2013岩岳学生大会・6日目

いよいよ最終日、、、

日に日に雨や風によりコースの雪が溶け、初日と比べるとかもしかコースの正面バーンは色が変わっていた。

コースの端は雪が完全に溶け、山肌は露わになっていたし、本当にぎりぎりの所でレースは行われているんだと強く認識、、、

レース後のスタッフの方の雪入れ作業等無ければこうしてレースが行われていないんだと思うと、裏方の方々の懸命な努力に頭が下がります。

ありがとうございます。


さて、本日は男子は新人戦GS!

シード取りの重圧が溶け、表彰台を狙う我がチームのフレッシュマンでしたが、熊谷の10位が最高と奮わず・・・

4年かけて、技術の差埋めて行きましょう!

そして、女子はSG種目でした。

途中の中斜面は、昨日まで使用していたコース左端から、雪の関係で右端にセットが立てられていて、超真っ直ぐセット、、、

インスペクションの段階で、女子びびる・・・(笑)

姿勢、ライン、外足、シンプルにそれだけ、、

頑張りましたが、男子同様上位入賞とはならなかった。

全体を見て、今年は1年生の活躍が目を引き、今後の岩岳大会は彼ら彼女らが中心になっていくのを予感させました。


そして、閉会式後の全体での締め、、、

今年卒業する4年生(7年生)達の言葉・・・

本当に熱いものがこみ上げて来ました。

本当に純粋にスキーが好きで、仲間が好きで、頑張りぬいた今までの経験を糧に、今後も十分に頑張ってもらいたい。

日留川、高橋、難波、厚子、篠原、みょんそ、今回来れなかった全ての卒業生にお疲れ様でした。

そして、ありがとう!

最後に写真を何枚かどうぞ

b0085469_2373213.jpg



b0085469_2382654.jpg



b0085469_23979.jpg



b0085469_2394960.jpg
by takenyo | 2013-03-19 23:56 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo