天気良すぎ・・・

毎日毎日、晴天続きで顔がいい加減痛くなってきた。

こうも毎日天気がよいと、それとは逆にバーンコンディションは日に日に悪くなっていく。
一応、毎日トレーニングが終わると、雪が薄い箇所を埋める作業を雪上車でやってくれるのだが、それもトレーニングが終了する頃には、また倍の
大きさになってる。
そんな状況なんで、みるみるうちに日影ゲレンデもやばくなってきました。

「最後まで保つんだろうか?」

毎日、朝のミーティングでみんなで担当者に聞いてます。
もちろん、野沢の人も神様じゃあるまいし分からないのだが、この感じからして、出来なくてもおかしくはないかな・・・

硫安はしっかり撒いているのだが、どうしても掘れがひどくなってくると
びびってももが寝た状態になり、腰もドン引き。そして、上体でスキーを
押さえ込もうとするので、膝が柔らかく使えなくなって、なおひどくスキーが
叩かれてしまっている・・・

こんな時こそ、腰高でももを立てよう!

股関節や、腰でスキーを押さえる意識があると、自然に膝が機能してくれる
はずだ。サスペンションのようにね!

良く話すことです。
雪面と喧嘩しないように、うまくコンタクトさせよう!(張り付かせよう)

スキー場から、家に帰ってきてもこの通り毎日スキーを洗う作業があり
これが結構かったるい・・・

b0085469_22171570.jpg

by takenyo | 2006-05-04 22:18 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo