カンダハーコース

今日は、朝から良い天気だった!

久々、雨の心配をしないでトレーニングをした気がする。
予定通りのメニューも出来たし、良い2日間だったね。

さあ、明日はまた野尻湖にて水上スキーです。
日焼けには十分気をつけ、頑張りたいと思う。

さて、今日の話題はスキー場のこと。

知っての通り、野沢温泉は競技スキーでは日本でも有数のメッカである。
その中でも、レーシングバーン専用として特に有名なのはカンダハーコースと言う。

このコースの特徴は、長くアンギュレーションがついた難易度の高さ。
西と東に分かれているが、どっちも同様に難しい。

「カンダハーって急斜面」って言う人もいるが、俺はそうは思わない。
もちろん、部分的には急斜面であるが、メインで使用する西コースなどは実は中斜面主体である。
しかし、視覚的に他のゲレンデよりも高いところに位置していてコース幅が狭いので、そう感じてしまうのではないか?

まあ、難しいことには変わりは無いが、急かと言われれば急とはいえない斜度である。
(西コース限定だが・・)

今年は、このカンダハーコースで全国中学生大会や関西インカレ、そして今合宿に来ている日大、慈恵の面々が挑む関東医科大会が行われる。

どんなドラマがこのカンダハーで待っているのか?

今年の冬にこの野沢にて大会に挑む選手は、心して挑んで欲しい。

そんな、夏のカンダハーコースです。
(向かって左は最後の急斜面しか見えないけど西コース、右は東コース)

b0085469_203061.jpg
by takenyo | 2006-07-28 20:33 | 日常の話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo