インソールの重要性

久々、店終わりに講習会があった。

今日は、パワープラスっていうICIの特に力を入れているインソールのメーカーだった。
ここのインソールは、有名所のコンフォマーブルと多少違う理論を持っているが、本質的なバランス能力のアップと言う点では同じかな。

今はインソールなんて当たり前のアイテムになってきているが、その昔俺はブーツには入れていなかった。(既製品を使っていた)
あると分かっていたら、使用していたかもしれなかったが、そんなものが存在するとは思わなかった。要は、無頓着だった・・・

大学を卒業して、この世界に入ってきて始めてインソールの存在に気づき、そして使用したときのカルチャーショック・・・・
何故に、俺は今までこんな良い物を使ってこなかったの????って思った。
(まあ、今の時代にそんな馬鹿な体育会の奴はいないだろうけど・・・)

重要な事は、「足は常に変化しながら運動している」と言うこと。理想の状態にはめ込まれた足裏は、運動の許容範囲が狭められ、ストレスを感じる事になり、痛みや疲れとなって現れ、バランスを崩しやすくなる原因をも作り出してしまう。これでは足を痛くならないように力を逃がしてしまう為、有効的に脚の力を使う事が出来ない。

だから、足裏の状態をニュートラルな状態にすることが重要。
これにより、最大限のパフォーマンスを出したり、怪我の予防だったり疲労の軽減に繋がる。

とりあえず、やって損無しなので入れていない人は是非やろう!

もちろん、普段の生活から入れておくとより良いんだよね。俺も、スキーだけではなく普段の靴にまで常用している。

ブランド的に何が良いのかは人それぞれだけど、一ついえるのは俺的にはあまり固すぎるのは問題かな?力のやり取りが重要なスキーブーツなんかは、逆に少し遊びを持たせたほうが良い様な気がするね。

まあ、今日はこんなところで!

P.S 俺のチューンナッパーであるJ-2の小泉仁と!(ちなみにこれはBMZ)

b0085469_14612100.jpg
by takenyo | 2006-06-22 01:49 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo