ネットの世界の怖さ

最近、俺の友人が中傷メールやコメントに悩んでいるという。

このようなブログでも、どんなサイトにも不特定多数の閲覧者がいる。
ネットの世界では、常識は通用せず、ルールもあって無いようなものである。
だから匿名での中傷などに、悩まされる者も多いのだろう。

自分の事を知ってもらう為に始めた最初の趣旨が、そんな心無き奴の為に、好きなことが書けなくなったという。

人をけなして、不快感だけを覚えさせて、どんな利益を得られるのだろうか?
まだ、面と向かって言ってもらった方がいい。


ブログは自分の思ったことを文章で書く。
ある程度の文章力が無いと、すべての人に自分の思っていることが伝えられない怖さもある。
違った意味合いで捉えられてしまったり、はたまた全然伝えられない事もある。

多くの人が言う、文章(言葉もだが)は難しい。

怖いものである・・・

それに過敏に反応して、ある馬鹿な奴のリアクションが書き手を傷つける。

有名人になればなるほど、そんな事は多いのだという。
その為に、ちゃんとサイトを管理するものがいて、あらかじめ「中傷コメントは削除します」との旨を伝えているらしい。(良く見るよね)

まあ、話はまとまらないが、ともかくそんな常識に反したことをする奴は、最低最悪であって消えて無くなる事を願うばかりである。
by takenyo | 2006-10-19 00:47 | 日常の話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo