっては大変ラッキーな事であり、今後の野沢でのトレーニングのメインコースになる。

午前をこなし、昼食は昨日同様にパラダイスゲレンデにある「レストランぶな」に行った。

ここは、雄大の実家が営んでいるレストランで、毎日ここで決められた時間帯に皆一斉に昼食を取れるように事前にお願いをしてある。

そして、午後もトレーニングをして本日は終了。

今日からがーんと人数が増えた。
しかも、和田が成績発表とかで一回埼玉に帰っているので、コーチは俺一人なんです・・

明日の夜には戻ってくる予定なので、明日1日は一人。

頑張るぞー!

水無ゲレンデ&久々の雄大とのショット(たまたま、ぶなにいた)

b0085469_19365195.jpg



b0085469_1929968.jpg
by takenyo | 2007-02-27 19:37 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo