野沢初日

顔が痛い・・・!

最高の天気でした。強烈な日差しで、雪は緩み放題でしたが。
今年の野沢は、この時期にはありえない積雪量で、大体毎年やまびこ(山頂付近)ゲレンデで、2メートル弱なのに今年に限っては4メートル弱!
大体、毎年よりも2メートルほど多いんですよね。
なんで、例年はこの時期のキャンプは、すべてゴンドラで上に登ってやっていたんですが
今年は、山麓のメインゲレンデである日影でやってるんですよね。

ありえないけど、今年は何でもありだからおかしくない話だけど。。

日影は、中斜面でトレーニングにはちょうど良いバーンなんだけど、シーズン中は
メインゲレンデなので、ポールなんかもちろん張ってないので俺も高校生以来、日影で
ポールなんてしました。
(地元のジュニアは、日影で専用ナイターでトレーニングするんです)

今日は、初日と言う事もありスキーテストも兼ねてゆっくり行いました。
俺が今一番感じている事は、ターンの最中にいかに効率よく力を受け止めてスキーを
しならせられるかどうか。
結局、エッジを引っ掛けているだけではスピードが出てからの安定感も悪く
後傾になったりスキーがたたかれたりします。
もちろん、谷回りでトップが切り込んでスキーが回ってくる力も半減するので
どうしても後半にする仕事が大きく、失速に繋がります。
いかに早い段階で捉えて、そこからしなさせられるかどうかにかかってます。
それには、ポジショニングはもちろんの事、落差のある切り替えを出来るかどうかは
切り返し時の体、スキーの動かし方にポイントがあるんですよね。

先日のATOMICのキャンプの賢太郎の滑りを見ても、良いポジションで良いタイミングで
スキーに対して荷重をしてるからこそ、あんなにスキーがしなるんだよな~って
感心しちゃいました。。

そんなところをポイントに、これからはレッスンしていくつもりです。

b0085469_1945225.jpg
by takenyo | 2006-04-29 19:49 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo