凍傷の恐ろしさ・・

11月にもなると、沢山のスキーヤーが海を渡り海外に行っているね。

アメリカ、カナダ、ヨーロッパと、今までに色々な所に行ったが、忘れられないのはカナダのナキスカと言うところ。

カルガリーオリンピックが行われた、カナダの有名なスキー場であるが、ここに大学3年間合宿で行った。
コースが固く、急斜面と、まあ難しいコースでトレーニングしていましたよ。

それに、寒さも尋常でない・・
俺の経験した極限値は、-28度!
体感したことありますか??

まず、鼻毛が凍ります・・
そして、じっと止まっていると、寒さで体中が痛くなってくる。
もちろん、滑る時に肌なんて出そうもんなら・・

と、素晴らしい体験をした所なのであります(笑)

話は変わり。

日本でも寒さで、「足の指凍傷になったー」とか、たまに騒いでいる人を見かけるけど、大体の場合は凍傷ではなくて、しもやけなのであります・・
俺は、心の中でいつも「凍傷のわけないちゅーの!」って叫んでいます。

大体にして、凍傷って本当になったらまじやばいですから・・

自慢にはならないけど、俺は本当の凍傷になったことあるからね。
ここまで書いてカナダではないけど、オーストリーのヒンタートックスって場所で。

ブーツを脱ぐと、両足の指が真っ白!(もちろん、感覚なし)
触ると、釘が打てそうなくらいの固さ!(もちろん、びっくり)

そして、病院に向かい診察をしてもらうと、案の定凍傷って診断された。

先生は一言。

「じゃあ、月曜日(その日は土曜日)に来てください。その時に、切るかどうかの判断します」
だって・・・(さらりと)

いや、いや、切られてたまるか!と思い、泣きそうになった思い出がある。
けど、その気持とは裏腹に指は白から青白くなってきて、血が回り始めると今度は激痛が・・
その痛さといったらもう・・・

毎日、両足指が床につけないから、松葉杖で踵歩き。
何日経っても、痛さは変わらなかったな・・

結局、切るまでは何とか至らなかったけど、一週間滑る事が出来ませんでした・・
一ヶ月の遠征で、一週間もだよ・・

だから、足指に感覚がなくなってきたら、絶対に我慢をしないで下さい。
感覚がなくなってきた後にはリバウンドで、少し足指が温かくなってくる。
そしたら、もうアウト!

俺も、我慢をして感覚が無くなって、温かくなって、調子こいて滑ったら、こんな状態になった。

経験から言う事だから、説得力あるでしょう?

と、経験談でした。
Commented by D at 2006-11-09 10:00 x
まず、“鼻毛が凍る”確かにそうだろうーな・・・
by takenyo | 2006-11-09 00:43 | スキーの話 | Comments(1)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo