韓国人が来店

今日の話だが、お店にいると2Fの徹が俺の元に来て、

「健志さん多分だけど、毎年カードローナにいる韓国人来てますよ!」と・・一言。

2Fに行き、レジでお会計をしている韓国人に目を向けた。
確かに、夏に毎年カードローナで会う韓国人だった。
その韓国人は、ジュニアチーム(クラブチームだが・・)のコーチをしている人物で、毎年会うこともあり、少しは仲が良い存在である。

声を掛けるとびっくりしたような表情で少し戸惑っていたが、もちろん覚えてくれていて、握手を交わした。

少しは日本語を喋れるので、色々と会話したのだが、日本にはTDの講習会の為に来たらしい。
そして、更に話を進めていくと11月にその人も中国に合宿に来るらしく、そこでの再会を約束して帰って行った。

それにしても、向こうもまさか俺がここで働いているとは思ってもいなかっただろうし、俺も同様にまさかうちのお店に買い物に来るとは思わなかった。

良く言う言葉だけど、世界は狭いなーなんて思った出来事だった。


けど、実はこの時期になると毎年なぜか多く韓国人がお店にやってくる。
もちろんスキー用品を買いに来るのだが、バイヤーも多数訪れるので、お店では韓国人が来ると必ずと言っていいほど期待をする。

何しろ、中には100万以上は購入していくバイヤーもいるからね・・

だから、そのようなバイヤーが来る事を見越して色々と策を練っている担当者がいるぐらいだ。
どうやら、そのバイヤーは韓国でスキーショップを経営しているらしく、日本製のスキーウェアーを大量に購入していくことでお店ではちょっと知られた有名人である。
韓国では、日本製のスキーウェアーの人気が高いらしく、色々と物色をして何回かに分けて日本にそれ目当てに来る。

今年は、そこのリーダーが徴兵らしく、別のバイヤーがもう一回下見で先日訪れていたから、またもうすぐ来るんだろうなーなんて思っている。

まあ、そんな事で韓国人はお店の良いお客さんになっている話でした。

そうそう、韓国で有名なヨンピョン(ドラゴンバレー)は、冬ソナの影響でかなり混雑しているらしいよ。
空前のスキーブームなんだって・・

中国にしかり、韓国も同じアジアとしてスキーが盛り上がれば、嬉しいけどね!
by takenyo | 2006-10-21 01:35 | 日常の話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo