埼玉ジュニアスキー協会セミナー

今日は、埼玉ジュニアスキー協会のトレーニングセミナーに行ってきた。

先日、ひょんなところから依頼が来て快く承諾させていただいた。
スキーに繋がる、オフトレーニングセミナーと言う事で、2本立てでやらせてもらった。

1、コーディネーショントレーンング
2、バランスボールトレーニング

この2本立ては、依頼されたときから考えていた内容である。
そして、この2本立てを考えたときに、内容の強化ということからある人物に協力を依頼した。

その人物の名は、「森千尋」

どんな奴かと言うと、俺と一緒の野沢出身で大学の後輩でもある直属の後輩である。
(現役時代は、コンバイントの選手として活躍)

今現在、アスレテックトレーナーの取得を目指し勉強中であるが、今期から東洋大学の専属
トレーナーとして母校の為に俺と共に関わってくれている。

勉強中の身ではあるが、もちろんトレーニングプログラムを作成したりアスリートのカウンセリングなどしているので、今回のようなトレーニングセミナーなどは、俺よりも場数を踏んでいる強力すぎる助っ人である。

そんな事で、第一幕のコーディネーショントレーニングのメニューをプログラムしてもらった。

テーマは、「機能的な体作り」

ダイナミックフレキシビリティー(動的柔軟性)
*動作を効率的にする為の、股関節、肩甲骨、中心の動的ストレッチ
フットワークトレーニング
*基本的なステップを取り入れた動き(ウォーミングアップ)として
ラダートレーニング
マイクロハードルトレーニング

以上のメニューを、まずは一時間半みっちりやった。
難しそうだけど、今回参加(下は小1から上は中3)した子供に合わせた非常に明解で、分かりやすいエクササイズだった。

ある程度、体を効率良く動かした後は、俺のバランスボールのトレーニングに移った。

俺の方のバランスボールのテーマは、
「スキーに必要なポジションや、左右の動き(可動範囲)のチェック及び補正」

正直思ったより、バランス能力が欠如している子供が多かった。
けど、今日はトレーニングの紹介が主で、出来る結果を望んではいなかったので、今後に向けて、今回の事を持続してもらいたいとの事をメッセージした。

やはり、前にも書いたけど「継続は力なり」

最初から出来る子などいない。
大切なのは、言われた事を意識して尚且つ継続できるかである。
何度も何度も繰り返して、身体にその感覚を染み込ませる。

冬に結果として自分に跳ね返ってくる事をイメージしながら・・・

頑張って欲しい!

埼玉ジュニアスキー協会の高橋さん、岡田さん、関係者各位へ
今日は本当にありがとうございました!

b0085469_172249.jpg
Commented by okada at 2006-07-24 08:55 x
昨日は大変お世話になりました。
子供達のレベルに合わせたとても良いトレーニングをして
いただきました。
分りやすく楽しいトレーニングでしたので、あっという間に
3時間経ってしまいましたね。

健志さん、森さん、和田さん ありがとうございました。



by takenyo | 2006-07-24 01:15 | 日常の話 | Comments(1)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo