雪国に住むということ

気持ちの良い天気が2日続いたのに、今日は朝からまたしても雪。

昨年の今は雪不足に嘆き、今年はどか雪に嘆く、、

「もう雪はいらない!」と、贅沢ながらもそんな都合よく考えるのは雪国に生まれた性ですね。

雪をどこかにストックしておき、雪不足になった時に使えるなんて素敵な発明しないかなと、どうでも良いことを考えてしまいます、、(笑)

まあ、無いよりあった方が断然良いから嬉しい気持ちの方が勝りますけどね。


さて、そんな雪降りの中でトレーニングはスタート。

この時期は、学生がテストを終えて続々と野沢に集結してくる時期で、毎日新しい選手が着いています。

常設トレーニングは良くも悪くも、足並みを揃えて段階を追って行くということが出来ない(やりずらい)ので、選手によっては基本からやりたいけど、即実戦的なポールからということが多々あります。

仕方がないことなのですが、なるべくスキーが久しぶりの選手には「簡単なことから」を入ってあげたい。

そんな風に常々思っていますが、現実は来た選手全員の要望を叶えてあげることは難しいですね。

ただ、やって無意味なトレーニングはない。

気持ちの持ち方一つで、きっと自分にプラスになるので、どんなトレーニングでも真摯に取り組む姿勢が大事なのです。

話は逸れました、今日のトレーニングの話です、、、

久しぶりの選手に合わせる形でベーシックから進めました。

ブラッシュマーカーを使い、フリーの延長でくぐれるようなセットをして、その中でバリエーショントレーニングを午前一杯行い、午後はブラッシュ+ショートポールで規制をして、最後にロングポールで3~4本滑りこんで終了。

ちなみに種目はSLね。

明日は学生に社会人に人数が増えるので、急斜面でGSとSLの2セット体制で頑張ります!

b0085469_17103465.jpg



b0085469_1711279.jpg
by takenyo | 2015-02-06 17:15 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo