FIS野沢温泉カップ・四戦目

週明け月曜日から始まった今シリーズもいよいよ最終日です。

4日目にして、初めての良い天気!

口々に、こんな景色だったんだとの声と、写真を撮る選手やスタッフの姿がありました。

改めて、アウトドアスポーツはやっぱり天気が良いとテンションが上がりまくることを朝から実感しました。

さて、今回のレースはうちの選手は男子のみのエントリーなので、レースサポートも必然的に男子のみです。

1本目は比較的振り幅あり、2本目は真っ直ぐでリズムが早い、そんな対照的なセッティングが立ったレースになりました。

上位に来る選手に共通して言えることは、雪面とスキーが決して離れないこと。

前後にポジションがずれないから、頭と雪面の距離が一定で、緩斜面でもしっかりスキーに力を掛けて走らせることが出来ている点です。

どんどんターンスピードが上がって行く、そんな速いスキーが出来るのは基本技術がしっかりしているからこそです。

うちの選手も一人、今シーズンベストポイントを取れた選手がいました。

とても喜ばしいこと、、

結果が付いてくると、何かが変われる。

いや、変わって欲しいですね。

また、ミスをしてしまった選手も次回にしっかりと活かしましょう。

今シーズンの残りレース数も限られているので、最後まで諦めずに戦って欲しいものです。

4日間(内3日は悪天候でしたが)、懸命にレース運営に携わった関係スタッフに敬意を払うと共に、全ての関係スタッフや選手の皆さんお疲れ様でした。

b0085469_22351847.jpg



b0085469_22354281.jpg



b0085469_223628.jpg
by takenyo | 2015-04-09 22:36 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo