自分を強く持つこと

昨日の続き、、、

大学生活は早いもので、4年間はあっという間。

在学中は気づかないが、卒業してスキー部を側面からサポートしていると、この部活の長所であり短所が凄く分かるようになる。

大学で伸びる選手は一握り。

自分もそうだが、スキーで大学に入部ほとんどの選手が田舎生まれ田舎育ち、、、

東京に上京して、高校までとは生活が一変する。

様々な誘惑に逸れ、スキーが第一じゃなくなる選手も少なくは無い。

自分の意志を強く持ち、競争心を変わらず持てなければ落ちるのも早い。

入学する学生には必ずと言って良いほどその辺を最初には話すし、大学に入って潰れない為にも「自分を強く持つこと」の出来る選手になって欲しいですね。

卒業して、少しでも後悔しない為に、、、

そう言った意味から言えば、今年の卒業生はここ数年ではしっかりと自分を持っていた選手だった。

そのまま社会でも通用して欲しい。

後は、散々サポートしてもらった親に感謝して、早いうちに親孝行して欲しい。

何だか硬い文になってしまったが、たまには良いだろう・・・(笑)

では。。
by takenyo | 2013-03-25 22:05 | どうでも良い話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo