栃木県国体予選

まずは、朗報を!

昨日のブログで、キッツビューエルのワールドカップ開催がやばいと書いたが、今日のスキー&スキーを見ると、スケジュール通りに開催との朗報が!

まあ、SLコースにはまだ雪が無いらしいが・・

けど、伝統のレースを開催するっていう主催者の意気込みが伝わってきたね。

何とか、良いレースになる事を期待して・・


さて、今日は久々にハンターマウンテンに行って来たよ。

目的は、栃木県国体予選

毎年、シーズン中には度々お世話になる足利の人を始め、知り合いが沢山この栃木にはいるから、毎年足を運んでいるんだ。

しかし、今日のハンターは寒かったー
半端じゃなく、体感気温だけで言ったら今年で1番かも・・

こんなところで、レッスンとか絶対出来ないって思っちゃったよ。(まあ、たまにやってるけど・)

コースは、レキシントンアベニューって言って、時間にして1分20秒~30秒かかるロングコースなのだ!
しかも、緩斜面が主体なので、見ているだけで疲れそーって感じ・・

一応、粋な計らいをしていただき、コースまで入った(インスペクション)。
(*小林さん、ありがとうございました!)

セットは、ありえないほど真っ直ぐ。
守ったらアウトって感じ。

斜面変化さえ気をつければ、はっきり言って行け行けで全然OKなコース。

特に、コース真ん中の緩斜面は開けて(遮るものが無い)いるので、上からのスピードを繋げて尚且つ、そこから滑らせるための技術が必要な重要なポイントになったかな。

それと、その斜面に繋がる前の斜面変化もポイントだったね。

ちょうど俺は、その斜面変化の箇所で見ていたのだが、真っ直ぐなセットなだけに、真っ直ぐ来るのは良いけど、谷回りをしっかりと取れて来れない選手は、溢れてアンダーが出て、しかもそれが蓄積されて、勝手に自滅していたかな・・・

けど、栃木のスキーヤーって真剣で熱い人が多いから、気合でカバーしていたところはさすがだね(笑)

まあ、惜しくも国体出場を逃した選手の方は、新たな目標に向かって頑張ってください!!
(とりあえず、明後日のSLかな?)

では、では。。

これが、通称ガメラ?っていう、皆に恐れられている斜面変化。(ちょっと、写真だと分かりにくいけど・・)
そして、この後に緩斜面に繋がる重要な箇所。

b0085469_085248.jpg
by takenyo | 2007-01-20 00:15 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo