遠征

久々に野沢から出ました。

昨日のトレーニング終了後に用意をして、選手を2名引き連れて向かうは群馬。宝台樹。

足利市のクラブ対抗にやって来ましたが、昨日(土曜日)に来れなかったのにも関わらず、温かく迎え入れていただき感謝です。

長い付き合いのある足利市の方々ですが、本当に気の合う人々ばかりですね。


さて、本日のこと、、

朝から小雨。

今年は、週末に天気が崩れることが多いけど、今週もあまり良くありません。

レースコースは、いつもの白樺コースが群馬県のジュニアのレースがあるということで使用出来ずに、前に一回行ったことのある緩斜面でした。

スタートから、1本目2本目共に60旗門を超すロングコースで、ラップタイムで55秒、、

ほとんどの方が、1分を超えるランにゴールして倒れこむ選手ばかりでした。

緩斜面と言えど、これほどのロングコースはなかなか社会人中心のレースではないだろうし、選手たちも口々に「疲れた」を連呼してました。

雪が柔らかかったので、雪面コンタクトを急激にせずにソフトタッチに来れるかどうかが勝敗の分かれ目でしたね。

上位入賞された方々、おめでとうございます。

今シーズンも、12月のスキルアップキャンプ、2月の市民戦、今回のクラブ対抗と、今年の足利市とのイベントも全て終了致しました。

お疲れ様でした。

また、来シーズンも宜しくお願いします。

b0085469_19464155.jpg



b0085469_194756.jpg



b0085469_19472849.jpg
by takenyo | 2014-03-02 19:48 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo