進化したレッドスター

来季のブーツの目玉は、メモリーフィット。

インナーのフィッティングは今までもありましたが、来季(本当は今季のもそうらしい、、)はシェルごとフィッティングします。

約12分の熱成型で、シェル・カフ・インナーがカスタマイズ出来て、結果的に短時間で当たりの解消が出来る優れものです。

と言うことで、自分のブーツで初めてやってみました!

まずは、くるぶしや舟状骨等気になる骨の部分にパッティング

b0085469_2353376.jpg



パットのカラーが違うのは厚さの違いです。(ちなみに、青の方が緑よりも厚みがあります。)

そして、パットが取れないようにストッキングと靴下を履き、温めておいたシェルにインナーごと突っ込みます。

通常は、オーブンからシェルを出してインナーブーツを挿入してブーツインして、静止状態を約5分とって終了です。(前傾運動もNGです)

これで、うそのように当たりが改善されます。


ただ、、、

今日は裏メニューとして考えていることを試しにやってみました。

フィッシャーのバキュームシステムです。

b0085469_23135023.jpg



これ、やったことのあるフィッシャーユーザーなら分かると思いますが、結構な圧迫感にただ立っているだけなのに、汗がダラダラ、、(笑)

けど、お蔭で完璧なフィッティングが手に入ります。

b0085469_2316396.jpg



こんな裏メニュー的なことも出来たりするので、希望者は相談して下さい!

あー、早くこれで滑りたいなと思うブーツ作りでした。
by takenyo | 2014-06-04 23:19 | 日常の話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo