快挙!

白馬・八方で行われている長野県大会週間、、

昨日の中学生男子のレースで、野沢の選手が1.2.3フィニッシュの快挙!

凄いねー

同じ野沢でも、直接的に関わっているわけではないけど、本人達もコーチももちろん知っているし、村民として嬉しい限りです。

来月の全国大会でも、この勢いで大暴れして欲しいですね。


そして、ソチオリンピックの代表選手が昨日のWCウェンゲン大会をもって選考が終わり、今日発表になりましたね。

選考基準をクリアして見事代表の座を射止めたのは、男女合わせて湯浅と明の2名と言うことです。

女子は、これでバンクーバーに続いて2大会連続で派遣なしという結果になりました。

国枠があるのにも関わらず選考基準を満たしていないという理由で、多くの有力選手が涙を飲む結果に、、、

スポーツの世界に限ったことではないが、努力が全て良い結果に結びつくとは限らない。

培った経験があったとしても、1日を大切に汗水垂らしてトレーニングしてきたとしても、賞賛を浴びるのはほんの一握り、、

その座を狙ってきた多くのスキーヤーを知っているからこそ、この決定には選手同様に残念で仕方ないが、今はしっかりと受け止めて前に進んで欲しいですね。

そして、アルペンレースの世界を長年に渡って牽引してきた皆川賢太郎選手が引退との報道が、、

一つの時代が終わりましたね。

賢太郎含め、最後まで諦めずに戦った全ての選手にお疲れ様でした。

同じスキー界にいる身として、彼ら彼女らの努力は忘れません。
by takenyo | 2014-01-20 22:24 | 日常の話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo