伝統のハーネンカムレース

ハーネンカムレースであるキッツビューエル、そしてシェラドミングが終了しましたね。

キッツビューエルでは、ATOMICが1.2フィニッシュとテレビの前で大興奮しました!

それにしても、ワールドカップを見ていて思うのは、独創的なセッティングが毎年進化しているという点です。

J-SPORTSで佐々木明元選手が言っていましたが、テレビで見ているより実際にコースで見るとその難しさが際立ち、「選手を止めて1年になるけど、俺はもう滑れない」と言っていたことがとても印象的でした。

コースの難しさにセットの難しさが複合的に絡むと、多分ゴールすること自体が凄いんじゃないかと思います。

将来一回で良いから、キッツ行ってみたいなーと、、、


さて、そんなワールドカップの話題はさて置き本日のこと、、

天気が回復して、バーンも最高と素晴らしい1日となりました。

2日続いたSLから種目を変え、久々に急斜面でのGSトレーニングでした。

少人数の利点を活かして(少人数でなくても出来ますが、、、)、1日で異なる4セットを滑り込みました。

ターン前半でのポジションにテーマを置き今日も1日頑張りました!

明日で平日ラスト!

頑張ろう。
by takenyo | 2015-01-29 19:20 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo