岩岳学生大会・6日目

最終日、、、

男子は新人戦。

うちの選手たちは10人強のエントリーでした。

昨日の本戦男子と同一コースですが、やはり今日は一年生だけのレースなので、インスペクションの時など上級生が下級生に必死にアドバイスを送る光景が見られます。

在学中に一度だけの大勝負です。

結果は、、、

全体的には上位に食い込むことは出来なかったけど、皆全力で滑っただろうし、失敗もあったとは思うけどそれも含めてしっかり受け止めて、また来年リベンジしような!

そして、女子はSGでした。

朝は雨が降っていたので開催が危ぶまれたけど、レース中は雨も小降りになり何とかレースは成立。

ぎりぎりの雪の中、岩岳スタッフの尽力により最後まで出来たことに感謝ですね。

毎日雪入れ作業をして、スピード系のゴール前なんか特に小石が交じる茶色い雪で「スキーが傷ついちゃうけど悪いな」なんて謝られて、、、、

謝られるどころか、こっちが感謝しなければいけないですよね。

閉会式での大会長の言葉の中でありました。

「来年は白い岩岳で会いましょう!」

本当ですね、、笑


写真で振り返ります。

本日の女子SGコース(中間から上)

b0085469_22302526.jpg



中間から下(こう見ると、本当に少ないですね)

b0085469_22424982.jpg



表彰式

b0085469_22442059.jpg



男子総合で、シュプリンゲンが第6位!(おめでとう)

b0085469_2244567.jpg



4年生を囲んで皆で!

b0085469_22453810.jpg



最後まで残れなかった学生も、今回は参加していない学生も全ての4年生へ

長いようで短い4年間だったと皆感じていると思います。

スキーを通して培った経験は、きっとこれからの糧になるはずです。

大学院へ進学の者、この4月から新社会人として働き始める者、留年の者(笑)様々ですが、君たちと過ごした日々は楽しかったよ。

ありがとうな!

また雪の上で会いましょう。


そしてこの二人と、、

b0085469_22505361.jpg



左/慶応リーゼン・八木、右/慶應ラシャール・上嶋

高校の頃から携わってるこの二人、最初から最後まで良き友達として、良きライバルとして切磋琢磨しながら7年間頑張りました。

八木は就職、上嶋は大学院へ進学、また是非野沢に遊びに来てくれ。

今までありがとうな!


余談

野沢に帰宅すると、珍しい来客が!!

b0085469_22541343.jpg



元・一橋大学の教え子で今はバリバリのキャリアウーマンの翔子とさとこ。(一番左はお馴染み大出です)

たまたま野沢に遊びに来たのとのことで、わざわざ会いに来てくれましたよ。

ありがとうな、今度は東京で飲みましょう。
by takenyo | 2016-03-19 22:59 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo