ATOMIC CUP!

本日は、恒例の今合宿締めのイベントである、第3回ATOMIC CUPが行われた。

この大会の前身は、「朝里CUP」と名をうって行われていた単なるタイムレースであった。
それが、3年前に俺がATOMICにマテリアルチェンジするタイミングで、今回もお世話になっている名古屋のDoingの村田さん(同じATOMICを履くプロ)と、何か一緒にやりたいねって話から企画が始まった。

せっかく同じブランドを履く同士なので、冠をつけてやろうということになり、アメア(ATOMIC)に企画を持ち出した。

アメアには、俺のスキーの良き理解者でもあり、お世話になっている田村茂雄さんがいるから、話はとんとん拍子に進んだ。
ちょうどその時に茂雄さんが、「ジュニアの大会もやろうか!」とう話になり、ジュニア大会との併用での今大会が企画され、そして実現する運びとなった。

「ATOMIC Jr CUP」

ご存知だと思うが、全国12会場行われる今年で3年目になる企画である。
各地区の上位入賞者を、3月末に本州は菅平、北海道は富良野に集め、そこの男女優勝者を
夏の「木村公宣ニュージーランドキャンプ」にご招待と言う、とても魅力の詰まった夢のある大会である。

ちなみに、1年目はバルディゼール(FRA)で行われたFIS大会に招待。
そして、昨年からニュージーとなったのだが、俺は2年立て続けにこの企画の優勝者を引率した。(今年は、公宣さんと徹也と一緒)

この夢のある企画に、毎年多くの小学生が参加してくれるのだが、この大会のスタートも実は3年前のこの朝里の地なのである。

俺のATOMICチェンジがあったからスタートしたわけではないが、その時に俺と村田さんと茂雄さんが、共に同じ方向を向いていなかったら、もしかしたら今の朝里の形やジュニアカップの形は無かったかもしれない・・・

まあ、一つのきっかけになったことだけは確かだし、色んな意味で3年前にこの企画を発案してよかったなーって思うんだ。

メインはジュニア大会なんだけど、この朝里だけは一般の部も作ってもらってやっていることもあんまり知られていないような気がするけど、ここに来ている学生は、少なからず楽しみにもしてくれているし、恒例の大会って思ってくれているのが、何より嬉しいね。

だからこそ、良い大会にしなきゃって思って今年も頑張ったよ!

雪は相変わらず例年よりも少ないけど、それでもメインのレッドコースを使用して大会は行われた。
昨年に引き続き前走者には、ATOMICファクトリーチームのそうそうたる面々が集結して大会を盛り上げてくれた。
昨年は悪天候(猛吹雪)だったけど、今年は天候にも恵まれた。

なにより、最高のスタッフと最高の参加者に恵まれ、最高に楽しい大会が出来たから本当に良い1日だったよ。

そんな大会風景(初の3枚)

b0085469_018662.jpg



b0085469_0163585.jpg



b0085469_017061.jpg
Commented by T子 at 2006-12-27 18:22 x
今年も2週間近く、ありがとうございました(^-^)
飛行機を降りると、東京は21度。
季節がいつだかわからなくなりました。
では今度は、インカレで!
Commented by takenyo at 2006-12-29 00:04
お疲れさん!

朝里は大雨で、ずいぶんバーンがやられているよ・・
束の間の休息を十分にとって、まずはインカレ前の野沢で頑張れよー。。
by takenyo | 2006-12-26 23:58 | スキーの話 | Comments(2)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo