野沢少年

本日は、野沢カンダハコースへ向かった。

野沢少年と言う、中学生の大会が開かれていて、全中の前哨戦とも言えるこの大会に遠方の中学生も沢山参加していた。
やはり、本番と同じコースでこの時期に滑れるのは良い意味でのアドバンテージになると思うしし、この大会である程度の本番での勢力図が見れるような気がした。

しかし、会場に着くと、相変わらず雪が無い・・

かなり深刻な状況なんだと思いながら、色々な人に挨拶を。
その中で、今日の野沢少年の競技委員長であり、来週からのキャンプのメインコーチである
富井剛志さんとも話をした。

全中に備えて、毎日雪を入れながら、メンテナンスをしているとの事で、そうもしなければ日々の暖かさから、とうに土が出ている状況だそうだ・・
ダメージは思いのほか深刻で、こういう日でも1日に10センチは減っているらしい・・
特に、野沢は降雪機が無いから、降る雪を願う毎日で、先々不安との事を話していた。

と、来週のキャンプは大丈夫かと聞いたところ・・

現状、この調子だと厳しくて、色々な事をシュミレーションしながら、今日やるかやらないかの
最終ジャッジをすると言っていた。

思うのだが、カンダハじゃなくても良いじゃんとも思ったが、結局本番コースで滑りたい子が来るわけだから、カンダハでやらないのなら意味が無いんだよな・・
むしろ、野沢の他のコースでやるんだったら北竜湖のほうがずいぶんましだしね・・

最終的なことを言っちゃうと、結局来週の全中事前キャンプはキャンセルが決定。

けど、本番を見据えてメンテナンスをしたいとの地元の考えは間違っていない。
英断だと思う。
やむをえない状況下の中での決断に、俺も納得した。

まあ、出来なきゃ出来ないで北竜湖でやるだけだから、こうなった以上すぱっと頭を切り換えて頑張るだけ。

話はそれちゃったね・・

大会はというと、期待の裕香はDF・・・
スタート順も良かったし、2本揃えてもらいたかったけど、1本目でまんまと罠に引っ掛ったかな・・(普段通り行ければ、良いとこ行ったと思うんだけどね・・)

他のDFした選手にも言えることだけど、腰の位置が低すぎです・・

膝で切り返すだけだから、当然前半でスキーの制御が利かなくなる。
もっと、トップの働きを最大限生かして滑らないと、スピードの次元が高くなればなるほど、厳しいね。
その中で、自発的にスキーを動かす部分は無きゃ駄目だし、全体を見据えたコースマネージメントが必要だろう。


優勝した選手は、菅平期待の蓮見小奈津選手(中2)

今、もっとも将来を嘱望されている中学生の一人だと思う。

実は、この選手こそATOMICジュニアカップの第1回目の優勝者である。
俺がバルディゼール連れて行く予定で、親とも会ったりしたのだが、学校の関係や他にも海外レースに行った関係で、2位の選手に振り返られた経緯がある。

その子のコーチとも仲が良いから、俺自身が結構気になっている存在の一人。

滑りは、まあそれは凄いっすよ・・
分かりやすく言えば、佐々木明の女バージョン(笑)

良く言えば、元気が良い。
悪く言えば、バラバラ。

やばいぐらいスキーを縦に向けてくるから、他の中学生と比べてゲートへの入射角度が全然違う・・
ポジションが崩れようとも、真っ直ぐ行き過ぎてアンダーが出たとして、リカバリーしながら、しぶといしぶとい・・
今日のレースも、失敗の連続でコースアウト寸前だったけど、それでも優勝したから、まとめてきたら本当に凄いだろうね!
まあ、この危なっかしさが彼女の特徴らしいが・・(コーチ談)

リスキーな滑りをするけど、中2という事も考えると、荒削りで変にまとまっていないからこそ魅力があるんだと思う。

その潜在能力が今年の全中で開花すれば良いけど。(名前だけでも覚えといてください)

写真は、ゴール風景(いつも、コース写真なので・・)

b0085469_21511864.jpg
by takenyo | 2007-01-25 22:05 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo