パラダイス!

ゴールデンウィークと言えば、パラダイスゲレンデ
パラダイスゲレンデと言えば、ゴールデンウィークと言うイメージが
俺の中で根強くある。

そのパラダイスゲレンデに、久々帰ってきた。

昨日まで日影ゲレンデの中斜面でやっていたので、正直ここの緩斜面は
少し物足りなさを感じるが、それでもやって意味が無いトレーニングはない。

急斜面、中斜面は黙ってても落下速度が強いのでスピードは出るのだが
緩斜面は落下する力自体少ないのだから、必然的にスピードは出ない。

「落下速度を利用して、いかにターンを結んでいけるか?」という事から
「自分からスピードを作る」事への意識変革、そして実行・・

クローチングターンは良い例だ。
スピードが出ないから、風圧を避けるし、よけるじゃない。
落下する勢いが強い局面で、そんな事したらアホじゃない??

レーシングの世界で一番タイム差がつくのは、緩斜面と言われている。
その緩斜面に強く(速く)なる秘訣は、スピードを求める動きをする事
他無い。

ある意味、今回の期間の中でバーンを替えたことが出来たのは良かったかもしれない。

明日の天気はやばそうな感じ。
最後の最後に、天気が崩れてゴンドラも動かず、ポールを持って下がられないとシャレにならないので、今日のうちに持って下がってきた。

残りは1日。残りの参加者は、とうとう5人。
明日もどうなるか分からないけど、頑張ります!

今日の写真は、昨日帰った慶応湘南高との一枚。

b0085469_19364192.jpg

by takenyo | 2006-05-06 19:37 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo