SG種目で必要なこと

今日も菅平に出張です。。

コースは昨日もトレーニングした沢コースで、種目はSGをやりました。

2月に行われるインカレに合わせての設定で、トレーニングする選手も皆インカレ出場の為のトレーニングです。

滑り出す前に、しっかりマテリアルチェックをして、、

b0085469_17425920.jpg



さすがに貸切では無かったけど、十分なスペースにやりたかったインターバルに振り幅でSGをセッティングしました。

こんな感じ

b0085469_17493212.jpg



まあ、ターン数にしたら9ターンなんですけどね・・

けど、今日の目的は慣れる事。

それは、マテリアルだったりスピードだったり、、

何しろ、SGスキーを履いてフリーするのもゲートするのも今シーズン2~3回目だったり、選手によっては初めてって子も!

経験値がものを言う種目なだけに、まずはスキーの長さだったりRだったり、体感スピードを体で慣れていくことからスタートしないとね。

それは、シーズンインの滑り込みでスキーの足を作る作業に似ているよね。。

最初は、習うより慣れろって感じかな!?

恐怖心は滑り込みにより払拭されるし、何よりSGの楽しさ(これが一番重要!)を知る為には、やはり日数が必要だね。


技術的には、やはり高速系はスキーの動きだったり体の動きを、技術系の種目以上に止まらないように意識しないとならない。

ターン前半の前後差は、技術系の種目以上にミスターンを誘発しやすいからね・・

それと、エッジを立てる意識よりも面を使う意識を持つことや、圧をスキーにかけ続けることも、高速系の種目においては重要なファクターになると思う。


雪上では滑り出す前の説明が長くなったけど、しっかりとその辺を理解して欲しかったから大事な時間だと思って欲しい。

トレーニングは、最初の1時間をフリーに費やし、そこからゲートへと段階を追って進めて行った。

たまにはこんなアングルで。。

b0085469_180124.jpg



普段と違い、何だか格好良いね!(笑)

たったの1日で何が得られるって感じだけど、ここでたったの9ターンだけどゲートをくぐったことが、先を見据えた上でとても大きな自信になると思うから、充実した1日になったね。。

2日間の菅平が終了して、明日明後日と毎年恒例の小学生のビック大会であるNHK杯の為に、地元・野沢温泉スキー場に上がります!


余談・・

新しい携帯のカメラの画素数が高すぎて、ダウンロードするのが今までの倍に!

ブログには縮小して載せてるけど、最初から適合サイズで取れるように、早く設定が必要です。
by takenyo | 2011-01-21 18:34 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo